Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 12月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 301 - 330 / 510 件 (0.0112 秒). 検索条件の修正

301. ゲームジャーナルNo.58 曹操最大の危機(2016年3月1日)
ツイッターで「"官渡の戦い"」と検索して知ったこと。もう次の号が来るので早い目に記事に。 ・"官渡の戦い" - Twitter検索 https://twitter.com/search?f=tweets&vertical=default&q=%22%E5%AE%98%E6%B8%A1%E3%81%AE%E6%88%A6%E3%81%84%22&src=typd 下記サイトの下記ページによると、2016年3月1日に株式会社シミュレーションジャーナルより『ゲームジャーナル』No.58「曹操最大の危機~官渡の戦いから赤壁まで~」が3600円(税別)で発売したという。タイトルどおり、『三国志演義』の曹操を主役としたボードウォーゲームだという。 ・Game Journal.Net ゲーマーによるゲーマーのためのボードSLG専門誌 http://www.gamejournal.net/ ・最新号|Game Journal.Net ゲーマーによるゲーマーのためのボードSLG専門誌 http://www.gamejournal.net/new/ ※タイトルどおり、次の号が発売されたら更新されて元の情報が消えるのだろうね。

302. 十三支演義 偃月三国伝2(2014年4月17日)
※関連記事 十三支演義~偃月三国伝~ 上下巻(2013年11月15日、2014年2月15日) 今回、上記関連記事で予告した記事。 ・十三支演義 偃月三国伝2 http://www.otomate.jp/jyuzaengi2/ 上記サイトにあるように、2014年4月17日にアイディアファクトリー・REDよりPSP向けの女性向け恋愛アドヴェンチャーゲーム(いわゆる乙女ゲーム)『十三支演義 偃月三国伝2』が発売するという。上記サイトによると「ストーリー原案:広井王子/原 画:悌太/主題歌:植松伸夫」とのことだ。通常版が6264円(税込)、特別小冊子とドラマCD『安らぎの場所』のついた限定版が8424円(税込)、ツインパックが9504円(税込)で、予約特典にドラマCD『メゾン・ド・ジューザ~猫田4兄弟と大家一家とご近所さん~』があるそうだ。それ以外にも買うところによって店舗特典があって詳しくは上記サイトのページへ。店舗特典のドラマCDのところでやたら「関羽争奪戦」とあるのは関羽が主人公で女性設定だからだね。主人公だから「※名前変更可」とのことだけど、さらによく見るとシステムのところで「デフォルト名の『関羽』のままゲームを開始すると、/キャラクターたちが音声付で名前を呼んでくれます。」とのことで、それって音声面でのシステム的に「名前変更可」とはいえな(略) あとタイトルに「2」とあるのは下記関連記事にあるように2012年5月24日発売の『十三支演義 ~偃月三国伝~』の次作だからだ。 ※関連記事 十三支演義 ~偃月三国伝~(2012年5月24日)

303. 三國志 TOUCH LITE(GREE 2012年2月3日)
※関連記事 三國志2 (Android版2011年12月14日)  上記関連記事を書く際に気付いたこと。 ・TECMO KOEI GAMES iPhone CONTENTS http://www.gamecity.ne.jp/ip/ 上記サイトの「WHAT'S NEW?」の2011年9月15日付けに「「三國志 TOUCH LITE」 の配信が決定!」とある。 ・TECMO KOEI GAMES iPhone CONTENTS | 三國志 TOUCH LITE http://www.gamecity.ne.jp/ip/pc/j/g0018.htm そのリンク先が上記の商品ページだ。それによるとジャンルが「ゲーム/シミュレーション、ストラテジー」で、対応機種が「iPhone3GS、4、iPod touch(第4世代) iOS 4.0 以降が必要」で『三國志 TOUCH LITE』が発売日未定ながらSNS「GREE」でリリースされるという。→※追記。発売日が「2012年2月3日」になったのでタイトル変更。同時に『三國志2 LITE』のiPhone版もリリース(後述の関連記事に詳細)。 ・GREE http://gree.jp/ ※関連記事 100万人の三國志(GREE 2010年10月25日) ※追記 三國志2 LITE(GREE 2012年01月25日) 「GREE」内ということで価格は無料。何が「LITE」かというと、前述の商品ページによると、『三國志 TOUCH』の「シナリオ「董卓打倒」がゲームの中での2年間限定で無料プレイできます」とのことだ。 ※関連記事 三國志 TOUCH(2009年10月28日配信開始)

304. 三國志13 with パワーアップキット(2017年2月16日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/  上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2016年8月25日のNEWSによると「三國志13 with パワーアップキット PS4/PS3/Windows 今冬発売予定 公式サイトオープン!」とのことだ。 ※関連記事 12月10日は 歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日 ※追記 三國志カード(三國志 forスゴ得 2016年7月28日)  これは上記関連記事にあるように、1985年12月10日に歴史シミュレーションゲーム『三國志』が発売されたことにあわせ、12月10日を歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日にし、その30周年記念の2015年12月10日にそのシリーズの13作目を発売させようとしたものの、2016年1月28日に発売延期になった『三國志13』の派生ゲーム作品となる。 ・三國志13 http://www.gamecity.ne.jp/sangokushi13/ ※関連記事 三國志13(2016年1月28日)  前述のNEWSの文字にリンクしてあった公式サイトは下記。 ・三國志13 with パワーアップキット http://www.gamecity.ne.jp/sangokushi13/wpk/

305. 三国恋戦記~オトメの兵法!~(PS Vita 2013年4月25日)
※関連記事 ラヴ♥コレクション2013 in Autumn(2013年10月14日) 上記関連記事を作るのに際し、知ったこと。 ・PROTOTYPE http://www.prot.co.jp/ ・三国恋戦記~オトメの兵法!~ http://www.prot.co.jp/psv/sangokur/ 上記ゲーム公式サイトによると、乙女ゲーム『三国恋戦記~オトメの兵法!~』のPS Vita(PlayStation Vita)版が2013年4月25日にプロトタイプより6090円で発売されるという。「ショップ様オリジナル特典」はそれぞれ、あみあみ:図書カード、お宝創庫・ファミーズ:テレホンカード、ステラワース:ブロマイド2枚セット、中央書店コミコミスタジオ:図書カード、ネオ・ウィング:2Lサイズポートレート、楽天ブックス:PCデスクトップ壁紙 PS Vita版とあるのは、下記関連記事にあるように、すでに2010年3月19日にWindows版が、2011年6月16日にPlayStation2版が、2012年7月26日にPlayStation Portable版発売しているためだ。 ※関連記事  三国恋戦記~オトメの兵法!~(2010年3月19日)  三国恋戦記 ~オトメの兵法!~(2011年6月16日)  三国恋戦記~オトメの兵法!~(PSP 2012年7月26日)

306. 真・三國無双8(PlayStation4 2018年2月8日)
※関連記事 「真・三國無双」シリーズ キャラクター人気投票(2016年12月17日-2017年1月6日) てっきりすでに記事にしていて、それに追記するだけかと思っていたら、どうやら上記関連記事を思い違いしていたようだ。 ・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ ・真・三國無双8 http://www.gamecity.ne.jp/smusou8/ ※前作記事 真・三國無双7(2013年2月28日) ※派生作品記事 真・三國無双8 Empires(PS5/PS4/Nintendo Switch/Xbox Series X/Steam 2021年) 上記の「GAMECITY」の2017年5月11日のNEWSから引用するに「真・三國無双8新生。オープンワールド一騎当千!公式サイトオープン!」とのことで、上記の「真・三國無双8」サイトにリンクされてあった。発売日はまだ発表されておらず、PlayStation4対応ゲームのようだね。 ・PlayStation4 | プレイステーション http://www.jp.playstation.com/ps4/

307. 時空覇王伝 ~The story of chrono heroes.~(2012年9月4日-)
広告でたまたま見掛けたので記事に。 ・株式会社ASJ http://www.asj.ad.jp/ ・IR情報|株式会社ASJ http://www.asj.ad.jp/press/20120904.html 上記メーカーサイトの上記IR情報によると、株式会社ASJ(埼玉県川口市)がブラウザシミュレーションゲーム「時空覇王伝 ~The story of chrono heroes.~」の正式サービスを2012年9月4日より開始したという。上記のIR情報によると、そのゲームは「プレイヤーは、シーザーや坂本龍馬、卑弥呼等の十英雄の陣営に所属し」ということと、下記ゲーム公式サイトにあるストーリーによると、「ローマ帝国、三国時代、南北戦争…/古代より様々な英雄伝説を生みだしてきた地球。」とあり、キャラクターや設定等でどうやら三国が関わってきそうだ。 ・時空覇王伝 公式サイト -育成型戦略シミュレーションブラウザゲーム- by ASJ http://www.haoden.jp/ ※参照記事 無双OROCHI 魔王再臨(2008年4月3日)

308. 真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王(2017年7月28日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・張茂 (Zhang_Mao) on Twitter http://twitter.com/Zhang_Mao ・Twitter / Zhang_Mao: 恋姫が10周年とか、うっそだろ、お前 ... http://twitter.com/Zhang_Mao/status/874214726804185088 ※関連記事 大津曳山祭総合調査報告書(2015年6月12日) 下記のサイトの下記ページによると、2017年7月28日にBaseSonより乙女繚乱煩悩爆発覇道邁進歴史AVG『真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王』が9800円(税別)で発売するという。対応OSは「日本語版 Windows 7 / 8 / 8.1 / 10(32 / 64 bit)」とのことだ。 ・BaseSon OFFICIAL WEB SITE http://baseson.nexton-net.jp/ ・真・恋姫†夢想-革命- 蒼天の覇王 - BaseSon http://baseson.nexton-net.jp/kakumei-gi/ ※関連記事  恋姫†無双(こいひめむそう)  恋姫†夢想(仮)(2008年春)  『恋姫†夢想』『真・恋姫†無双』  真・恋姫†夢想~乙女繚乱☆三国志演義~(2010年9月22日-)

309. THE WORLD of THREE KINGDOMS(ロケテスト2014年1月8日-)
※関連記事 THE WORLD of THREE KINGDOMS(第2回ロケテスト2013年10月4日-6日) 上記関連記事の続き。ロケテストの続報。 ・SEGA|THE WORLD of THREE KINGDOMS 公式サイト http://3kingdoms.sega.jp/ 上記サイトにあるように、今年に入って、アミューズメント施設にあるビデオメダルゲーム(つまりアーケードゲーム)の『THE WORLD of THREE KINGDOMS』(SEGA製)のロケテストを、次々と開催されている。新宿スポーツランド本館(東京都新宿区)、セガ所沢(埼玉県所沢市)は2014年1月8日水曜日から、クラブ セガ 立川(東京都立川市)とクラブ セガ 綱島(神奈川県横浜市)は2014年1月10日金曜日から、クラブ セガ 秋葉原 新館(東京都千代田区)、サントロペ伊勢佐木町(神奈川県横浜市)、ラウンドワン 横浜駅西口店(神奈川県横浜市)、千葉レジャーランド野田店(千葉県野田市)は2014年1月15日水曜日から開催されるという。

310. THE WORLD of THREE KINGDOMS(正式稼働2014年2月26日)
※関連記事  THE WORLD of THREE KINGDOMS(ロケテスト2013年6月21日-24日)  THE WORLD of THREE KINGDOMS(第2回ロケテスト2013年10月4日-6日) 上記関連記事のように、過去ロケテストがあり、気付けば正式稼働したようだ。 ・THE WORLD of THREE KINGDOMS 公式サイト | スリキン | SEGA http://3kingdoms.sega.jp/ ・スリキン正式稼働決定! | http://3kingdoms.sega.jp/blog/?p=93 上記サイトの上記ページにあるように、SEGAよりリリースされた、アミューズメント施設にあるビデオメダルゲーム(つまりアーケードゲーム)である、『THE WORLD of THREE KINGDOMS』が2014年2月26日に正式稼働したという。どこの店舗で遊べるかは、上記公式サイトを参照のこと。上記ページにはそのポスター画像があって、「三國志に名を刻め」がキャッチフレーズのようだね。あと「立ち上がれ!」「駆け抜けろ!」「掴み取れ!」の文字が添えられる。

311. 三国志VERSUS(2012年3月13日)
※関連記事 三国INFINITY(2012年5月31日) 上記関連記事を書く際に知ったこと。 ・株式会社ポケラボ - Pokelabo, Inc. http://pokelabo.co.jp/ ・2012.03.13 Mobage向けソーシャルゲーム『三国志VERSUS』提供開始 (※上記サイトのプレスリリース) http://pokelabo.co.jp/news/press/2012/0313.html 上記プレスリリースによると、「Mobage(モバゲー)(URL:http://mbga.jp )」にて株式会社ポケラボより2012年3月13日にカードRPG『三国志VERSUS』がリリースされたという。もちろんMobageなので、ソーシャルゲーム。そしてベタにコレクション欲を煽るカードゲームで、もちろんアイテム課金制。 ・モバゲー http://mbga.jp/ フィーチャーフォン版: http://pf.mbga.jp/12008879/ ※Mobage関連記事 大戦乱!!三国志バトル(Mobage2012年5月25日)

312. 三國志2 LITE(GREE 2012年01月25日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」を見ると、2012年1月25日のNews Releaseに「『三國志2 LITE』 (Android版) 本日配信開始!」と書いてあって、その文字に下記URLにリンクされてあった。 ・TECMO KOEI GAMES SNS CONTENTS | 三國志2 LITE http://www.gamecity.ne.jp/sp/j/ad/04_san2lite.htm 上記ページによるとジャンルが「ゲーム/カジュアル」で、対応機種が「Android OS 2.2以降対応機(※OS 3.0対応機および一部端末は非対応)」で『三國志2 LITE』が2012年01月25日にSNS「GREE」でリリースされたという。「GREE」内ということで価格は無料。 ・GREE http://gree.jp/

313. 三国志大戦 セガ公認店舗大会(2013年8月10日-9月1日)
※関連記事 三国志大戦3 Ver.3.595(2013年7月10日) 上記関連記事で下記の公式サイトを見ていて、知ったこと。明日の開催なので取り急ぎお伝えする。 ・三国志大戦3公式ウェブサイト http://www.sangokushi-taisen.com/ 上記の公式サイトの2013年7月22日の情報によると、2013年8月10日から9月1日まで『三国志大戦3』のセガ公認店舗大会が開催されるという。配布称号は「優勝者:孟徳」「準優勝者:仲達」「敢闘賞:文遠」とのことだ。具体的な店舗やそれぞれの開始日時は上記公式サイトで8月7日に公開された。

314. 真・三國無双 Online Z PS3版 無料ダウンロード配信(2014年2月20日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2014年2月20日のNews Releaseによると『真・三國無双 Online Z』の「本日よりPS3版 無料ダウンロード配信開始! 初心者向けバーチャルパック発売!」とのことで、下記サイトの下記ページへリンクされていた。 ・公式サイトトップ | 真・三國無双 Online Z (基本無料) http://www.musou-online.jp/ ・初志貫徹バーチャルパック発売!|『真・三國無双 Online Z』 http://www.musou-online.jp/announce/140220/01/

315. 横山光輝三国志上海パズル(2014年4月)
※関連記事 横山光輝 高精度複製原画(2013年10月20日) 上記関連記事で、光プロのサイトにアクセスしたときに知る。 ・横山光輝オフィシャルサイト http://www.yokoyama-mitsuteru.com/ ・横山三国志 上海パズル(2014/05/ 1) http://www.yokoyama-mitsuteru.com/DB/usr/Search.php?main_table_no=7&template_name=update_details.html&m_prk=148&search_type_m_prk=3 上記ページで下記サイトの下記ページにリンクされており、その2014年4月30日の記事によると、2014年4月にPS Vitaを含めたPlayStation MobileにてSony Digital Entertainment Services Inc.より『横山光輝三国志上海パズル』が配信されたという。料金は「無料(有料課金あり)」とのこと。 ・ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス http://sonydes.jp/ ・PlayStation VITAに横山光輝の名作『三国志』のパズルゲーム登場! 諸葛孔明と共に「上海パズル」で敵将と戦おう! - ソニー・デジタルエンタテインメント・サービス http://sonydes.jp/blog/2014/04/playstation-vita.html 対応機種は下記サイトを参照のこと。 ・PlayStation Mobile | プレイステーション オフィシャルサイト http://www.jp.playstation.com/psn/psm/ ※関連記事 上海 三国牌闘儀(2009年9月8日)

316. 三国志ツクール(2015年12月10日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2015年12月3日のNewsによると「三国志ツクール 2016年12月10日発売 公式サイトオープン! プロモーションムービー公開」(※原文ママ。「2015年」の誤り)とのことで、下記サイトへリンクされていた。 ・三国志ツクール http://www.gamecity.ne.jp/san_tkool/ ※関連記事  12月10日は 歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日  コーエー三國志シリーズ関連リンク集 つまり2015年12月10日(上記関連記事にあるように歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日)に『三国志ツクール』がリリースされるという。対応機種は 「Windows Vista/7/8/8.1/10(Steamアカウント必須)」で、販売価格は900円(税別)でおそらくネット配信だろう。上記サイトから引用するに「名作『三國志II』のシステムでオリジナル歴史SLGをツクろう!」とのことでベースのシステムは『三國志II』だ。同時に『三国志ツクール』フリープレイ版が無料配信される。上記サイトから引用するに「みんながつくったオリジナル「三国志」を遊ぼう!」とのことで、そこから意図を汲み取るにフリープレイ版は『三國志II』システムにて他人が作ったのをネットを通じて遊べるのだけど「ツクる」ことができないといったところだろうか。

317. 新三國志手機版(2017年11月16日正式リリース)
※関連記事 三國志2017(中華人民共和国2017年?) 上記関連記事の続報になる。『三國志2017』からよりプレイヤーにわかりやすいタイトルを変更になったようだね。 ・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ ・コーエーテクモ INFORMATION『三國志2017』台湾、香港、マカオでサービスイン! | 2017年 | ニュース | 株式会社コーエーテクモホールディングス https://www.koeitecmo.co.jp/news/2017/11/2017-3.html ※関連記事 KOEI TECMO CAFE & DINING(2017年8月10日-) ※新規関連記事 『真・三國無双2』が「PlayStation 25周年特別賞」を受賞(2019年12月3日PlayStation Awards 2019) ※新規関連記事  三國志 真戦(2021年5月19日-) 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2017年11月16日のコーエーテクモ INFORMATIONによると、上記ページにあるように、「『新三國志手機版』台湾、香港、マカオでサービスイン!」とのことだ。

318. ARC STYLE: 三国志タワーディフェンス~銅牆鉄壁~(2010年7月28日)
まだストック記事があって、新しいニュースの前にどれだけ消化できるかになりそうだ。 ※関連記事 VS三国志(2010年9月9日) ※追記 三国TD-春(2011年1月25日) 上記関連記事で触れたゲームと今回紹介するゲームでようやく気付いたんだけど、「タワーディフェンス」というゲームの一ジャンルがあるそうな。その名の通り「城を守る」ことがフィーチャーされるジャンルだという。 ・ARC SYSTEM WORKS OFFICIAL WEBSITE http://www.arcsystemworks.jp/ ・『ARC STYLE:三国志タワーディフェンス~銅牆鉄壁~』配信開始! (※上記サイト新着情報) http://www.arcsystemworks.jp/index.cgi?eid=298 上記サイトの上記新着情報によると、2010年7月28日にアークシステムワークスよりニンテンドーDSiウェアの『ARC STYLE:三国志タワーディフェンス~銅牆鉄壁~』が500DSiポイントで配信開始されたという。それにしても「三国志」を題材としたジャンルが「タワーディフェンス」のゲームでこのタイトルってそのままだね。 このニンテンドーDSiウェアで使われるDSiポイントは1ポイント=1円換算であり、コンビニエンスストアで買えるプリペイド方式の単位だという。ニンテンドーによるシステムで、プリペイドカードは1000、2000、3000、5000円とある。つまり500DSiポイントは500円に相当し、この値段で1ゲームで任天堂のシステムと来れば、「ファミリーコンピュータ ディスクシステム」の「書き換え」サービスを連想してしまう……とこう書いてもわかんない人が多いと思うので、そういう方はネットで検索してね。 話を戻し、『ARC STYLE:三国志タワーディフェンス~銅牆鉄壁~』の公式サイトを下記に示す。 ・ARC STYLE:三国志タワーディフェンス http://www.arcsystemworks.jp/arcstyle/sangokusi/

319. 王者荣耀で三国英雄(2015年11月26日)
日本のゲームの話じゃないので以下、プチネタ。 ・「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む http://blog.livedoor.jp/kashikou/ ・中国の大人気ソシャゲ、女神女カを出そうとして忖度して改名したら炎上してまた戻すことに? http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/52084742.html ※関連記事 オタ中国人の憂鬱(2011年1月) 上記ブログの上記ブログ記事で知ったんだけど、下記サイトにあるように、中国のゲームに2015年11月26日にリリースされた『王者荣耀』というのがあるそうで、その中のキャラクターで三国の人物が出てくるそうな。 ・王者荣耀官方网站-腾讯游戏 http://pvp.qq.com/ ※関連記事  三国TD-春(2011年1月25日)  Fate/Grand Order(2015年7月31日-)

320. 真・三國無双 MULTI RAID 2 HD Version(2012年7月26日)
・GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスの公式ポータルサイト「GAMECITY」で知ったこと。 ・真・三國無双 MULTI RAID 2 HD Version http://www.gamecity.ne.jp/musoumr2/hd/ 上記公式サイトによると2012年に据置ゲーム機であるPS3用で『真・三國無双 MULTI RAID 2 HD Version』が発売するという(※追記。2012年7月26日に4278円で発売)。名前の通り2010年3月11日発売の、ポータルゲーム機のPSP用の『真・三國無双 MULTI RAID 2』の移植作品といえるだろう。あるいは2009年10月1日発売のPS3/Xbox360ゲーム『真・三國無双 MULTI RAID Special』の続編だろう。 ※関連記事  『真・三國無双 MULTI RAID 2』(PSP版)2010年3月11日発売  真・三國無双 MULTI RAID Special(PS3/Xbox360版、2009年10月1日)

321. 三國志12(PS Vita2013年2月7日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2012年10月31日のNews Releaseによると「『三國志12』 (PS Vita版) 2013年2月発売決定!」とのことで、次のサイトにリンクされていた。 ・三國志12 http://www.gamecity.ne.jp/sangokushi/12vita/ そのサイトによると、2013年2月にポータブルゲーム機であるPS Vita用のシミュレーションゲーム『三國志12』がPS Vitaカード版が8190円、ダウンロード版が7100円で発売するという。下記関連記事にあるようにすでにそのWindows版は発売しており、さらにそのPS3版、Wii U版が2012年12月13日に発売予定なので、PS Vita版は移植作だと言えるだろう。 ※関連記事  三國志12(2012年4月20日)  三國志12(PS3/Wii U 2012年12月13日)

322. 蒼天航路ソーシャル(GREE2012年12月13日)
たまたま見掛けたので記事に。 ・「蒼天航路」ソーシャルゲーム 公式サイト http://souten-social.jp/ 上記サイトにあるように、2012年12月13日にGREE (フィーチャーフォン, iPhone, Android)のプラットフォームにてFieldsグループのFutureScopeよりカードバトルRPG『蒼天航路ソーシャル』の配信が開始されたという。ジャンルがベタなら価格もベタで「無料(アイテム課金あり)」ということでビジネスモデル的には特に目新しいことがなく、最大の売りはやはりタイトルにある李學仁/原案、王欣太/作画『蒼天航路』(マンガ)を題材にしたことだろう。 ※関連記事 2005年11月10日「蒼天航路」堂々完結 ・株式会社フューチャースコープ http://www.futurescope.jp/ ・蒼天航路 | 株式会社フューチャースコープ http://www.futurescope.jp/newvalue/social/soten/

323. 真・三國無双 Online Z 6周年バーチャルパック(2013年11月28日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2013年11月28日のNews Releaseによると「『真・三國無双 Online Z』 (Win/PS3版) 「6周年バーチャルパック」 発売」とのことで、下記サイトの下記ページへリンクされていた。 ・『真・三國無双 Online Z』公式リニューアルガイド http://www.musou-online.jp/ ・6周年記念!バーチャルパック発売!|『真・三國無双 Online Z』 http://www.musou-online.jp/announce/131128/02/ つまり下記ページから引用するに、MMOアクションゲーム『真・三國無双 Online』の「6周年を記念して、ユニーク武器や新服飾、お役立ちアイテムなどをセットにした、「6周年バーチャルパック」を「Weeeple」「GAMECITY」の両ポータルサイトにて販売いたします。ユニーク武器「罰刀(ランク6)」を含む、とてもお得な内容になっています」とのことだ。上記ページによると2900円とのことで、ユニーク武器「罰刀(バット)」【ランク6】、煌聖騎士服飾全身セット(+8)、軍資金60,000、超尉繚子×6個、超緯書×6個、極鎮身活丹×6個とのことだ。罰刀は「※元武器は「青龍刀」です。性能は、元武器とは若干異なります」とのことだけど、ビジュアルは野球のバットそのものというユニークさ。実際の店舗で購入するわけではないので、「バーチャル」ということなんだろうかね。 ・祝・6周年!感謝キャンペーン開催!|『真・三國無双 Online Z』 http://www.musou-online.jp/announce/131128/01/#tab09

324. 三國志 TOUCH Plus for iPad(2010年6月9日配信開始)
・GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記コーエーテクモのポータルサイト「GAMECITY」の2010年6月9日のニュースリリースを見ると、2010年06月09日からiPad用ゲームの『三國志 TOUCH Plus for iPad』の配信が開始されたという。価格1800円。 ・三國志 TOUCH Plus for iPad http://www.gamecity.ne.jp/sangokushi/ipad/ 上記公式サイトにあるように、このゲームは2009年10月28日配信開始した『三國志 TOUCH』をiPad用に再構築化したゲームだそうな。 ※関連記事 三國志 TOUCH(2009年10月28日配信開始) 個人的には「Plus」部分の「ifシナリオが3本追加されるほか、領地や武将データのエディタ機能、新武将の作成や新武将君主でのゲームプレイが加わり、プレイの幅がさらに広がります」(上記公式サイトより)というあたりが売りなのかな、と思った。 ※追記。サイト「GAMECITY」によると「2012年03月27日 『三國志 TOUCH Plus for iPad』 ”新しいiPad発売記念キャンペーン”を開始!」とのことで、「※2012年3月27日~2012年4月2日まで」、「1,800円(税込) → 900円(税込)」になるそうな。

325. 無双☆スターズ(2017年3月30日)
旅行中、下記ブログの下記ブログ記事で思い出す(※会社名にブログ名を書いて恥ずかしい思いをするくだりにはウケた)。TOKYO GAME SHOWのことね、千葉県の幕張メッセで開催されている。 ・このつまらない世界に終止符を http://www.naruki-h.com/ ・東京ゲームショー2016 潜入レポ!!!ゲーム業界熱すぎる!!!! - このつまらない世界に終止符を http://www.naruki-h.com/entry/tokyogameshow2016 下記関連記事にある恒例のコスプレコンテストは今年はないようだね。 ※関連記事 コーエーテクモ コスプレコンテスト in TGS2015(2015年9月20日) 下記特設サイトを見ると、ステージイベントで三国と関係するのは一般公開日の2016年9月17日土曜日、18日日曜日の両日の各12時から13時まで開催される「『三國志13 with パワーアップキット』スペシャル生番組」だね。「出演:利川 哲章プロデューサー 、北口徒歩2分(週刊ファミ通編集部) ほか」とのこと。 ・コーエーテクモゲームス TOKYO GAME SHOW 2016 特設サイト http://www.gamecity.ne.jp/tgs2016/ ※関連記事 三國志13 with パワーアップキット(2017年2月16日) それで三国の出展タイトルとして出ていたのが、PS4/PS Vita対応の『無双☆スターズ』。三国に関係ないと思って動画を見たら、「真・三國無双」シリーズの趙雲字子龍を見かけたので記事にしてみた。 ・無双☆スターズ(PS4/PS Vita) http://www.gamecity.ne.jp/stars/ ※関連記事 無双OROCHI(2007年3月21日)  ※無双シリーズのキャラクターが一堂に会するお祭りゲームの元祖発売からもうすぐで十年かぁ(遠い目)。

326. 三國志レギオン(Android版2017年3月30日、iOS版4月7日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記の「GAMECITY」の2017年3月30日のNEWSから引用するに「三國志レギオン Android版 本日配信開始!」とのことで、下記ページへリンクがはられていた。つまり「三國志レギオン」のAndroid版(Android 4.4以上対応機種)が2017年3月30日、iOS版(iOS 8.0以上)が4月7日に配信されたという。価格は「基本プレイ無料(アイテム課金)」、ジャンルは「タクティカル部隊アクション」。ちなみにlegionは「軍隊、多数、歩兵軍団」という意味。下記関連記事から見ると、2年遅れでようやくリリース? ・三國志レギオン http://www.gamecity.ne.jp/legion/ ※関連記事  三國志レギオン(2014年度冬)  真・三國無双ブラストサービス終了(2016年3月23日)  真・三國無双 SLASHサービス終了(2017年1月23日)

327. 三國志 30th Anniversary in TGS2015(2015年9月19日20日)
※関連記事 コーエーテクモ コスプレコンテスト in TGS2015(2015年9月20日) 上記関連記事の続きになるのかな。 ・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記コーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2015年9月10日のNewsに「2015/09/10東京ゲームショウ 2015 ブースマップ(展示物)やキャンペーン公開!」とあり、そこには下記サイトへリンクがはってあった。 ・コーエーテクモゲームス TOKYO GAME SHOW 2015 特設サイト http://www.gamecity.ne.jp/tgs2015/ 上記ページにあるように、「東京ゲームショウ2015」が千葉県千葉市美浜区幕張メッセで開催され、コーエーテクモブースでも様々なゲームが出展され、中でも三国に関係するのは下記のページの「三國志 30th Anniversary」のところだ。出展内容は下記引用するに「シリーズ歴代キービジュアルや原画展示、『三國志Ⅱ』の試遊など盛りだくさん!さらに“諸葛孔明”顔出しパネル撮影コーナーも!」とのことだ。※追記。『三國志13』の例の諸葛亮人形が展示されるそうな。 ※関連記事 三國志13(2016年1月28日) ・三國志 30th Anniversary http://www.gamecity.ne.jp/tgs2015/booth.html?name=.s04 ・東京ゲームショウ2015 | TOKYO GAME SHOW 2015 http://expo.nikkeibp.co.jp/tgs/2015/ ・幕張メッセ オフィシャルWebサイト http://www.m-messe.co.jp/ 「東京ゲームショウ2015」自体は上記の二つ目のサイトにあるように、2015年9月17日木曜日と18日金曜日をビジネスデイとして(つまり一般参加不可)、一般公開で19日土曜日20日日曜日と開催される

328. Rise of Kingdoms―万国覚醒―(2019年12月16日)
下記のTwitter Accountの下記のStatusで知ったこと。 ・TORUS (ukeiretayo) on Twitter http://twitter.com/ukeiretayo ※新規関連記事 リンク:中国獅子舞 日本神戸華僑總會舞獅隊 春節表演 桃園結義(神戸南京町2020年1月24日) ・Twitter / ukeiretayo: 私の乗った山手線の尊みをご覧下さい ... https://twitter.com/ukeiretayo/status/1221021017146966017 下記公式サイトの下記ページにあるようにLILITH GAMESから「2019年12月16日から、スマートフォン向けリアルタイム型戦略シミュレーションゲーム『Rise of Kingdoms―万国覚醒―』Android版、iOS版の正式サービスを開始」したとのこと。「基本プレイ無料(アプリ内課金あり)」とのこと。何が三国と関係するかというとCHARACTERのページを見ると源義経、ユリウス・カエサル、ハンニバル、アレキサンダー、チンギス・カンと並ぶ中、二番目に「中国代表」の曹操がいる。 ・Rise of Kingdoms ―万国覚醒― 公式サイト http://rok-jp.lilithgames.com/ ・サービス開始のお知らせ http://rok-jp.lilithgames.com/news_detail.html?id=1

329. 三國志(ニンテンドー3DS版2013年9月19日)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2013年6月13日のNews Releaseによると、下記ページにリンクがあり、2013年9月19日に『三國志』(ニンテンドー3DS版)がパッケージ版5040円、ダウンロード版4500円で発売するという。 ・三國志 | ニンテンドー3DS版 http://www.gamecity.ne.jp/sangokushi/s3ds/

330. 真・三國無双 激闘版(仮称)(2016年?)
・コーエーテクモゲームス|GAMECITY http://www.gamecity.ne.jp/ ・パーフェクトワールド、ChinaJoy 2016にて中国版『真・三國無双 激闘版(仮称)』を公開 | 2016年 | ニュース | 株式会社コーエーテクモホールディングス https://www.koeitecmo.co.jp/news/2016/07/china-joy-2016.html ※新規関連記事 三國志2017(中華人民共和国2017年?) 上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2016年7月29日のコーエーテクモ INFORMATIONによると、上記ページにあるように、「パーフェクトワールド、ChinaJoy 2016にて中国版『真・三國無双 激闘版(仮称)』を公開」とのことだ。上記ページより下記に引用することが書かれてあった。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 中国最大級のゲームイベント「ChinaJoy(チャイナジョイ)2016」に出展した完美世界(北京)数字科技有限公司 (Perfect World Co., Ltd.、本社:中国北京市、CEO:萧泓(ロバート・ホン・シャオ)、 以下:パーフェクトワールド)は、 開発中のiOS、Android用アプリ、中国版『真・三國無双 激闘版(仮称)』を公開しました。 パーフェクトワールドは、当社のゲームタイトル『真・三國無双6』をベースに開発した『真・三國無双 激闘版(仮称)』を、世界最大級の市場、中国にて運営していくことを決定しています。 当社からは「真・三國無双」シリーズ プロデューサー 鈴木亮浩が登壇し、現地開発者を交えて実機プレイを披露しました。 ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・ChinaJoy - 中国国际数码互动娱乐展览会 http://en2016.chinajoy.net/ ・完美世界- 完美娱乐世界同享 http://www.wanmei.com/ ※関連記事 SEKIHEKI(2009年6月22日)