Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 10月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

2018春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2018年2月15日-16日)


場所 ※関連記事 横浜中華街関帝廟 2018年迎春カウント・ダウン(2017年12月31日)

※前回記事 2017春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2017年1月27日-28日)

※次回記事 2019春節カウントダウン(横浜中華街関帝廟2019年2月4日-5日)

上記の新年の横浜中華街関帝廟におけるカウントダウンイベントに続き春節のカウントダウンの情報が来ないか、関帝廟のサイトをチェックしていた。

・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》
http://www.yokohama-kanteibyo.com/

そうすると「關帝廟のご案内」のページに「年間行事」の表があって、2月に「春 節/(中国の旧正月)」があり、その説明に「旧暦1月1日/深夜0時のカウントダウン。/2018年の春節は2月16日(金)。」とある。さらに下記の横浜中華街サイトの下記ページに当たると、「横浜中華街では、「春節」を迎える2月16日の前夜、横濵關帝廟と横濱媽祖廟の両廟でカウントダウンが行われ、街は新年を迎えるお祝いムード一色に包まれます。」とのことだ。日時は春節2018年2月16日金曜日の前日の「2018年2月15日(木)24:00~」となっている。

・[公式]横浜中華街の食べる・飲む・買う・楽しむが分かる!300店舗以上掲載!
http://www.chinatown.or.jp/

・2018春節 | [公式]横浜中華街の食べる・飲む・買う・楽しむが分かる!300店舗以上掲載!
http://www.chinatown.or.jp/event/celebration/201710_01/

※関連記事
 2018南京町春節祭(2018年2月16日-18日)
 2018長崎ランタンフェスティバル(2018年2月16日-3月4日)

2018長崎ランタンフェスティバル(2018年2月16日-3月4日)


場所 ※前回記事 2017長崎ランタンフェスティバル(2017年1月28日-2月11日)

※次回記事 2019長崎ランタンフェスティバル(2019年2月5日-19日)

上記関連記事に書いたように毎年、長崎新地中華街では春節(つまり旧元旦)の時に長崎ランタンフェスティバル(長崎燈會)が行われる。
次の2018年長崎ランタンフェスティバルは次の春節である2018年2月26日金曜日から始まり元宵節(旧1月15日)の3月2日金曜日を経て3月4日日曜日までだという。

・長崎新地中華街
http://www.nagasaki-chinatown.com/

それで何が三国に関係するかというと、前回記事にあるように、このイベントの目玉であるランタンに、関羽とか曹操とか三国の人物が使われるだろうってこと。上記祭ページにリンクがあるパンフレットによると、これらのランタンの点灯時間は17時から22時までだという。

※関連記事 2018南京町春節祭(2018年2月16日-18日)

2018南京町春節祭(2018年2月16日-18日)


場所 ※関連記事 中国史人游行(神戸南京町2018年2月16日)

上記関連記事の続き。というより上記のが春節前日なんで、こっちがメインなのかもしれない。下記サイトの南京町ニュースに「2017.12.26 2018南京町春節祭の詳細をアップしました。」とあり、そこのリンクをたどるといつもの南京町春節祭のページに。

・熱烈歓迎!南京町
http://www.nankinmachi.or.jp/

・2018南京町春節祭 | 熱烈歓迎!南京町
https://www.nankinmachi.or.jp/event/shunsetsu/2018/

上記イベントサイトにあるように、2018年2月16日金曜日の春節にあわせ、2月11日日曜日にプレイイベント、2018年2月16日金曜日から18日日曜日までの計3日間に「2018南京町春節祭」(第30回春節祭)が開催される。それで冒頭の関連記事で触れた「中国史人游行」(仮装パレード)以外に三国ものがなにがあるかというと、今年も「関帝さま 祭壇参拝&写真撮影」が2018年2月16日金曜日から18日日曜日までの12時から19時までの間に行われ、つまり南京町広場の四阿に関聖帝君を祀る祭壇が設けられ、線香1本100円で参拝ができ、さらに「西遊記の仲間たちと写真撮影も」とのことだ。さらには同日程同時間で「関帝さま おみくじ」が200円で引け、さらに同日程同時刻で「関帝さま お守り」が500円で販売している。

※前回記事 2017南京町春節祭(2017年1月27日-29日)

※次回記事 2019南京町春節祭(2019年2月3日、5日、9日-11日)

中国史人游行(神戸南京町2018年2月16日)


場所 油断していたら出演の応募〆切が過ぎていたんだけど、見る方は依然先なのでめげずに紹介。

・熱烈歓迎!南京町
http://www.nankinmachi.or.jp/

上記公式サイトの2016年10月30日のお知らせによると、2017年2月16日金曜日の春節にあわせて、今回の春節当日に「2018南京町春節祭」にも中国史人游行があるという。

・2018南京町春節祭 中国史人游行 参加者募集のお知らせ | イベントニュース | 熱烈歓迎!南京町
https://www.nankinmachi.or.jp/news/1007

下記関連記事にあるような前回同様、その参加者を上記サイトの上記ページにて募集していて。応募資格は「当日必ず参加できる18歳以上の男女/(高校生不可)」で応募締切は「2018年1月5日(金)必着」とのこと。あと「過去に「中国史人游行」に参加したことのある方は、/ご遠慮ください」「京劇のメイクをしますので、肌の荒れやすい方は/ご注意ください」/「衣装(役柄)は主催者にて決定させていただきます」とのことなので注意が必要。結果発表は「2018年1月中旬に郵送にて」とのこと。2018南京町春節祭自体は2018年2月11日にプレイベントで2月16日金曜日から18日日曜日まで開催されるという。

・2018南京町春節祭 | 熱烈歓迎!南京町
https://www.nankinmachi.or.jp/event/shunsetsu/2018/

※前回記事 中国史人游行(2017年1月27日)

しょっかつ珈琲(群馬県渋川市)


  • 2017年12月29日(金) 09:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    639
場所  先に本題を書くけど、下記関連記事で書いたように或るお店で教えてもらったこと。

※関連記事 メモ:三国志 赤壁大戦(川本喜八郎人形ギャラリー2017年12月10日-)

・しょっかつ珈琲 (FACEBOOK内)
https://www.facebook.com/pages/%E3%81%97%E3%82%87%E3%81%A3%E3%81%8B%E3%81%A4%E7%8F%88%E7%90%B2/236233413246789

 群馬県渋川市半田1814-25に珈琲喫茶・豆販売「しょっかつ珈琲」がある。営業時間10時から19時までで定休日は毎週火曜日と第1第3水曜日。名前だけだとわかりづらいが、店名は「諸葛孔明」から。喫茶にもドリップでもメニューに「しょっかつブレンド」と桃園結義からであろう「とうえんブレンド」がある。

※関連記事
 BOOKS&CAFE関帝堂書店(2017年4月2日訪店)
 メモ:Cha-ngokushi(2017年2月4日訪店)

横浜中華街関帝廟 2018年迎春カウント・ダウン(2017年12月31日)


  • 2017年12月 8日(金) 07:13 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    328
場所 ※前回記事 横浜中華街関帝廟 2017年迎春カウント・ダウン(2016年12月31日)

上記関連記事にあるように、例年行っている横浜中華街關帝廟のカウントダウンについて今年はどうかと思って下記公式サイトの更新を待っていた。

・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》
http://www.yokohama-kanteibyo.com/

そうすると2015年12月5日更新で最新情報「2018年迎春カウント・ダウン」が現れ、2017年12月31日の23時30分開場予定で24時20分までで横浜中華街関帝廟横の「横浜中華学院 校庭」にて、「2018年迎春カウント・ダウン」が行われるという。雨天中止。

とちぎの三国志「山車人形」まつり(2017年10月28日29日)


  • 2017年10月19日(木) 07:26 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    492
場所 下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。

・キリエ@三国志垢 (Kyrie0359) on Twitter
http://twitter.com/Kyrie0359

・Twitter / Kyrie0359: 写真も見付けたので上げておくけど、写真だけで満足しちゃうのは勿体無いかなぁ。 ...
https://twitter.com/Kyrie0359/status/914100797306134528

※関連記事 孔明の罠(国分寺2016年9月5日-)

※新規関連記事 三国志~趙雲伝~(レンタル2017年11月2日、セル11月15日)

下記サイトの下記お知らせページによると、2017年10月28日土曜日29日日曜日の各10時から16日までに栃木県栃木市の蔵の街大通り(足利銀行~万町交番) ・近龍寺参道にて「とちぎの三国志「山車人形」まつり」が開催されるという。「栃木商工会議所創立125周年記念プレ事業」とのこと。同じく下記ページによるとその「山車人形」は具体的には劉備、関羽、張飛とのことだ。さらにその一週間前の2017年10月22日日曜日11時から15時まで東京都中央区日本橋の中央通りにて開催の「東京日本橋・京橋まつり」にその「山車人形」が登場するという。

・栃木市観光協会
http://www.kuranomachi.jp/

・とちぎの三国志「山車人形」まつり 開催 2017/10/28~29
http://www.kuranomachi.jp/news/news/2017/10/21-3.php

・とちぎの山車まつり伝承会 からのお知らせ
http://www.kuranomachi.jp/news/news/2017/09/post-214.php
※前述のstatusはこのページにつながる。ここに「万町一丁目 劉備玄徳」「万町二丁目 関羽雲長」「万町三丁目 張飛翼徳」の写真あり。ベタに立派なヒゲをそなえた劉備はともかくモジャヒゲの張飛は新鮮。

※関連記事 久慈秋まつり 巽町山車組(2017年9月15日-17日)

※リンク追記
・Twitter / tochigishikanko: 明日の【日本橋・京橋まつり】は中止となりました。 山車の解体作業をしてトラックに乗せたところで 中止の連絡・・・。とても残念ですが、 ...
https://twitter.com/tochigishikanko/status/921647148088750080

KOEI TECMO CAFE & DINING(2017年8月10日-)


  • 2017年10月 9日(月) 06:13 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    524
場所 ・コーエーテクモゲームス|GAMECITY
http://www.gamecity.ne.jp/

※関連記事 秋葉原☆グルメ無双キャンペーン(2017年3月10日-3月31日)

上記コーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2017年8月10日のNewsに「KOEI TECMO CAFE & DINING本日オープン!(完全予約制)」「コーエーテクモ INFORMATIONコラボレーションカフェ『KOEI TECMO CAFE & DINING』池袋にオープン!」とあり、それぞれにリンクされる下記ページにあるように、2017年8月10日に東京都豊島区東池袋 1-23-9 近代グループビルディング10号館 4Fにて「KOEI TECMO CAFE & DINING」がオープンしたという。完全予約制で営業時間は「【平日】 13:30~21:00(ラストオーダー20:30)/【土日祝】 11:00~21:00(ラストオーダー20:30)」。
下記の店のサイトを見るに、「『KOEI TECMO CAFE & DINING』は、数々の人気ゲームタイトルをリリースしている「コーエーテクモゲームス」と、全国に多数の飲食店を展開する「アンドモワ」のコラボレーションカフェです。」とのこと。グランドメニューの注文でランダムでオリジナルコースターのプレゼントがあるんだけど、下記店サイトを見るとそこには『三國志13』の諸葛亮や『真・三國無双8』の趙雲が見え、グランドメニューの「シブサワ・コウ」には桃園の誓い680円、「ω-Force」には趙雲のドラゴンロール1100円、"魏"カクテル(ウォッカ+ブルーキュラソー+ソーダ)/"呉"カクテル(ウォッカ+トマトジュース)/"蜀"カクテル(ウォッカ+キウイコンク+ソーダ)/"晋"カクテル(ウォッカ+ラムネコンク+ソーダ)各700円(コーエーカラーね)があり、平日限定メニューに中国統一プレートごはん1100円が見える。

・KOEI TECMO CAFE & DINING
https://koei-tecmo-cafe.com/

※新規関連記事 真・三國無双8カフェ(2019年6月25日-8月18日)

・コラボレーションカフェ『KOEI TECMO CAFE & DINING』池袋にオープン!
https://www.koeitecmo.co.jp/news/2017/08/cafe2017.html

※関連記事
 三國志13(2016年1月28日)
 真・三國無双8(PlayStation4 2018年2月8日)

※新規関連記事 新三國志手機版(2017年11月16日正式リリース)

・アンドモワ株式会社
http://andmowa.com/

久慈秋まつり 巽町山車組(2017年9月15日-17日)


  • 2017年9月16日(土) 19:30 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,659
場所 ※前の記事 旋風は江を駆ける(1997年2月1日)

 先週の土日とうってかわって、自宅の土日休日。金曜日夜に寝落ちして23時過ぎに目が覚め、ビデオ消化しながらネットと戯れ、4時に寝落ちして7時半に起きるという休日の満喫っぷり。
 その過程でTwitterのTime Lineであることを見かけたけど、status主は身バレを気にしていらっしゃったので、あえてリンクせず。その画像ツイートから地名(というか町名)をひろって検索をかけてみると、下記ブログの下記記事にいきあたる。

・タツミブログ
http://tatsumigumi.blogspot.com/

・タツミブログ: お通りはじめました
http://tatsumigumi.blogspot.com/2017/09/blog-post_15.html

・タツミブログ: 平成25年 2013
http://tatsumigumi.blogspot.jp/2017/08/252013.html
※「平成25年 三国志 -飛将 呂布奉先  決戦 虎牢関-」とのこと。というか昭和44年の山車のテーマが「西遊記」ってことでマンガの題材同様ここでも西遊記が先。昭和32年のが「赤胴鈴之助」だから福井英一先生つながりのニアミスか。

※関連記事 少年三国志(1953年6月-1954年7月)

 下記ページによると岩手県久慈市の「久慈秋まつり」は2017年9月14日木曜日前夜祭で、15日金曜日から17日日曜日まで開催されるという。

・2017 久慈秋まつり開催!!
http://www.city.kuji.iwate.jp/kouryuuka/akimatsuri_2017.html

 どんなまつりかというと上記ページから下記に引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
歴史や歌舞伎の名場面を題材にした絢爛豪華な山車や威勢の良い掛け声で祭りを盛り上げる神輿の合同運行、そして中日には多くの市民団体による郷土芸能が、久慈市の中心市街地をパレードします。各組ごとに違うお囃子にも耳を傾けてみてください。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 つまりここでいう「絢爛豪華な山車」の巽町山車組のが今回は「三国志演義」の劉備と五虎将をモチーフにしたもののようだね、写真を見る限り。

※関連記事
 三國祭 山車奉納(5月20日)
 リンク:ムーランわからずフジ番組炎上、上海ディズニー特集で「三国志風の山車」。(ナリナリドットコム2016年6月20日)

大津祭 宵宮 本祭(2017年10月7日8日)


場所 ※関連記事 大津祭 宵宮 本祭(2016年10月8日9日)

上記関連記事で触れたように毎年、滋賀県大津市で大津祭があって、一昨年と違って、忘れず今年も記事にする。毎年滋賀県大津市で開催され、2017年では宵宮が10月7日土曜日夕刻-21時、本祭10月8日日曜日9時-17時30分に開催される「大津祭」の曳山(ひきやま)に、孔明祈水山 (こうめいきすいざん)と龍門滝山 (りゅうもんたきやま)があるという。

・大津祭曳山連盟
http://www.otsu-matsuri.jp/festival/
※「リンクポリシー」を見るとリンクする前に連絡する義務があるとのことで、URLだけ示しておく。以下、同じ。まだこういったダメアーキテクチャって撲滅しないね。というよりFACEBOOKのリンクするボタンがあるのにそれを押す前に事前に連絡をしろってことだろうか…いや「トップページ以外へのリンクは原則として」断っているから無用な機能の筈なんだけど。

・13基の曳山: 大津祭
http://www.otsu-matsuri.jp/festival/about-hikiyama.php
※このページから引用するに「蜀の諸葛孔明が、魏の曽操と戦ったとき」とあり、「曽操」って誰だろう?とそんな「そそう」に今年もツッコミを入れてしまう。訂正されないね

※関連記事 大津曳山祭総合調査報告書(2015年6月12日)

もちろん孔明祈水山は蜀漢の諸葛亮由来で、龍門滝山は後漢の李膺由来だ。