Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 05月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

リンク:ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭(早稲田ウィークリー2023年7月4日)


ネット ※前の記事 漫画とアニメーション、大人漫画と子供マンガ、商業と非商業の交差(FLiP Vol.1 2023年7月1日)

 2023年7月5日水曜日、下記のTwitter Accountの下記のStatusで知る。

・早稲田ウィークリー (wasedaweekly) on Twitter
https://twitter.com/wasedaweekly

・Twitter / wasedaweekly: 【ぴーぷる】 ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭 『三国志』は3世紀の中国で書かれた歴史書で、全65巻に及びます。中国語の原文や日本語の全訳を買ったために、本棚は『三国志』で埋め尽くされてしまっていると佐藤大朗さんは話します。 https://waseda.jp/inst/weekly/news/2023/07/04/110515/ ...
https://twitter.com/wasedaweekly/status/1676168986390839296

 下記のサイトの下記ページにあるように、ウェブサイトの「早稲田ウィークリー」にて2023年7月4日に大学院文学研究科 修士課程 2年 佐藤大朗さんへのインタビュー記事「ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭」が公開された。

・早稲田ウィークリー
https://www.waseda.jp/inst/weekly/

※関連記事 メモ:日本古代神将像の甲冑(早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要 1 2000年3月)

・ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭
https://waseda.jp/inst/weekly/news/2023/07/04/110515/

・早稲田ウィークリーに取材していただきました|佐藤ひろお|三国志研究中
https://note.com/hirosatoh3594/n/ndd40ee350a05
※インタビューイによる「note」での2023年7月6日 08:34記事

※追記・勉強を発信する態度/整合性なきインタビュー記事|佐藤ひろお|三国志研究中
https://note.com/hirosatoh3594/n/nf30cbce480ee
※インタビューイによる「note」での2023年7月15日 10:53記事

※関連記事 三国志研究家チャンネル(YouTube2023年5月7日-)

※新規関連記事 リンク:私は三国志を人生にこのように活かした(note佐藤ひろお|三国志研究中2023年7月22日)

 上記関連記事にあるYouTubeのチャンネルにも触れられるいるし、渡邉義浩先生の研究室での写真、「泣いて馬謖を斬る」という掛け軸(番組美術?)があるのがわかるし(いやそれを弟子との談話写真に映り込んでいるのはウケるね)、三国志ファンにとってもあれこれ見どころがあるのだろうね。

※関連記事
 十八史略で読む「三国志」(2012年8月25日)
 三國志研究第十四号(2019年9月14日)


 日常の記述に戻って7月6日木曜日、oftun研究所の作業配信!今日はゲーム配信のため2コマだけだそうで。それに参加して1時33分、三国志ニュースの記事「メモ:日本古代神将像の甲冑(早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要 1 2000年3月)」アップ、3時10分、三国志ニュースの記事「夏の饗宴:三国志と美女の調べ~借趙雲・昭君出塞(東京世田谷区2023年8月5日)」アップ。3時29分、TwitterのトレンドでThreadsって(笑)。三国志ニュースの記事「リンク:“赤壁の戦い”って結局どんな戦い?(YouTube 2023年5月23日)」を書く、5時59分アップ。7月7日金曜日、アニメ「呪術廻戦」#25 2期を見る。五条先生の呪術高専時代。声を聞いてもそうは思わないのだけど、キャストを見ると、悟・傑は次男・長男って思ってしまうね。アニメ「カミサマ活動」第1期最終回。原作があって続く展開なのだけど、振り返れば面白かったな。音楽を信仰の力にするあたりとか、マクロスを思い出す。マンガカフェyomigaeruへ。春アニメの原作状況を調べるに、『天国大魔境』1巻2018年7月 2018年3月号からで、アニメ1期が7巻(2022年3月)天国側でp51まで 2021年10月号。アニメ1期で構成上からか天国と魔境とでは進捗が違うけど、進んでる天国で見ると7巻p51まで、アフタヌーン2018年3月号から2021年10月号までの三年半ぐらい。だとしたら単純に計算してアニメ2期があるとしたら2025年の半ばぐらい?そして6月23日発売の『天国大魔境』9巻を読む、面白かった。そこも繋がってたか天国と魔境。あとマルの名前の由来とか、あの探していたドクターが実は猿渡だったとか。『スキップとローファー』1巻2019年1月 2018年10月号から。アニメ1期 4巻(2020年8月) 2020年9月号まで。同じアフタヌーン連載で同時期にアニメ化された「スキップとローファー」のアニメ1期は単行本4感の最後まで。アフターヌーン2018年10月号から2020年9月号までの2年間ぐらいだから原作のたまり具合だけをいったら2期もすぐいけるってことか。1時間半利用で帰宅。京阪ライナー、七条駅から出町柳駅までライナー券がいらないだなんて。早く帰ってきた理由は下記の同時視聴を見るため。映画「ゼロ・グラビティ」。友仁さんが主役にツッコミを入れ続けるのが見どころか?映画自体初見だったのもあって、そしてリアリティのある作品で楽しめた。

・【同時視聴|ゼロ・グラビティ(字幕版)】今日は七夕!星!宇宙!SFだ!!『ゼロ・グラビティ』を一緒に観よう~!!【薄荷爽凛 / 星居友仁 / Vtuber】 - YouTube
https://www.youtube.com/live/9u8KBTeG7zs

※関連記事 メモ:日本古代神将像の甲冑(早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要 1 2000年3月)

※新規関連記事 中国の城郭都市(ちくま学芸文庫2023年9月7日)

※次の記事 パリピ孔明 14巻(2023年7月6日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6481
  • リンク:ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭(早稲田ウィークリー2023年7月4日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。