Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 12月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 47 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

小学修身用書 第四(成美堂1887年10月)


書籍
※前の記事 第12回三国志祭(2018年11月3日)

 2018年8月23日木曜日。1時-2時30分ぐらいおきてた。22時40分、UEFAチャンピンズリーグ 2016/17 プレーオフ 1st Leg ポルト×ローマを見終えたけど、アンドレ・シウヴァ、ポルトで10番、センターフォワードだったんだね。普通に相手の脅威になっているし。
 8月24日金曜日、4時前に目が覚める。5時30分、三国志ニュースの記事「Afternoon Tea Party(GONTA MECCA 2018年7月15日)」を仕上げる。8時、東海道本線[豊橋〜米原]の運転状況は関ケ原~米原駅間で発生した倒木の影響で、現在も一部列車に遅れや運休が出ています、だって。「見合わせ」から少し状況が良くなった。
 例によって17時38分京都駅発の東海道・山陽本線東海道本線(東海)から乗り継いで東へ。とりあえず米原駅まで順調にいけそう。いきなり右の窓際に座れる。17時45分、下記の記事を読みきる。

・日本マンガ学会海外マンガ交流部会第11回公開研究会レポート | ComicStreet(外漫街)
https://comicstreet.net/uncategorized/kaigai-manga-koryu-bukai-11/

 ただし以下のリンクあり。

・第580回 ラジオビューグル(2018年07月07日)「戦争はいかに『マンガ』を変えるか アメリカンコミックスの変貌」発売十周年 特別配信 その1
http://radiobugle.seesaa.net/article/460369417.html

※新規関連記事 資料紹介〈年画縮様〉について(連環画研究 第3号 2014年3月10日印刷)

 気づいたら、コロッケパンとクルミデニッシュを食べ終わっていた。18時15分、野洲駅ダイヤの乱れで長浜行き新快速に乗れるだなんて。混んでいるし乗らないけど。
 米原駅近くのヤンマー中央研究所の電光掲示板によると27℃。結局、18時52分到着と通常のダイヤだった。例によってホームの対面乗換え。19時50分、岐阜駅の外の電光掲示板によると29℃。20時6分、眠るか。20時30分?大府駅までねむってた。21時5分、三国志ニュースの記事「リンク:日本に於ける周瑜像についての一考察(2013年7月)」を書き上げる。豊橋駅停車。21時13分、17 ICEでクッキー&クリーム160円を買う。コスパが良い。
 そうやって西に乗り継ぐ。22時6分、以下のブログ記事などを読んでた。

・「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む
http://blog.livedoor.jp/kashikou/

※関連記事 オタ中国人の憂鬱(2011年1月)

・中国オタク的疑問「日本で中国の古典ってどのくらい研究されてるの?」
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51553277.html
※2010年07月08日19:05

・SDガンダム三国伝はなぜ中国本土のオタクに人気が無いのか
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/51573957.html
※2010年08月31日19:05

 雨がぱらつく。目的駅で降りると、小雨でよかった。というか霧ぐらいの粒子。「はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~」のアニメ回を続ける続き。第63回からはお勧めアニメ、「ナイト&マジック」

・はざくみチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQtN-3BakognEMltm7fLA4Q

・第63回「2017年秋アニメチェック&夏アニメ総括」 はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~ 2016/06/29
https://youtu.be/IpefAWWcyGE

 25時42分、『はじめの一歩』121巻の閉塞感からもう読まないかもって思っていたけど新刊の122巻の展開がうそみたいに面白くなってる!しかも社会的!

・第71回「2018年~冬アニメこれ見る!」 はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~ 2016/06/29
https://youtu.be/5JsjV7iMbm4

 第71回からはアニメ「ダーリン イン ザ フランキス」。
 2018年8月25日土曜日。8時ぐらい ようやく『進撃の巨人』26巻を読みきるけど何度もよまないと理解できないかんじ。その点、『ワンパンマン』17巻はすっかりそれまでの話を忘れているけどさくさく読める。9時6分発。ヴィドフランスで3個460円分の買い物。乗り継いで東を目指す。11時過ぎ、三国志ニュースの記事「京うふふスタンプ(田丸印房)」を書く。12時40分 永田町駅着。国会図書館新館へ。

・東京本館|国立国会図書館―National Diet Library
http://www.ndl.go.jp/jp/service/tokyo/

※関連記事 国際マンガサミット第11回富川大会(韓国)カンファレンス(2010年9月16日)

 久々に大宅壮一文庫雑誌記事索引Web版(Web OYA-bunko)を使おうと電子情報室(だっけ?)に行ってみるけど、満席。

・公益財団法人大宅壮一文庫
http://www.oya-bunko.or.jp/

※関連記事 「三国志大陸」をゆく(サンデー毎日2010年5月11日-12月14日)

 仕方ないのでリニューアルされてできた国立国会図書館オンラインを試してみる。「周瑜」で検索してみると、結構出てきた。しかもデジタルデータ化が進んでいて、さらに「国立国会図書館内限定」だけでなく「インターネット公開」のも結構あった。

・国立国会図書館オンライン | National Diet Library Online
https://ndlonline.ndl.go.jp/

※関連記事 まぼろしの女王 卑弥呼(小学六年生4月号1986年3月5日)

 その中で目を引いたのが岸弘毅/編輯『小学修身用書』第四(成美堂1887年10月出版)。ちなみに編輯は「岐阜縣士」とのこと。

・小学修身用書 第4
http://dl.ndl.go.jp/info:ndljp/pid/756984

※関連記事 高等小學讀本 卷五(1903年11月3日発行)

 そこで何が三国と関係するかというとpp.63-64「周瑜謙譲程普を服せし話」とpp.159-160「鄧哀王の奇智善く巨象の重を称りし話」というふうに三国のエピソードがある。それぞれ『三国志』巻五十二呉書注所引「江表伝」、『三国志』巻二十魏書鄧哀王伝(曹沖伝)が出典だ。とうかこれも「江表伝」か、というよりBL描写に思えてしまうね、男が男をお酒にたとえると。タイトルからして教科書なんだろうけど、エピソードの後に一々格言を入れるあたり今では鼻につくけど、これが教科書なんだろうね。

・『三国志』巻五十二呉書注所引「江表伝」
江表傳曰:普頗以年長、數陵侮瑜。瑜折節容下、終不與校。普後自敬服而親重之、乃告人曰:「與周公瑾交、若飲醇醪、不覺自醉。」

・『三国志』巻二十魏書鄧哀王伝
鄧哀王沖字倉舒。少聰察岐嶷,生五六歲、智意所及、有若成人之智。時孫權曾致巨象、太祖欲知其斤重、訪之群下、咸莫能出其理。沖曰:「置象大船之上、而刻其水痕所至、稱物以載之、則校可知矣。」太祖大悅、即施行焉。

※関連記事 ザ!鉄腕!DASH!!(NTV2008年11月2日放送分)

 あと『オール生活』の1984年の連載、松本一男「乱世のプロモーターたち」なんてのがあったが、これは後日まわし。
 13時18分『東海総研マネジメント』1989年12月号に守屋洋さんのコラムがあるのだけど、気になったのは本文じゃなくて、挿絵が「三国演義」連環画の写しなのはおいといて、それは作品上、呉の周瑜じゃなくて趙雲だし!
 14時15分、下記関連記事で追記した『チャンピオンレッド』での「ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日」の確認、2006年10月号によると11月号は9月19日発売。14時40分、孔明登場のつもりが、11月号pp.3-47は連載開始の号だった。

※関連記事 ジャイアントロボ 地球の燃え尽きる日 2巻(2007年9月20日)

※次の記事 漢魏時代の甲鎧 ―特に明光鎧と黒光鎧とについて(1974年1月30日発行)

※新規関連記事 乱世のプロモーターたち(オール生活1984年5月号-1985年4月号)

※新規関連記事 資料紹介〈年画縮様〉について(連環画研究 第3号 2014年3月10日印刷)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4693
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。