Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 05月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

掲示板 件名 最新投稿

リンク:学生の動向


  • 2009年5月28日(木) 12:51 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,324
教育機関 ・古代中国箚記
http://ancientchina.blog74.fc2.com/

・祝10万アクセス   (※上記ブログ記事)
http://ancientchina.blog74.fc2.com/blog-entry-229.html


 上記記事には最近の大学での新入生の教育レベルについて書かれてあって、端的に知ることができる。私自身、東洋史の教育現場に縁がないので、こういう情報は私にとって貴重であり、以前から興味を持っている。

 「学生は音読みと訓読みの違いを知らない」あたりはサイト作りの参考(閲覧者のレベル設定とか)になるね。一般的に「問題」は、それが問題だと認識できる問題と、どこが問題か気付かない問題の二つに大別できると思うんだけど、このケースはおそらく漢字を読む学生にとって後者の問題だね。音読みと訓読みの違いに気付かないのだろう。そこらへんサイト作りに応用するとなると、読み仮名で検索すれば検索結果に漢字の変換候補を提案したり、漢字で検索すれば読み仮名候補を結果に添えたりして、そういった違いを気付かせてやれば需要がありそうだね。

 そういうことに興味がある理由の一つに、「高校授業・大学講義を震源としたネットへの波及効果」に興味があり、研究対象の一つにしたいというのがある。

※関連記事
 「捜神記」で検索される訳
 「長沙呉簡の世界」ノート6

 実際、下記記事のように、今、行っているアクセスログに現れる検索ワードの分類集計で、「教育機関/漢文」という中分類を設定してやると、『三国志』関連(『捜神記』含む)だけでも学期に反映したアクセス数変遷を示しているからね。何か仕込んでやれば、その大小はともかく経済効果が生まれそうな感じだね

※関連記事 メモ:検索ワードの分類

魏志 文帝伝 建安マエストロ!(2009年5月28日)


  • 2009年5月28日(木) 01:35 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    4,135
マンガ ・三国志マガジンWEB版最新情報
http://www.comic-flapper.com/sangokushi.html

・Yahoo!コミック
http://comics.yahoo.co.jp/

Yahoo!コミックで配信されている三国志漫画専門誌『コミック三国志マガジン』(WEB版)で、中島三千恒/著『魏志 文帝伝 建安マエストロ!』という漫画が2009年5月28日から連載開始された。

「帝」なのに「紀」じゃなくて「伝」なのか!?

というところで読む前に躓いてそのまま。

※9月18日追記 上記のようなことを書いていたら、『魏志 文帝紀 建安マエストロ!』に改められていた(笑) まだGoogleの検索結果は「伝」のままだけど、そのうち「紀」に反映されるだろうね。

・雪中送炭  (※作者サイト)
http://mititune.xii.jp/

※関連記事 『コミック三国志マガジン』で新連載2作品(2008年5月22日)

※追記 コミックヒストリア(2009年11月26日)

※追記 魏志 文帝紀 建安マエストロ! 1(2010年2月23日)

北方謙三「三国志の戦略学」(『PRESIDENT』2009年6.15号)


  • 2009年5月27日(水) 20:48 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,448
雑誌 ・歴史アイドル(歴ドル)小日向えりの「三国志見聞録」
http://ryo0207.cocolog-nifty.com/blog/

・雑誌「PRESIDENT」   (※上記ブログ記事)
http://ryo0207.cocolog-nifty.com/blog/2009/05/president-34af.html

上記ブログ記事で知ったこと。

2009年5月25日に発売した雑誌『PRESIDENT』2009年6.15号では創刊700号記念で「迷いが晴れる「歴史・古典」入門」という特集が組まれていて、その三番目に北方謙三先生による「三国志の戦略学」という記事が掲載されているという。

・雑誌『プレジデント』の公式サイト:PRESIDENT Online - PRESIDENT
http://www.president.co.jp/pre/

※新規関連記事 三国志に学ぶ人間関係の法則120(2020年6月15日)

というわけで上記公式サイトから該当する内容を下記へ引用する。

--引用開始---------------------------------------------------------
活路を拓く、強かな複眼思考  ●北方謙三
[PART3] 三国志の戦略学
劉備と人徳/曹操と覇道/孫権と決断/張飛とフォロワーシップ/諸葛亮と戦略眼/関羽と信義/周瑜と構想力/呂布と侠気/馬超と復讐
--引用終了---------------------------------------------------------

※参照記事 特別企画 三国志の魅力に迫る(月刊「潮」)

メモ:三国創作のための扶助会


  • 2009年5月25日(月) 22:22 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,225
ネット ※関連記事 扶助会構想

 上記リンク先の記事にあるように、2008年5月末に、USHISUKEさん(※下記サイト参照)と話し込んでいて、それらの中の一つにセミナーや勉強会などのイベントの話があった。

・三国志漂流
http://3594h.blog95.fc2.com/

※関連記事 「三国志漂流」活動再開&引越し

 その日からちょうど一年経とうとしているんだけど、下記リンク先の記事にあるように、USHISUKEさんの方はそういったイベントを具現化しつつある。一年前は何も無かったわけだから、そこから考えると、そこまでの形にするその行動力に感心することしきりだ。

※関連記事 勝手に「三国志検定」おべんきょう会in東京(2009年6月20日)

 このイベントの面白いところは、一見、「三国志検定」の受験者という限定したターゲットのように思えるが、実は『三国志』や『三国演義』を共通言語としてカジュアル層も含めた幅広い三国志ファン層を対象にしており、それでいて既存の商業作品が持つ知名度や人気に依存してしてしまうという構造を回避していることだろう(※まぁ少なくとも「三国志検定」のに依存している形ではあるがが)。

MFRの三国志漫画2種(2009年4月5月6月の23日)


  • 2009年5月25日(月) 19:24 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,776
マンガ 前回の記事を書くにあたり気付いたんだけど、2009年4月23日から毎月23日、計3回、各480円、次の2タイトルの三国志漫画が発売されている。すべてMFR、つまりメディアファクトリーの廉価版漫画の略で、コンビニとかに流通するんだろうね。

 片山まさゆき/著『MFR SWEET 三国志』

 寺島優/原作・李志清/作画『MFR 三国志 完結編』

前者は単純に1から番号が振られていて、後者は「(上) 連弩の法編」、「(中) 南安の戦い編」というようにサブタイトルがついている。

・株式会社メディアファクトリー
http://www.mediafactory.co.jp/

・コミックフラッパー.com オフィシャルサイト
http://www.comic-flapper.com/

※関連記事
 【多次情報】2005年1月三国志コミックマガジン(メディアファクトリー)
 決定版 三国志(メディアファクトリー)