Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 07月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 41 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国志英傑伝 関羽(2012年1月14日)


  • 2011年4月18日(月) 02:21 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,881
映画 2011年4月28日に中国で香港伝記格闘映画『關雲長』(The Lost Bladesman)が公開されるというのを小耳に挟んで(つまり関羽字雲長の映画)、まず下記のサイト「Wikipedia」英語版を思い出しては公式サイトへのリンクがないかチェックしていた。

・The Lost Bladesman - Wikipedia, the free encyclopedia
http://en.wikipedia.org/wiki/The_Lost_Bladesman

そうすると昨日、上記ページの「Languages」に「中文」のリンクを見掛け、リンク先となる下記ページにアクセスする。

・關雲長 (電影) - 维基百科,自由的百科全书
http://zh.wikipedia.org/wiki/%E9%97%9C%E9%9B%B2%E9%95%B7_%28%E9%9B%BB%E5%BD%B1%29

そこの「外部鏈結」には「關雲長電影官方網站」とあって、つまり公式サイトへのリンクがあった。次のサイト(実際はその繁体字サイト)。

・关云长
http://www.gyc-movie.com/

URLの「gyc」は「關雲長」(繁体字表記)あるいは「关云长」(簡体字表記)の「Pinyin」である「Guān Yúncháng」から来ているのだろうね。公開は中国、香港で2011年4月28日から、台湾では2011年4月29日から、シンガポールでは2011年5月5日からだそうな。

余談だけどシンガポールといえば、『三國志Online』を開発した、KOEI Entertainment Singapore Pte. Ltd.があったり、『三国志大戦3 WAR BEGINS』の稼働エリアだったりする国だね。

※関連記事
 新作MMORPG『三國志 Online』 (コーエー)
 三国志大戦3 WAR BEGINS(2010年6月17日)

公式サイトを見ると、『三国演義』の「第二十五回 屯土山關公約三事、救白馬曹操解重圍」(官渡の戦いの前の白馬の戦い)あたりから始まり、「第二十七回 美髯公千里走單騎、漢壽侯五關斬六將」(千里行)辺りが描かれているようだね。

キャストに関しては前述のzh.wikipedia.orgから下記へ引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
演員 角色
甄子丹 關羽
姜文 曹操
孫儷 綺蘭
王柏杰 漢獻帝
安志杰 孔秀
聶遠 韓福
黑子 孟坦
余皚磊 卞喜
王學兵 王植
李宗翰 秦琪
方中信 劉備
陳紅 甘夫人
趙柯 糜夫人
邵兵 張遼
董勇 荀攸
錢小豪 顏良
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

それで未だ日本公開は決まっていないわけだけど、それを飛び越して邦題を予想してみる。
『關公』を『中国歴史ドラマ関羽』に、『三國之見龍卸甲』を『三国志』にした前例があることから原題の個性を無くしてしまった感じの『三国志関羽』と予想。あるいは『三国』を『三国志』としたが、いつの間にか英題をそのまま邦題に入れ込み結果的に重語的なタイトルになった『三国志 Three Kingdoms』の前例があることから『三国志 The Lost Bladesman』と予想。もしくは『赤壁』(英題『Red Cliff』)を英題をカタカナ表記にした『レッドクリフ』の前例(今では定着した感じだけど、当時、個人的に腰砕けな感じがあった)があることから『ロストブレイズマン』と予想。

※関連記事
 『中国歴史ドラマ 関羽』(BSジャパン)
 李仁港(ダニエル・リー)監督『三国志』報道まとめ
 「三国志」前篇 DVD-BOX(2010年12月10日)
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

まぁ、何か判れば追記予定。

※11/17追記。邦題が『三国志英傑伝 関羽』になり、日本での公開がヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町ほかにて2012年1月14日からに決まったそうな。そのため、この記事のタイトルを「關雲長(2011年4月28日)」から「三国志英傑伝 関羽(2012年1月14日)」に変更。というか、始めの予想がほぼ当たったか。悪い意味でベタやね。それにコーエーのシミュレーションRPGの『三國志英傑伝』を連想させるようなタイトルだし。

※リンク追記。
・ヒューマントラストシネマ渋谷・有楽町
http://www.ht-cinema.com/

※リンク追記。
・映画『三国志英傑伝 関羽 THE LOST BLADESMAN』オフィシャルサイト ドニー・イェン主演
http://www.sangokushi-kanu.com/
 ※重いんで未だに新着情報と劇場情報のページしか見れてない(キャスト・スタッフのページをみていたらブラウザが落ちた)。つまり配給会社は消費者の機会損失という経済的損失を被っている訳だからここらへんサイト制作者は重く受け取って欲しい。

<追記>
2011年12月8日に公式サイトがオープンした模様。公式サイトのmetaタグをdescriptionとkeywordsとを以下に続けて引用。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
『赤壁の戦い』の数年前、敵の曹操さえも惚れ込んだ一人の武将がいた。男なら「義」に生きろ!! ドニー・イェン主演 映画『三国志英傑伝 関羽 THE LOST BLADESMAN』2012年1月14日(土) ヒューマントラストシネマ渋谷&有楽町ほか新春ロードショー!
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
三国志英傑伝,関羽,ドニー・イェン,チアン・ウェン,スン・リー,公式サイト,オフィシャルサイト,監督・脚本アラン・マック,フェリックス・チョン,インファナル・アフェア,レッド・クリフ,義,武将,THE LOST BLADESMAN,日活,豪華キャスト
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今のところ、2012年1月14日から公開する映画館は東京で、ヒューマントラストシネマ有楽町、ヒューマントラストシネマ渋谷、キネカ大森、大阪でシネ・リーブル梅田。

新着情報から下記へ引用。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2011/12/17/ UP
前売り券絶賛発売中!
劇場窓口にて<通常版><ドニー・イェン版>の特別鑑賞券を(当日料金一般¥1800のところ)各¥1300(税込)にて発売中。
※<ドニー・イェン版>特別鑑賞券は、渋谷・有楽町・大森・梅田・神戸窓口(限定)にて発売中。

劇場窓口にて特別鑑賞券をお求めの方に”中国版オリジナルミニポスター”A、Bの2種類のうちいづれか1枚をプレゼント!! 無くなり次第終了です。
※一部劇場では特典をおつけしていない場合がございます。
※詳しくは劇場窓口にお問い合わせください。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

キャスト・スタッフのページから下記へ引用。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
キャスト
ドニー・イェン | 関羽
チアン・ウェン | 曹操
スン・リー | 綺蘭
アンディ・オン | 孔秀
ワン・ボーチェ | 漢・献帝
アレックス・フォン | 劉備

スタッフ
アラン・マック | 監督・脚本
フェリックス・チョン | 監督・脚本
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※リンク追記。
・「SGS(三国志)47」集合!三国志キャラクターなりきりコンテスト開催!
http://www.sangokushi-kanu.com/whats_new/news_7
 ※サイトが重いんでアクセスを敬遠していたんで、〆切後に気付いたが、日本公式サイトの上記新着情報ページ(12月28日更新)によると、ブロードメディアスタジオ試写室(地下鉄有楽町線・大江戸線:月島駅下車)にて「2012年1月12日(木)12:00~16:00」に「映画試写会とイベント」があり、そこで「「SGS(三国志)47」と銘打ち、47番目の神様である関羽やその他三国志に登場するキャラクターになりきった出場者を募集」しており、コスプレで「映画の主役である関羽はもちろんのこと、曹操や劉備等、「三国志」の有名キャラクターになりき」るらしい。「コンテスト出場者/10名/試写会+イベント鑑賞/15組30名」とのことで前者に選出されると招待状が送られたそうな。

※リンク追記。
・劇場情報を更新しました
http://www.sangokushi-kanu.com/whats_new/news_8
 ※この新着情報ページ(1月12日)によると劇場情報が追加されたとのこと。「北海道 ディノスシネマズ札幌 2012年2月25日~」、「愛知 名古屋ピカデリー 2012年2月18日~」、「京都 京都みなみ会館 2012年3月10日~」、「兵庫 シネ・リーブル神戸 2012年2月11日~」、「福岡 ワーナー・マイカル・シネマズ福岡 2012年3月3日~」

※リンク追記。
・入場者先着プレゼント実施!!
http://www.sangokushi-kanu.com/whats_new/news_9
 ※「明日14日(土)より公開となる「三国志英傑伝 関羽」 公開を記念して、横浜関帝廊でお参りした“特別クリアファイル”を入場時に先着でプレゼント」(1月13日13:13現在)とのことだけど、そのうち「関帝廊」が「関帝廟」と訂正されることを祈る。実地場所は「ヒューマントラストシネマ渋谷、ヒューマントラストシネマ有楽町、キネカ大森、シネ・リーブル梅田」とのこと

※リンク追記。
・歴ドル小日向とエレコミやつい、三国志愛で「赤壁の戦い」のような熱きバトル - 芸能ニュースラウンジ
http://newslounge.net/archives/4112
 ※アクセスログを見ると「01/13 (金) 19:06:41」に「歴ドル小日向とエレコミやつい、三国志愛で「赤壁の戦い」のような熱きバトル」という検索語句があったので、何かと思えば前述の「SGS(三国志)47」というイベントに小日向えりさんとエレキコミックやついさんが出演されたそうな。前者が諸葛亮、後者が関羽のコスプレ。一般出場者のコスプレは版権ものしかないような。
<追記終了>

※追記 関羽がやってくる ニャア!ニャア!ニャア!(2011年11月22日-12月24日)

※追記 関羽入館券(2011年12月3日-2012年3月)

※追記 十大三国志ニュース2011 後編

※追記 KAN-WOO/関羽 三国志英傑伝(2012年5月2日)

※追記 京劇「三国志」~古城会~(2012年8月4日)

※リンク追記。
・中国映画の全貌
http://www.ks-cinema.com/movie/chinesefilm2012/
※これによると東京都新宿区の新宿K's cinemaにて「中国映画の全貌2012」があって、そこで『三国志英傑伝 関羽』(原題『關雲長』)の放映が2012年10月18日18:40と28日16:00にあるそうな。また改めて記事にするかも。

※追記 三国志英傑伝 関羽(新宿K's cinema2012年10月18日28日)

※追記 三国志英傑伝 関羽(2013年9月28日29日、10月5日)

※新規関連記事 レポ:ゆるぷち三国志の集い ~忘年会も兼ねて...~(2016年12月3日)

※新規関連記事 三国志英傑伝 関羽(テレビ東京2017年5月14日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2004
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。