Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 06月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

阪神線でいく関帝巡り(2019年9月8日)


場所
※前の記事 三国志 巻一(竹林クロワッサン2018年9月17日)

 2019年9月8日日曜日11時半ぐらい。天満橋近くの第七回文学フリマ大阪の会場を後にして、思い立ってそのまま北上。そして西に進んで、天神橋筋商店街の南端に立つ。そう下記関連記事で触れた、関羽人形を見に来た。

※関連記事 天神橋筋商店街での関羽人形

 それで思い立ったのが次の目的地に行くまでにいろんな関帝(関羽)を見て歩こうというもの。とりあえず天神橋筋商店街を北上。いや逆方向だと大阪関帝廟が2つもあるのだけどね。

※関連記事
 「JR発足20周年・青春18きっぷ」特別価格8千円(2007.3.1-4.10)
 大阪上海新天地ビル関帝廟(2018年4月28日訪問)

 関帝とも三国とも無関係だけど、栞書房を見かけた。こんなところにあるんだね。

※関連記事 第31回下鴨納涼古本まつり(京都古書研究会2018年8月11日-16日)

 それでアーケードを北上して梅田あたりまで来たら、左折。扇町公園に出るんだけど、その向こう側なのか公園内なのか、関西テレビ、通称、関テレの社屋があって、壁にはそのマスコットキャラクター「ハチエモン」が描かれる。関テレ、呼び名が似てるんで折角なんで、ツッコミマチという前提でツアーの一環ってことで。

・|| KTV || 関西テレビ放送
http://ktv.jp/

※関連記事 関西テレビ『ウラマヨ!』で孔明わん&関うーたん(2010年10月23日)

・ぼくハチエモンやで - ハチエモン | 関西テレビ放送 カンテレ
http://ktv.jp/

聖地巡礼じゃないけど、ちょっと見ていこうと思って、6年前と9年前に さねよしいさ子さんのライブ会場だったムジカジャポニカを見による。

・ムジカの幸福さねよしいさ子登場レポ
http://cte.main.jp/sunshi/2010/0725.html

・レポ:ムジカの幸福再び~さねよしいさ子ライブ
http://cte.main.jp/sunshi/2013/0728.html

 ところが一階にあるはずのお店がマンションごとなくなっていた。後で、サイトにアクセスすると、移転できたようで何より。

・梅田ムジカジャポニカ
http://musicaja.info/

 そして泉の広場に到達し、地下街を通って阪神梅田駅へ。12時28分梅田発。阪神 西宮行特急。西宮で乗換えて元町駅に到着。いや山の手にいって神戸関帝廟に行くってのは簡単に思いつくけど、より近い方を選ぶ。欲張り版、というかコンプリートしようとしたら、当然行くのだろうけど。

※関連記事 JR西日本の広告に神戸関帝廟

 というわけで南京町へ。ここで関帝というと春節に四阿に現れる関聖帝君が有名だけど、そこにいつもいるけど意外と気づかれない方、四阿の上の彫刻部分を詣でる。関帝の場面はいろいろあるけど、魯粛を連れ出すツアーっぽい単刀会を選択

・熱烈歓迎!南京町
http://www.nankinmachi.or.jp/

※関連記事
 2019南京町春節祭(2019年2月3日、5日、9日-11日)
 神戸南京町広場四阿 彫刻

 すでに阪神線の終着駅で降りたのでこれ以上、ないはずなのだけど、目的地はそこじゃないので、さらなる関帝巡りは続く。13時27分、JRの元町駅発、13時45分ぐらいに神戸市長田のブックカフェCha-ngoushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 漢・魏・六朝詩集(平凡社1972年2月24日発行)

※新規関連記事 ANIME COMICS 三国志 全5巻(1985年6月、1986年9月)

 それで店内の関帝コーナーを撮影。いや、Cha-ngoushiといえば店前のアニメ「三国演義」の関羽が有名だし、長田といえば関羽の石像があるし、なんなら関うーたんにも出会えるかもしれないけど、あえてこれで(関連記事を挙げていて思ったけど、この三体、意外と2009年2010年に集約されているのだね。)。

※関連記事
 Cha-ngokushi(2017年2月2日実店舗正式オープン)
 最強武将伝・三国演義(2010年4月4日)
 関羽石像設置記念イベント(2009年10月18日)
 鉄人モニュメントの次は三国志“ゆるキャラ”(神戸新聞2010年7月28日夕刊)

 それでこの日のの水魚セットは孔明パフェ&玄徳茶。あつかったんで諸葛亮のクールビューティにあたりたくて(笑)そしてその後の胃腸に優しい劉備の温かさ!

※次の記事 メモ:『ぼくらのSFマンガ青春記』に見る三国志マンガ話

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5091
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。