Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

Cha-ngokushiでホワイトボートに書き出され(2018年9月8日)


歴史
※前の記事 乱世のプロモーターたち(オール生活1984年5月号-1985年4月号)

 2018年9月6日木曜日、2時半に目が覚めるも4時半→6時仮眠。下記のブログ記事を読む。2006年のブログ開設までさかのぼって順に見ているけど、ようやっと書籍のところまできた。

・「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む
http://blog.livedoor.jp/kashikou/

・ブログのまとめ本「オタ中国人の憂鬱」が出ます
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51649948.html
※2011年01月10日09:15

※関連記事 オタ中国人の憂鬱(2011年1月)

 夕方、東京でよくみる外国人がコスプレしてマリオカートっぽい見た目で公道を走るの京都に来ていた。さっき見たのはディズニーキャラの中にフリーザー様が二人も混じってしかもほぼフードをかぶってなく本気さを感じられなかったんで、お店の人じゃなく普通のお客なんだろうね。

・[STREET KART Tokyo Bay BBQ] Real Life SuperHero Go-Karting Tour!!
https://kart.st/

 9月7日金曜日3時の目覚ましで起床。「真・無双検索」関連。下記ブログ記事、なんだって!? 科学普及の意味合いでも中国でウケたとかで。

・中国で大人気の「はたらく細胞」ついに人民日報で言及される
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/52099028.html
※2018年09月03日19:05

 9月8日土曜日1時過ぎに目が覚める。UEFAネーションズリーグ 第1節 イタリア×ポーランド 1-1 低い位置でのミスで左右に振られ先制され、PKで追いついたイタリア!
 雨だよ!8時29分発の市バスでいく。途中、ピンにすわれる。青春18きっぷ使用なんで、久々にJRで西へ。9時京都駅発JR京都線新快速(播州赤穂行)。高槻で固定式クロスシートに座れる。9時35分、三国志ニュースの記事「チャイナフェスティバル 2018(代々木公園2018年9月8日9日)」を書き上げる。ロングシートの端に座れる。目的地は西宮市大谷記念美術館で何かというと下記のリンク先の雑記を参照のこと。

・美術鑑賞メモ「2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」
http://cte.main.jp/sunshi/2018/0908.html

 それでさくら夙川駅11時42分発須磨行に乗り、12時10分、新長田駅到着、12時25分、神戸市長田のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到達。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 乱世のプロモーターたち(オール生活1984年5月号-1985年4月号)

※新規関連記事 連環画 諸葛亮(1979年11月第1版)

※新規関連記事 人形劇三国志 鑑賞オフ友の会 神戸出張版(Cha-ngokushi2018年11月4日)

 13時28分、ちょっと前から気になっていた、本棚から『全相三国志平話』を取り出す。

※関連記事 全相三国志平話(2011年3月19日)

 それだと龐統の初登場が周瑜を「弟」と呼び、逆に周瑜は龐統を「兄上」と呼んでいた。いや史書では周瑜の方が年上なもので。
 13時30分、『赤旗』日曜版の青木朋さんの「カラフル!!~知ってほしいLGBT~」34回(9/9)。今回はアキ回。ドキドキの展開のきざしがあって次回が楽しみ。
 13時49分、先にリンクした美術鑑賞メモ「2018 イタリア・ボローニャ国際絵本原画展」を書く。14時59分に書き終える。
 それで前述した『全相三国志平話』のことと同じ流れで、龐統まわりの人物の年齢がきになっていて、その話をふったら店主がホワイトボードを出しての大推理会になったが、途中でお客さんがたくさんいらっしゃって結局保留に。それが右の写真。数え年と満年齢がごっちゃだし、特にその都度、裏を取ってなかったけど、或る同年の年齢を書き出してくださったのは判りやすい。
 後で確認をとった分の方が多くなってしまうけど、つまりはまず龐統の生年だけど

・『三国志』巻三十七蜀書龐統伝
進圍雒縣、統率衆攻城、為流矢所中、卒、時年三十六。
<清岡による訳>雒県に進んで囲み、龐統は衆を率い白を攻め、流矢の当たるところとなり、卒去し、その時、年三十六だった。

とあり、この出来事が何年なのか『三国志』には書いてないけど、『華陽国志』巻三蜀志十三では建安十八年(紀元213年)なので、龐統の生年は178年となる。
 また龐統伝の冒頭にあるけど龐統の字(あざな)は士元であり、

・『三国志』巻三十七蜀書龐統伝注所引「襄陽記」
諸葛孔明為臥龍、龐士元為鳳雛、司馬德操為水鏡、皆龐德公語也。
<清岡による訳>
諸葛孔明を臥龍とし、龐士元を鳳雛とし、司馬徳操を水鏡とし、みな龐徳公の語だ。

というふうに、並び称されるのだけど、その諸葛亮(字孔明)の生年は

・『三国志』巻三十五蜀書諸葛亮伝
(建興十二年紀元234年)其年八月、亮疾病、卒于軍、時年五十四。
<清岡による訳>
(建興十二年紀元234年)その年の八月、諸葛亮は疾病し、軍において卒去し、その時、年五十四だった。

とあり、逆算すると紀元181年となり、龐統の3歳年下。一方、司馬徳操は史書に生年につながる記載は見当たらないものの、

・『三国志』巻三十七蜀書龐統伝注所引「襄陽記」
德操年小德公十歲、兄事之、呼作龐公、故世人遂謂龐公是德公名、非也。
<清岡による訳>
徳操は年で徳公より十歳若く、これを兄としてつかえ、龐公と呼び、そのため世の人はついに龐公を徳公の名と思うが、誤りだ。

とあり、司馬徳操は龐徳公より10歳下であることがわかる。
<追記>
 ここで行き詰るのだけど、史書から離れ小説を見ると、

・『三国志演義』第三十五回「玄德南漳逢隱淪、單福新野遇英主」
玄德曰:「汝師何人也?」牧童曰:「吾師覆姓司馬、名徽、字德操、潁川人也。道號水鏡先生。」玄德曰:「汝師與誰為友?」小童曰:「與襄陽龐德公・龐統為友。」玄德曰:「龐德公乃龐統何人?」童子曰:「叔姪也。龐德公字山民、長俺師父十歲;龐統字士元、小俺師父五歲。
<清岡による訳>
玄徳は言う、「あなたの師は何者だ?」 牧童は言う、「わが師の覆姓は司馬、名は徽、字は徳操で、潁川の人です。道号は水鏡先生です」 玄徳は言う、「あなたの師は誰とお友とするか?」 小童は言う、「襄陽の龐徳公、龐統を友にしてます」 玄徳は言う、「龐徳公と龐統は何者だ?」 童子は言う、「叔父と甥です。龐徳公の字は山民で、わが師父より十歳、年長です。龐統の字は士元でわが師父より5歳、年少です。

とのことで、小説設定では司馬徳操の生年は173年で龐徳公のは163年。
<追記終了>

 他の重要な関係者といえば、

・『三国志』巻四十一蜀書向朗伝注所引「襄陽記」
朗少師事司馬德操、與徐元直・韓德高・龐士元皆親善。
<清岡による訳>
向朗は若いときに司馬徳操に師事し、徐元直、韓徳高、龐士元と皆親善した。

の徐庶(字元直)だ。徐庶も史書に生年がないのだけど、

・『三国志』巻三十七蜀書龐統伝注所引「魏略」
庶先名福、本單家子、少好任俠擊劍。中平末、嘗為人報讎、白堊突面、被髮而走、為吏所得、問其姓字、閉口不言。
<清岡による訳>
徐庶の名は福といって、もともとは単家の子で、若いときから任侠と撃剣を好んだ、中平末(紀元189年)、かつて人のために仇を討ち、白土を面につけ、散らした髪で逃走し、官吏の得る所となり、その姓と字を問われ、口を閉じ言わなかった。

とあり、紀元189年に仇討ちできる年齢だとわかる。参考までに紀元189年の時点で先に上げた人物たちが数えで何歳か列挙すると龐統が12歳、諸葛亮が9歳で、この二人より年上だと想像できる。また上記とは別の注だけど同じく「魏略」には諸葛亮が石廣元、徐元直、孟公威ら三人に対し「卿三人」と敬称で呼んでいることと、『三国志』巻三十七蜀書龐統伝注所引「襄陽記」では司馬徳操が三人称で徐庶を「徐元直」と呼んでいることから徐庶は司馬徳操より年下かな、と。
 17時前、新メニューの8個入りの水鏡先生の好好餃子を食べる。前述のホワイトボードに書き出される前の注文なので、偶然、水鏡先生つながり。おいしい。それと上海人民美術出版社の諸葛亮の連環画があって、小札の鎧描写あがあった。1978年だったっけ。

 17時23分新長田駅発の列車で出発。神戸駅で、17時32分発の新快速(長浜行)に乗り換える。左の通路側に座れる。三ノ宮駅で窓側へ。18時36分、山科駅でツイッターの貯めたタイムラインを読みきる。米原駅近くのヤンマー中央研究所の電光掲示板によると気温21℃。
 6番→8番の乗換え、19時35分発東海道本線(東海)新快速(豊橋行)。20時垂井駅、三国志ニュースの記事「中国嫁日記 1巻(2011年8月12日)」を書き上げる。
 次の水曜日の「はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~」のライブ配信に備え、予習というか夏アニメを何作品みたかカウントしてみると16作品あった。はたらく細胞、ワンピース、つくも神、進撃の巨人、バキ、ガンダムビルドダイバーズ、ゴクドルズ、アンゴルモア 元寇合戦記、パンドーラ、OVERLOAD III、ハイスコアガール、深夜天才バカボン、京都寺町三条のホームズ、キャプテン翼、STEINS;GATE 0、ヒロアカ(※追記。あと「ルパン三世」パート3で17作品)

・はざくみチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQtN-3BakognEMltm7fLA4Q

※関連記事 サイト「小説家になろう」で三国

※新規関連記事 日本の三国志マンガにおける表象考察(上) 横山光輝の『三国志』(2018年8月30日)

 20時47分、金山駅、そろそろ眠るか→岡崎駅で目覚める。

・中国オタク的「歳とって自分の中で評価が変わったキャラ」
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51689866.html
※2011年02月10日19:05 三国の人物も出てくる、蜀ばかりだけど

 接続待ちで少なくとも2分遅れ→少なくとも3分遅れ→5分遅れ。22時8分、「「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む」2011年2月分を読み終える。22時14分、ノートPCのバッテリー2本目に交換。23時37分、2011年3月分を読み終える。※追記。24時40分、いつものマンガ喫茶へ。24時40分、アニメ「ゴクドルズ」10話最終回を見た。26時11分就寝。

※次の記事 まるごと三国志(関帝堂書店2018年10月14日 11月11日)

※新規関連記事 龐統祠墓(中国文化出版社2014年8月)

※新規関連記事 「ガマンできないマンガ」教えます! #13(モーニング2017年10月12日号)

※新規関連記事 好々亭(東京 江古田)

※新規関連記事 鳳雛ハシゴのつもりが好好ハシゴにもなっていた(2018年10月6日-8日)

※新規関連記事 臥龍梅(2002年秋)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4707
  • Cha-ngokushiでホワイトボートに書き出され(2018年9月8日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。