Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 09月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 42 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

タイムスリップ信長vs三国志(2017年8月8日)


小説 ※関連記事 孟徳と本初 三國志官渡決戦録(2017年7月25日)

上記関連記事を書く際に知ったこと。

下記出版社サイトの下記書籍ページによると、講談社より2017年8月8日に鯨統一郎『タイムスリップ信長vs三国志』(講談社ノベルス ISBN978-4-06-299100-1)が820円(税別)で発売したという。下記ページを見ると、この作者は『タイムスリップ森鴎外』(2002年3月7日)、タイムスリップ戦国時代(2008年11月6日)、『タイムスリップ忠臣蔵』(2009年11月05日)、『タイムスリップ紫式部』(2010年11月2日)など、「タイムスリップ」シリーズを出しているので、これもその流れなんだけど、そのためかマンガ、アニメ、ゲームで見かけるタイムスリップだけでなく現代・未来だけでなく他の二つの時代の「vs」と複雑なことになっているんだろうね。あ、小説だと集英社でそういうのあったか、まぁそれは時代というよりどちらかというと人物のオールスター的なものだし、タイムスリップはしてないし。

・講談社BOOK倶楽部|最新公式情報満載! お気に入りの一冊に出会える書籍ポータル
http://bookclub.kodansha.co.jp/

・『タイムスリップ信長vs三国志』(鯨 統一郎):講談社ノベルス
http://bookclub.kodansha.co.jp/product?isbn=9784062991001

※関連記事
 自衛隊三国志(世界文化社)
 三国志ジョーカー 第5巻(2012年12月14日)
 『イナズマイレブンGO クロノ・ストーン』で劉備登場(2012年10月3日)
 三国恋戦記 魁(2017年8月25日)
 戦国ベースボール 三国志トーナメント編③赤壁の地獄キャンプ(2016年11月24日)

上記の書籍のページから下記に内容紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
炎燃え盛る本能寺。織田信長の前に現れたのは、21世紀の女子高生・うららだった! 劉備玄徳に成り代わった未来人・竜毘の陰謀で歴史が崩壊するのを防ぐため、三国志の時代にタイムスリップした二人。待ち受けるのは、呉蜀同盟は決裂し南東風も吹かない、何もかも変わってしまった“赤壁の戦い”だった。日本の織田信長は中国・三国志でも最強なのか!? その答えがここにある!
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「最強」にひっかかってしまうけど、織田信長は戦略的な結果はともかく局地的には史実でまけまくっている印象が。

あと講談社はこと三国に関しては吉川英治「三国志」を代表に昔から多くの三国ものをだしているけど90年代のマンガからは内容の幅広さも見せる印象があるね。

※関連記事
 講談社と三国志
 SWEET三国志(1992年2月25日-1995年5月25日)
 SD三国志(1992年8月15日-1993年1月15日)
 メモ:国立国会図書館で種々の三国マンガの連載開始を当たる(2013年9月30日10月1日)
 漫狂 2号「特集・横山光輝」(1979年11月25日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4332
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。