Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 3件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

リンク:研究内容を話す相手の人口ピラミッド&お金の流れ(note佐藤ひろお|三国志研究中2023年3月25日)


ネット ※前の記事 普洱茶ミルクティー(神戸Cha-ngokushi2023年3月18日-)

 2023年3月25日土曜日4時38分に目覚し時計。佐藤ひろおさんのnote「三国志研究中」の記事「「学問とお金を仲直りさせる」計算式/大学院生と中高年のファンを結ぶ」(2023年3月24日 23:47)を読む。面白いな、というか読者のコメントでZOOMでの雑談、ひいてはこの記事を引き出すのナイス。今回のメインはこの次。

・「学問とお金を仲直りさせる」計算式/大学院生と中高年のファンを結ぶ|佐藤ひろお|三国志研究中
https://note.com/hirosatoh3594/n/n7bc885ee8164/

※関連記事 リンク:『三国志集解』を教材に、漢文の家庭教師をやっています(note佐藤ひろお|三国志研究中2023年3月15日)

※新規関連記事 三国志研究家チャンネル(YouTube2023年5月7日-)

※新規関連記事 リンク:私は三国志を人生にこのように活かした(note佐藤ひろお|三国志研究中2023年7月22日)

 17時6分、三国志ニュースの記事神戸大学の入試国語で西晋(2023年2月25日)アップ。三国志ニュースの記事「イマドキ三国志(LINEマンガ2022年11月13日-)」を書く、19時52分アップ。20時50分、下記の佐藤ひろおさんのnote「三国志研究中」の記事「研究内容を話す相手の人口ピラミッド&お金の流れ」(2023年3月25日 11:25)を読む。お金という観点でファン層も意識したということで上記のnote記事の流れでもあるのだけど、上記関連記事で触れたnote記事と比べ、下記のnote記事はサムネイル画像にピラミッドが使われていて刺激されてしまった。何かって言うと、それに対する賞賛や批判とかではなくて自分のノスタルジーな気持ちを。

・研究内容を話す相手の人口ピラミッド&お金の流れ|佐藤ひろお|三国志研究中
https://note.com/hirosatoh3594/n/nf7b68927148e

 note記事ではおそらく、進み具合で分けた層のそれぞれの人の数があって、隣のより少ない人数の層に進むには難しく狭き門であるというのをピラミッドで表現するのがあっていると思われたのだろうね。上記関連記事でも取り上げたのだけど、つまり下記の関連記事、17年前に当初、そういうピラミッドを想定して皆、話していたのだけど、そこにコメントが入って、別に必ずしも一般のファンは頂点を目指しているわけではない、とか、マニア層がライト層より上の意識があるのではないか、とか、そういったもの。その反省で、ピラミッドを逆さにして「沼」のような構造のモデルにしてたんだけどね。ちなみに今でこそ「沼」という表現は普及しているけど、当時はそんな言葉はなかったので「沼」に似た表現は今思うと変に先見の明があったというか……違うか。

※関連記事 三国志ファン、コア層こわそう

 あと、そういった三国志ファンの受容層の話をすると江戸時代の話に回帰するという三国志ファンあるあるもこの時期に植え付けられたんだったかな、下記関連記事にある、2006年7月29日開催「三国志シンポジウム」の上田望「小説『三国志』と日本人」。 上田望先生の話はとても興味深かったな、と。

※関連記事 2006年7月29日「三国志シンポジウム」雑感2

 そういったピラミッド、はたまた逆ピラミッドの議論があった後日、下記関連記事にある、2007年2月17日の「三国志ファンのための新年会2007」三次会にて言われたことに、「『三国志』を題材とした作品があればそれぞれにピラミッドがあって頂点がいくつもあってそれらが裾野で重なりあっているのではないか、という提案」もあって有意義だったな、と思い出した。

※関連記事 単軸モデルから多軸モデルへ(あるいはピラミッドモデルからすり鉢モデルへ)


 以下、三国とほぼ関係ないことになる。3月26日日曜日、アニメ「ブルーロック」最終回。キャラがインフレ傾向なので、いやその多彩さはある意味尊敬ポイントだけど、にしてもクニガミが、って言われても覚えてなくて公式サイトで確認しても、あまり印象に残ってないキャラだった。下記動画を見る。7時52分京都駅着は魅力的。エクストリーム出社に最適。

・【新登場】朝東京出て「関西に1番早く着ける」ルートで移動してきた
https://youtu.be/tWOfi_-qf4w

 13時15分、『進撃の巨人』17巻を読み終え。24巻の途中まで。マンガカフェyomigaeruで6時間利用は初だったそうで。モスバーガーで15時以降の枠でこの春のメニュー更新でカツカレー(ライスバーガー)が復活していた、うまい。3月28日火曜日、NHKBSプレミアム2021年1月2日放送 新作歌舞伎「風の谷のナウシカ」を見る。雰囲気明けでも楽しめるな、ストーリーが頭に入らないけど。2019年12月新橋演舞場 前編だった。後編を撮ってないような。三国志ニュースの記事「三国志・曹操さま【官渡の戦い編】(LINEスタンプ2023年2月5日)」を書く、7時56分、書き上げる。3月30日木曜日、5時20分、三国志ニュースの記事「リンク:曹魏爵制に關する二三の考察(東洋史研究20巻4号 1962年3月31日)」をアップ。5時29分、2021年1月2日JCOM放送 2019年10月17日放送第46回 日本ケーブルテレビ大賞 番組アワード 新人賞部門 優秀賞「さよなら、私が生きた京橋店」を見る。47年の歴史に幕を下ろすイオン京橋店。あ、やっぱりダイエーを含めての47年間なのね、そしてイオンになっていたのも知らなんだ。さすがにジャスコ時代はないよね? コミュニティ部門 奨励賞 2020年2月放送。「時空の旅人~関西見聞録~ ウィルキンソン炭酸発祥の地 宝塚」を見る。てっきり完全な舶来ものと思いこんでいたがウィルキンソン。TANSANって商標であったか。三国志ニュースの記事「蜀三国 新橋店(東京都港区新橋2022年9月13日-)」を書く、6時20分アップ。21時59分、アニメ「ツンデレ悪役令嬢リーゼロッテと実況の遠藤くんと解説の小林さん」#12を見る。良い終わり方だった!3月31日金曜日、7時52分、三国志ニュースの記事「リンク:『三国志演義』に見える異聞の系譜(一)(藝文研究第82号 2002年6月)」を書き上げる。4月1日、三国志ニュースの記事中国の服飾史入門史(2023年4月18日発売予定)」を書く、1時45分アップ。下記のoftunLABの配信を見る。おっさんの所長がきてうっかりで封印が解け気遣いねこちゃんに会える、と想定してたけど、きれいなお姉さん所長で4月1日の皮をかぶった大プロジェクトだなんて、良い意味で三重に裏切られた気分(笑)

・【初配信】所長の就任挨拶・新しい活動のお知らせ【今までサボってた所員いないよね?】
https://www.youtube.com/live/Ev6y_hFINGc

※関連記事 三国志ろいマシュマロ(兵庫県神戸市Cha-ngokushi 2023年3月11日-)

※新規関連記事 三国志拾遺 補(2023年3月21日)

 4月2日日曜日、下記の動画を見る。4分50秒のところ、声出し解禁で、ライブにて「すーぱー呂布呂布ぱらだいす!」のコールが行われたそうで。「董卓討つべし」ってコールも。

・#96 【声出しに感動】すみぺ立川ライブの感想”男道"【上坂すみれのおまえがねるまで】
https://youtu.be/QJbEl8YYUmg?t=290

※関連記事 上坂すみれのおまえがねるまで(YouTube 2021年4月10日-)

 12時からyomigaeru。『進撃の巨人』26巻から。結局、特撮怪獣もの→軍隊もの→巨大ロボットもの→歴史語りもの→アクションスパイもの→外交戦略もの→刑事もの、みたいなジャンル横断的というか。26巻の打ち上げ花火的なアクションシーンのレビュー解説が26巻終盤から27巻へのながれで、なんやこれ。最終巻34巻の冒頭どまり。4月3日月曜日、日本時間3時45分キックオフ、ナポリ×ミラン。前半、右サイドブラヒムがドリブルからのスルーパス、ラファが飛び込みボックス右でループシュートで1点。左ハーフでラファが左奥にベナセルを走らせる、クロス。こぼれてブラヒムがトラップ、切り替えしてシュートで1点。後半、MTでサンドロがテイク、縦パスで左ハーフをラファがドリブル、そのままボックス左に入って、シュート、右に入る、1点。右サイドのダヴィからパスでアレクがドリブル、ボックスで抜け出しシュート、キーパの股下を通って入る、1点。0-4でミランの勝利!首位にクリーンシート勝利!

※次の記事 カルチャーラジオ 漢詩をよむ 人生をたたえる詩(1)(NHKラジオ第2 2023年4月8日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6387
  • リンク:研究内容を話す相手の人口ピラミッド&お金の流れ(note佐藤ひろお|三国志研究中2023年3月25日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。