Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 09月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 45 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」(2014年3月22日)


  • 2014年3月17日(月) 23:54 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    6,847
テレビ TV番組予約をしている際に気付いたこと。

・美術・歴史|NHK BSオンライン
http://www.nhk.or.jp/bs/t_culture/
※公式サイトが未設立なので、こちらで代用。時間が経てばおそらく情報が消える。

・古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」 古代中国を彩る英雄たちの伝説を、新発見の発掘などから探る3回シリーズ。第1集は、奸臣・曹操に悲劇の名軍師・諸葛孔明が挑む三国志の物語。吉川晃司が意外な実像に迫る
http://www2.nhk.or.jp/hensei/program/p.cgi?area=001&date=2014-03-22&ch=10&eid=30369&f=etc
※こちらも時間が経てばおそらく情報が消える。

上記ページによると、3回シリーズのNHK BSプレミアムの番組『古代中国 よみがえる伝説』の2014年3月22日土曜日21時-22時放送分は「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」だという。出演者は「吉川晃司,【語り】礒野佑子」とのこと。吉川晃司さんと言えば、下記関連記事にあるようにフジテレビで2010年12月26日に『吉川晃司が語る!今こそ学ぶ三国志』という冠番組に出演されていた。また2011年2月2日にレンタルリリースされた『三国志 Three Kingdoms』第四部《荊州争奪》の第22巻に収録された「前篇ダイジェスト」のナレーションを担当されていた。※追記。2014年4月20日日曜日15時再放送。

※関連記事
 吉川晃司が語る!今こそ学ぶ三国志(2010年12月26日)
 「三国志」前篇 DVD-BOX(2010年12月10日)

下記関連記事にあるように、最近ではNHK BSプレミアムでは2013年12月18日に番組『ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~』にて「誰かのために生き抜けるか~諸葛孔明・天才軍師伝説の真実」という諸葛亮に関する番組の回、またNHK教育の番組『青山ワンセグ開発』内の企画やNHK ワンセグ2にて2014年2月に『三国志ちゃん』という動画、と放送したばかりで、三国志ファンには嬉しい流れだろう。曹操繋がりでいえば、同じくNHK BSプレミアムにて2011年10月6日に『BS歴史館』「シリーズ“三国志”時代を超えた男の魅力(1) 世界を敵に回す覚悟はあるか?~覇王・曹操、自分を貫く強さ~」という放送があった。

※関連記事
 ザ・プロファイラー「誰かのために生き抜けるか~諸葛孔明・天才軍師伝説の真実」 (2013年12月18日)
 三国志ちゃん(NHK教育2014年2月金曜日 ワンセグ2 2014年2月土曜日)
 BS歴史館 シリーズ“三国志”時代を超えた男の魅力(2011年10月6日13日)

話を戻し前述のページから下記に内容紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
考古学の発掘ラッシュで、古代中国を彩る英雄たちの伝説が、新たな歴史の真実としてよみがえろうとしている。3回シリーズの第1集は、奸臣・曹操に悲劇の名軍師・諸葛孔明が挑む三国志の物語。実は私たちが知るエピソードの多くは、後の時代に脚色された物語にすぎない。ところが曹操墓が発見され、遺骨などの映像が外国メディアに初めて公開された。曹操と孔明の知られざる実像に迫る。旅人は中国史が人生の指南役と語る吉川晃司。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

冒頭のページの番組写真は、『三国志演義』の、(歴史にはない)四輪車に乗った諸葛亮の像だけど、まぁ、現地で絵になるのは『三国志演義』関連のものとなり、それだけその文学作品が浸透しているってことだろうね。それに「後の時代に脚色された物語にすぎない」という当たりを映像で表現しているのかも。
「曹操墓が発見され」という件は下記関連記事参照のこと。安陽西高穴大墓のことね。

※関連記事 リンク:曹操高陵在河南得到考古確認(2009年12月27日)

そしてその日はちょうど映画『曹操暗殺~三国志外伝~』(原題『銅雀台』)の公開日で、狙った訳じゃないだろうけど、良い映画の宣伝になるだろうね……過去のNHKの番組にあったようにもしかして映画の映像も使われるかもしれない。

※関連記事 曹操暗殺~三国志外伝~(2014年3月22日)

※再放送記事 古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」(2014年8月10日再放送)

※追記 古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」(2014年12月29日再放送)

※追記 古代中国 英雄伝説「曹操と孔明」(2015年3月12日)

※2015年3月20日追記。カルチョのビデオに紛れて未見のこの番組が残っていたので、消去するためようやく見る。一年前の番組かぁ。使われる絵が相変わらず時代考証がなってないな(冠を見て思ったが、後の方の南征の絵でがバッチリ描かれているわ、しているわ、間違い探しの素材として大いに活用できそう)。そして『三才圖會』が便利に使われる。あ、最近は現地のこれまた時代考証のない石像も使われるんだね。そんな演出なのに、曹操の墓と言い切ってないのがNHKの(最後の)良心だね(言い切る場合は「文物局は」という言い回し)。吉川晃司さんが中国の歴史書にあったのは。潘偉斌さんが墓の案内人。というか曹操の墓かどうかより盗掘から墓の発見に至るまでが面白いね、話として。盗掘穴の映像があるし。やっぱり頭蓋骨発見は前室だよね(依然、60歳前後の盗掘者が仲間割れでやられた可能性があり)…と思っていたら渡邉義浩先生登場。古ぼけた書籍を読む演出カット良いね。出た、潘さんの口から頭痛を致す石枕の話。ああ、「魏武王常所用慰項石」って文字が入っているんだね、わざわざ日用品に記すだなんて、価値付加のための後付文字っぽい胡散臭さが出ているように見えてしまう。というか盗掘の跡があるんだったら価値のあるものはすでに盗まれていると思うが。『レッドクリフ』火薬バカ映像で諸葛亮のターンに移る。それにしてもずっと「正史三国志」という言い回しが耳障りだな。今さら諸葛亮と赤壁の戦いとのつながりを「ところが…」という枕詞とともに史書の記述に触れるだなんて。やっぱり映像提供SPO(エスピーオー)さんだね…ということは『曹操暗殺』の映像は使われず、か。

※関連記事 国際シンポジウム「三国時代・魏の世界―曹操高陵の発見とその意義―」(2010年11月27日28日)

※追記 Dance To The Future(2016年1月28日)

※追記 古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」(2016年5月11日再放送)

※新規関連記事 三国志メシ(2017年3月20日-)

※新規関連記事 古代中国 英雄伝説「曹操と孔明」(2017年10月21日)

※新規関連記事 古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」(2018年1月2日再放送)

※新規関連記事 中国王朝 英雄たちの伝説 反逆者 三国志の真相(NHK BSプレミアム2018年3月7日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3068
  • 古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」(2014年3月22日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。