Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

国際シンポジウム「三国時代・魏の世界―曹操高陵の発見とその意義―」(2010年11月27日28日)


  • 2010年9月 6日(月) 12:56 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,550
研究  「毎日新聞 愛媛大学 曹操」という検索語句があったんで、何かと思って再検索すると、毎日新聞で下記の記事が出てきた。

・シンポジウム:曹操、そうなの? 「墓」の真偽、愛媛大で中国人研究者交え論争 - 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/kansai/news/20100904ddf041040008000c.html

・毎日jp - 毎日新聞のニュース・情報サイト
http://mainichi.jp/

※余談だけど、毎日新聞は記事のページにリンクを張ることを下記のように明言していて良い感じ。
・Q.毎日jpのトップページや記事にリンクをはりたい
http://mainichi.jp/info/etc/arukikata.html#Q9

 しかし記事自体は、「多くの偽墓を作らせたという伝承もあり」とあって、『三国演義』「第七十八回 治風疾神醫身死、傳遺命奸雄數終」に「又遺命於彰德府講武城外、設立疑塚七十二、勿令後人知吾葬處:恐為人所發掘故也。」とある創作由来の話を、それを調べた気配も見せず乱暴にも「伝承」の一言で片付けてあってダメな感じなんだけど、それよりそこに書かれてある本題だ。

 つまり、2010年11月27日土曜日28日日曜日に愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センターで国際シンポジウム「三国時代・魏の世界―曹操高陵の発見とその意義―」が開催されるという。

※追記。会場は「愛媛大学南加記念ホール」とのこと。

・愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センター -トップ-
http://www.ccr.ehime-u.ac.jp/aic/

 入場無料ということなんで専門外の方もいらっしゃるとは思うけど、前述の創作由来の話を持ち出すような質問をして貴重な時間を不意にする行為はご遠慮してもらいたいところだろうね。
 上記サイトのシンポジウムのページから下記へ講演者を引用する。招聘される講演者は河南省文物考古研究所関係者ばかりだから、曹操の墓と断定するのに疑問を呈する研究者による発表は期待できないんだろうね(下手をすればそれが曹操の墓だという結論ありきの議論になる)。もし聴講されるのだったら、そこらへんを念頭に置く必要があるだろう。

※追記。無料でメールでの事前申込で先着順230人ということで、さらに各講演タイトルも発表されたので、下記引用部分に追加しておく。あと一般向けを意識してか「通訳あり」とのこと。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
講演者
村上恭通(愛媛大学東アジア古代鉄文化研究センター長)
  「『三国志 魏の世界』開催にあたって」
白 雲翔(中国社会科学院考古研究所副所長)
  「巻末・三国時代考古およびその新展開」
潘 偉斌(河南省文物考古研究所研究員)
  「曹操高陵の発見と発掘および初歩研究」
郝 本性(河南省文物考古研究所研究員)
  「曹操高陵出土文物の研究」
張 志清(河南省文物考古研究所副所長)
  「漢代陵墓考古と曹操高陵」

パネル展示「魏曹操墓発掘成果特別展」見学会
  in 愛媛大学博物館(愛大ミュージアム)
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※該当ページから下記へ引用の追記。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
プログラム
11月27日(土)12:00~ 受け付け開始
13:00~ 開会
13:15~13:45 村上恭通『「三国志 魏の世界」開催にあたって』
13:45~15:15 白雲翔『漢末・三国時代考古およびその新展開』
15:30~17:00 潘偉斌『曹操高陵の発見と発掘および初歩研究』
18:00 ~ 懇親会 in 愛大セ・トリアン

11月28日(日)8:30~ 受け付け開始
9:00~10:30 カク本性『曹操高陵出土文物の研究』
10:30~12:00  張志清『漢代陵墓考古と曹操高陵』
12:00~   閉会
13:00~ パネル展示『魏曹操墓発掘成果特別展』見学会 in愛媛大学博物館(愛大ミュージアム)
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※追記。読売新聞での2010年10月17日付けの公開記事の記事にこのシンポジウムの紹介があったそうな。

 曹操高陵とされる西高穴村墓についての報告は、下記関連記事にあるように2010年5月21日「第2回中日学者中国古代史論壇 魏晋南北朝期における貴族制の形成と三教・文学 ―歴史学・思想史・文学の連携による―」内で「論曹操墓出土的部分文物与歴史文献的関係」という学術報告が過去、日本国内であったんだけど、それ自体をテーマとした国内学術シンポジウムは初めてかな。

※関連記事 論曹操墓出土的部分文物与歴史文献的関係(2010年5月21日)

※追記 東アジア王墓フォーラム(2010年11月3日奈良県橿原市)

※追記 十大三国志ニュース2010 前編

 あと西高穴村墓については下記記事参照ね。

※関連記事 リンク:曹操高陵在河南得到考古確認(2009年12月27日)

※リンク追記
・枕流亭ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/
・曹操の墓を専門家が解説したよ(その一) (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20101128/p1
・曹操の墓を専門家が解説したよ(その二) (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20101129/p1
 ※清岡コメント。これを読むと『三国演義』毛宗崗本の「設立疑塚七十二」のさらにルーツに触れられており、三国志ニュース本記事での前述が誤った知識に基づいていることが明らかになるのだけど、新聞記事が「「伝承」の一言で片付けて」あることは変わらないので消さずに残しておこう。
・曹操の墓を専門家が解説したよ(その三) (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20101202/p1
 ※清岡コメント。例の石枕の話が出ていて、やはり石刻に紀年等の照合できる箇所がないと、個人的には結論ありきに思えてしまうと再認識してしまった。いやその前提として盗掘されたんだったらそのルートから墓室に入って地面の数メートル下に埋めた?って疑念が依然あるからなんだけど。
・曹操の墓を専門家が解説したよ(その四) (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20101208/p1
・曹操の墓を専門家が解説したよ(その五) (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20101213/p1

聞くところによるとこの愛媛大学に行くか、下記のシンポジウムの明治大学に行くかで、いろんな大学の先生方が結構、分かれたらしい。

※追記 洛陽学国際シンポジウム(2010年11月27日-28日)

※追記 曹操高陵の発見とその意義―三国志 魏の世界―(2011年3月18日)

※追記 三国志学会 第六回大会(2011年8月27日土曜日)

※追記 十大三国志ニュース2011 中編

 ちなみに愛媛大学へは下記参照記事にあるように、「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」の利用期間中に行ったことがあるんだけど、今回、その期間中でも青春18きっぷ期間中でもないんで、個人的には行って聴講するのは厳しいかな(それに下記参照記事のシンポジウムより有意義だとは思えないだろうし)。松山の街自体は、市電で観光地等も回りやすく温泉あるし食べ物も美味しいし、私はとても気に入っているんだけどね。

※参照記事 「東アジアの出土資料と交通論」ノート1(2008年10月12日)

※追記 三国志学会 第十一回大会(2016年9月3日10日土曜日)

※新規関連記事 げえっvsむむむ with 美女図鑑 三国志 ポップアップストアin東急ハンズ松山店(2018年9月1日-10月14日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1780
  • 国際シンポジウム「三国時代・魏の世界―曹操高陵の発見とその意義―」(2010年11月27日28日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。