Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 06月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 49 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国志(京都府宇治市)


  • 2014年7月20日(日) 16:47 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,331
場所 ・7/15京都 祇園祭宵々山で三国関連山鉾拝観|関プチ5 全国ツアー
http://cte.main.jp/kanpetit/20140715/kprof.cgi

※関連記事 関プチ5 全国ツアー:7/15京都 祇園祭宵々山で三国関連山鉾拝観(2014年7月15日)

 上記ページにあるように、2014年7月15日火曜日の夜にオフ会「関プチ5 全国ツアー」の「7/15京都 祇園祭宵々山で三国関連山鉾拝観」を設定したのだけど、〆切の6時までに参加表明者が出なかったため、中止と思われた。ところが7時ぐらいに別件でUSHISUKEさんが祇園祭宵山に行きたいとのことが判明したので、それだったら清岡が付いていく旨を告げ、オフ会成立する。

 待ち合わせ場所は京都駅北側地下街「Porta」の西端のスターバックス コーヒーだ。そこは店内だけでなく店前にもフリースポットや電源が確保できるスペースがあり、待ち合わせには最適で今後も使いそうな予感だ。ちなみに東にもスターバックス コーヒーがあるので注意が必要だ。

・京都Porta ウエスト店 | スターバックス コーヒー ジャパン
http://www.starbucks.co.jp/store/search/detail.php?id=1199

・京都駅前地下街 - ポルタ -
http://www.porta.co.jp/

 清岡は17時40分ぐらいに到着し、キャラメルマキアートのアイスのショートサイズを注文し、メールをチェックしながら(ACアダプタを持ってくるのを忘れていた)、状況を把握する。どうやらUSHISUKEさんは18時10分ぐらいに到着するとのことだった。その間にこれから行く店への列車の乗り換えをネットで調べていた。
 18時10分過ぎにUSHISUKEさんが登場し、無事、会える。そのまま、JR京都駅の9番ホームに向かう。18時24分発の奈良線に乗って、240円分進む。下記関連記事にあるように、USHISUKEさんとは先月の22日に会ったばかりだというのにそれで積もる話をしていた。

※関連記事 東京媽祖廟 関帝像

 一瞬、忘れそうになっていたが、清岡からはきっちり日本マンガ学会第14回大会のレジュメを押し付け、その土産話をしていた(それは後日、改めて記事にする予定)。逆にUSHISUKEさんからは数時間後、祇園祭に向かう際に、雑誌「和華」第二回交流会の話を聴いていた。

※関連記事 雑誌「和華」第二回交流会(2014年6月28日)

 そんな感じで、気付けば18時48分着で乗換駅のJR黄檗駅(おうばくえき)に到着する。乗換先の京阪宇治線の黄檗駅は隣接しているもんだから、すぐに到達できると思っていたら、どうも逆方向に改札があって、結構、遠回りして踏切を渡り行くことになった。歩いている間、USHISUKEさんに関帝像がある萬福寺はすぐそこにあるとか話ながら。

※関連記事 京都・黄檗山萬福寺の関羽像

 乗る方向によって改札とホームが違い、手前のホームに上がり、宇治駅方面へ行く。150円。53分発の列車で一駅乗り、三室戸駅(みむろどえき)に到着。一つのホームでその上にトイレまである変わった構造だ。改札が南側にあって、依然、ホームに居るというのに、USHISUKEさんが早速目的の西に見える店を発見する。見ると通りを挟んだ向こう側、すぐ近くにあった。それは四川麻婆豆腐・坦々麺専門店「三国志」だ。

・四川麻婆豆腐・坦々麺専門店【三国志】
https://www.facebook.com/pages/%E5%9B%9B%E5%B7%9D%E9%BA%BB%E5%A9%86%E8%B1%86%E8%85%90%E5%9D%A6%E3%80%85%E9%BA%BA%E5%B0%82%E9%96%80%E5%BA%97%E4%B8%89%E5%9B%BD%E5%BF%97/463694510333538
※Facebook内

 南から改札を出て、小さい踏切を渡り、短い横断歩道を渡る。店を近くで見ると、よりはっきりしたんだけど、三国を連想させる絵や装飾、看板があり、二人ともおもむろに写真撮影をし始める。
 店に入ると、入って、すぐ左に諸葛亮像(下の左の写真)。その前に名刺が置いてあった。店は未だ混んでなくて、三つのテーブルの二つに空きがあって、店員に好きなところに座るよう言われ、我々は手前に座る。すぐに清岡は、『三国志演義』の挿絵っぽい全身像の人物が描かれた名刺を手に取り、USHISUKEさんにも差し出す。座ると、対面するUSHISUKEさんの向こう側にカウンターが見え、よく見るとその上に『真・三國無双5』のキャラのイラストが並べられていて、そこに何やら説明書きが添えられていた(下の中の写真)。ちゃんと見てないが、そういうポスター製品なんだろうかね。「店名にベタに『三国志』とか付けたら大抵は名ばかり三国志なんですが、この店は珍しく違いますね」なんてUSHISUKEさんに話したら、清岡の後ろを指して「そこにも関聖帝君が…」なんて言われ、振り向いて見上げると確かにいらっしゃった(下の右の写真)。



 メニューを見ると、料理名は三国に無関係ながら、その説明が何やら三国に寄せているもので、清岡は関羽に関係する黒ゴマ坦々麺を注文する。700円。今、前述のFacebookページを見ると680円だったようで、やはり消費税やら何やらで値上がりしているんだね。USHISUKEさんは麻婆豆腐と、ネーミングがインパクトありすぎの、地獄の麻辣坦々麺を注文する。地獄の坦々麺は辛さを四段階、選べるようで、USHISUKEさんは最高位を選んでいた。
 まず飲物が来て、乾杯。先ほどのベタに店名が「三国志」話の続きで、そういえば、2011年に二人で大阪の本町にある「三国志」という中華料理店に行ったって話をしていた。清岡はそこの店員さんが『レッドクリフ』を「アウトレット」と言い誤っていた話を出していたっけ。あの店もここの店とはまた別方向で三国要素のあった店だったと話していた。

※関連記事 中華料理 三国志(大阪市西区西本町)

 そしてまず麻婆豆腐が来て、取り皿で分けられるようにして下さる。清岡は味見する程度に食べるつもりだったが、後述の理由で、結構な量を食べていた。続いて坦々麺。黒ゴマ坦々麺を美味しく頂く。対面するUSHISUKEさんが食べる地獄の麻辣坦々麺に目をやると、(右の写真では判りづらいが)中央の麺の回りをよく見ると、スープが見えないぐらい唐辛子が浮かんでいた。清岡は四川省の火鍋の素も容赦なく唐辛子が浮かんでいたと言いつつ、USHISUKEさんが苦戦する様を見ていた。USHISUKEさんの坦々麺前戦が熱すぎて、麻婆豆腐前戦がガラガラであるため、清岡が加勢していた。あとで聞くに店員さんでも一番辛い地獄の麻辣坦々麺は食べたことがないとのことだった。
 三国ネタも豊富で、料理もうまい、そして程良い店の大きさとくれば、いつか三国志オフ会をこの店で開きたい、と清岡。そこからこれから先の「関プチ5 全国ツアー」の話になって、そういえば9月14日のオフ会はまずここからでも良いな、と話していた。

・9/14京都 大興寺関帝像拝観|関プチ5 全国ツアー
http://cte.main.jp/kanpetit/20140914/kprof.cgi

 そこでスマホからまた別の中華料理店「三国志」を見つけてくるUSHISUKEさん。祇園にあるらしい。地図を見せて貰うと、清岡は思い出す、それって「三国志TERAKOYA4」の後の飲み会で、まのさんが祇園(だっけ?)に行くバスの中から見かけたお店のことじゃないか、と。今、下の関連記事にある、レポートを見るとそのことには触れられてないが。ともかくそこも一度行ってみたいと互いに言っていた。

※関連記事 三国志ファン、コア層こわそう、再燃

・三国志 - 祇園四条/中華料理 [食べログ]
http://tabelog.com/kyoto/A2603/A260301/26021964/

 そういえば、下記関連記事でのオフ会にて、これも触れてないことだが、にゃもさんが宝登山神社かどこかの趙雲像かなにかを見に行ったときに、そこの人が以前もやたら三国志に詳しい人が来ていたっておっしゃっていて、オフ会では「それって、まのさんだ、きっと」なんて話していたが、我々が行くところにはすでにまのさんの足跡があるんじゃないかという新たな伝説が生まれつつあった。

※関連記事 レポート:関プチ5 全国ツアー:6/22特別講座「新発見!三国志と日本」勝手に予習(2014年6月22日)

 USHISUKEさんの終電もあったので、次の目的地へと向かうために会計を済ます。USHISUKEさんが店員さんに尋ねるに、この店の主人が三国志好きだとのことだった。
 すっかり暗くなった外へ出て、駅のホームで列車を待つ。店の方を見ると、続々と地元の人と思わしき家族連れが次々と入っていく。繁昌しているんだなと思っていた。

 USHISUKEさんが駅のホームのポスターを不思議そうに見ていて、それは何かというと、「おけいはん」だった。

・おけいはん紹介 - チャレンジ!おけいはん
http://www.challenge-okeihan.net/about/

 なんで自分の会社名の頭に敬称の「お」を付けるのか不思議だったとのこと。関西弁の接尾辞の敬称の「はん」にひっかけたキャラクターだと説明する清岡。もう何代目かだと話す。たしかに「中之島けい子」と書いてある、と納得されていた。
 あと京阪電車のキャラクターといえば「ひらパー兄さん」が居て、初代はブラックマヨネーズの小杉さんだったが、二代目はV6の岡田准一さんだと大河ドラマ『軍師官兵衛』と絡めて話していた。

・超ひらパー兄さん 園長就任 | ひらかたパーク
http://www.hirakatapark.co.jp/hirapar_niisan/

 19時43分発の中書島駅行きの宇治線に乗り込み、烏丸四条を目指す。

※次の記事 レポート:関プチ5 全国ツアー:7/15京都 祇園祭宵々山で三国関連山鉾拝観(2014年7月15日)

※追記 レポ:7/26北九州 兀突骨で酒池肉林?! ラウンド2(2014年7月26日)

※追記 関プチ5 全国ツアー:9/14京都 大興寺関帝像拝観(2014年9月14日)

※追記 レポ:7/26北九州 兀突骨で酒池肉林?! ラウンド3(2014年7月26日)

※新規関連記事 レポ:ゆるぷち三国志の集い ~忘年会も兼ねて...~(2016年12月3日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3193
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。