Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 07月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

掲示板 件名 最新投稿

7月31日(日)「三国志シンポジウム」開催


  • 2005年3月20日(日) 00:53 JST
  • 投稿者:
    KJ
  • 閲覧数
    1,358
教育機関 2005年7月31日(日)午前10時~午後3時、大東文化大学の東松山キャンパスで「三国志シンポジウム」が開催されます。これは受験生向けの夏のオープンキャンパスの一角として行われるものですが、高校生だけでなく大学生・一般市民・研究者も対象としています。

http://www.daito.ac.jp/top2.html
↑大東文化大学

三国志シンポジウムは、オープンキャンパスの一環として行われるため、シンポジウム会場には時間内であれば自由に出入りできるようです。そのため、気軽に参加できると思います。事前申し込みなどはありません。当日いきなり来てOKです。聞きたいところだけ聞くのもOKです。

特に、三国志をもっと知りたい勉強したい中学生・高校生の皆さんは参加されてみては如何でしょうか。大東文化大学・中国学科には、中国史に関する資料で揃わないものは無いというくらいの蔵書量があります。三国志を勉強・研究するための文献にはまず困りません。サポートも充実しているようです。

お題目や内容は詳しく分かり次第、追って連絡します。

午前:お話が4テーマほど。
午後:討論会など。

2005年 三国志が熱い!


  • 2005年1月16日(日) 23:54 JST
  • 投稿者:
    KJ
  • 閲覧数
    1,352
教育機関 今年は三国志が熱い!
1月から三国志ネタが目白押しです!

■三国志専門のコミック誌「三国志マガジン」が1月28日創刊!

■海洋堂三国志フィギュアコレクションの第弐集が3月発売予定!

■2005年夏、三国志シンポジウム開催予定!
 (追加情報が入り次第を掲載していきます)

□参考
 http://overload-system.net/
 ↑OVER LOAD
 http://www5d.biglobe.ne.jp/~ryuzen/
 ↑りゅうぜんず
 http://www.doblog.com/weblog/myblog/3040/878458
 ↑三国志漂流
 http://blog.livedoor.jp/arrow12ds/archives/12171945.html
 ↑あるいはシーラカンスのみる夢

渡邉義浩先生の講座(朝日カルチャーセンター・横浜、2002年)


  • 2004年11月26日(金) 16:03 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,371
教育機関  方々でこのネタを紹介しているような気がするけど、まぁ、いいコンテンツはより多くの人に知られた方がいいってことで。

 一言、三国志ジャンルって言ってもいろんなメディアにまたがっている。小説、漫画、ゲーム、コラム、劇………。まぁ、こういった創作系はある程度、三国志ファンをやっている方にとっては容易に想像できると思う。
 それで今回、紹介するのはなんと、カルチャーセンターで行われた講座の話。しかも講師はそこらへんにいるような人じゃなく、「名士」論でおなじみの渡邉義浩先生(代表著作、「図解雑学 諸葛孔明」、「三國政権の構造と『名士』」等)。その講座等を受けたときにとった授業ノート(?)を公開しているサイトさんがいるのだ。
http://homepage1.nifty.com/gloria/
↑「GLORIA'S WEB PAGE」。ここのサイトの「過去のあなたにFAN CALL」→「三国志」→「グロリアの見たり(読んだり)、聞いたり、遊んだり(笑)」ってところ。
 こういうのがいろんなところで行われると「身近な学問」といったようですばらしいと思うんだけどな。