Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 05月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 71 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

「連環画」と「仮想的自己」試論(連環画研究 第10号 2021年9月30日印刷)


研究 ※前の記事 中国古代の楽制と国家(2013年11月)

 2022年1月1日10時11分、本年は三国志八宝茶 関羽 から。下記関連記事で触れた『連環画研究』第10号について。

※関連記事 論語集解: ―魏・何晏(集解)  上下(2021年12月20日)



 そのpp.200-201武田雅哉「そろそろ暖簾おろします」にあるように、残念ながら今号で「とりあえすのお開き」とのこと。一応、三国ネタを見かけたので記事に。それはpp.148-199奥田寛「「連環画」と「仮想的自己」試論――「直交パターン」から「認知科学」の世界へ」の論文。

※前号記事 〈小人書林迷走録〉――養豚連環画に迷いたい(1)(連環画研究 第9号 2020年3月10日印刷)

 論文の本筋で三国ネタが絡むってわけではなく、連環画の絵についての論の比較対象として、p.178からの「11. 「情緒(感情)」をもたらす「ツール」」でp.178「図49 『朱然墓出土漆案』」が出てくる。下記関連記事にあるように朱然墓から出土した漆器で、そこに描かれる絵が引用される。

※関連記事 リンク:宮闈宴楽図漆案についての考察と画像(2017年12月1日)

 同列にp.179「図50 顧閎中『韓煕載夜宴図(部分)』(10世紀、宋摹本)」、p.179「図51 仇英 漢宮春暁図(部分)(明)」、p.180「図52 『蘇州市商景図冊(部分)』(清)」と続き、それぞれ著者による丸線の記入がある。それらは覗く人の絵。つまりは論文タイトルにある「仮想的自己」。覗く人が絵の世界においての、絵を見る人にとっての「仮想的自己」ということで、中国歴代の絵画に描かれた「覗く人」がピックアップされる。朱然墓から対象時代をひろげて後漢時代だともっと絵画、というか画像磚石があるのに、なぜ朱然墓が選ばれたのか、というとやはりこの「覗く人」が明確に描かれているかどうかなんだろうね。上記記事でも触れてあるように、確かに絵の中心となる人物に注目されがちだけど、周辺には目が行かなかったなと。

※関連記事 三国創作のための拝メモ

 論文の主流としてはサブタイトルにもある絵画論で、その視座で連環画を見ていくもので、読みながらこれはマンガにも当てはめられる?と思っていたら、「覗く人」に関してはp.182「図54 『サザエさん』より」で4コママンガが引かれており、主役のサザエさんはストーリーに絡まず、たた傍観者として定点カメ的に全コマの右側に配置されてある。


 元旦なので、三国志ニュースの記事「三サポ板ツリー別閲覧ランキング2021」を書く、11時21分アップ。2020年7月31日日テレ放送、映画「聲の形」を見る。流して見てるけど、それでも見入ってしまうね。いじめっ子がいじめられっ子になってって流れでそれに恋愛がたまに乗る感じ。12時。旧年同様、良い意味で空気読まず近所のインド料理屋が開いていると思ったけど、本年は明日からの営業だそうな。りんごを昼食に。そして映画館へ。「マトリックス レザレクションズ」を見る。3作目が駄作の印象だったけど、想定外の秀作だった。序盤、作中の設定世界でゲーム「マトリックス」4作目を作る筋で、前3作で成功をおさめたデザイナーの主役、そのゲームに関し様々なコメントが出てくるけどそれって映画自体の明喩、ゲームの親会社がワーナーだし。その筋の前の冒頭では映画世界を観客に思い起こさせる場面がちゅんと用意されてる。序盤の筋は、映画の前3作の映像がメタフィクション的に使われるし。作中の現実世界に移ったんで、もう序盤の愉快な展開は期待できないと思ったら、出てきた、アナリストってキャラで! 微妙に設定・デザインがズレてる東京の列車内が好き。一見、新幹線だけど、大草原の先の大都会に向かってるし(どこの大陸だよ)、壁紙が鶴だし、乗客みんな柄マスクしてるし、チェック柄スカートの制服でてくるし。いやその作品の文脈的に知っててわざとズラしてるのか。

・『マトリックス レザレクションズ』公式サイト
https://wwws.warnerbros.co.jp/matrix-movie/

 三国志ニュースの記事「2022年福袋(飯田市川本喜八郎人形美術館2022年1月2日-)」を書く、17時7分アップ。18時19分、ドラマ「コブラ会」。にしてもミゲル役交代したのかと思った程……シーズンものにありがちな状況、スター・トレック ヴォイジャーのケスを思い出した。いや作中の文脈に従うなら、大怪我で入院してたし、自然なのだろうかね。1月2日日曜日。0時30分、オタさいふぁを聴く。むらやさんの声出しソング 走れ正直者。カラオケ回になってる。メイクもせずに始発で?おそ松さんブームすげー。むらやさんの方は3曲ともイントロでわかってしまう(笑)そうそう曲名「スーパーガール」4曲目があった、キン肉マン。三国志ニュースの記事「三国志郡国地図パズル(220年代)(2021年8月9日)」を書く。6時30分起床。ドラマ「コブラ会」#4-5を見る。「フォロワーがミゲルだけなのに誰に向かってツイートしてるんだ」(笑)そして三本先取のダニエル×ジョニー。やっぱりそうなるね、結末。#4-6 ジョニーの教え子にぴったりな女子の新キャラきた!「たった今バレー1のワルの女の子が見つかった!」#4-9 冒頭のオールバレー空手大会の道場紹介で、これまでの大会実績をいうんだけど、ドラマの複雑さが盛り込まれていて象徴的だな、所属が変わりすぎ。というかミゲル役が絞ってきた!9時35分、三国志ニュースの記事「リンク:60分の講演で気をつけたこと/講演成功のノウハウ(note 2021年11月10日)」アップ。10時10分、コブラ会シーズン4(全12話)見終わり!インド料理を食べに行った!。NETFLIXのアニメ「アグレッシブ烈子」を見る。 #4-9 この会社ものの流れのシーズンでまさかのデスボイス復活!いやそれ以前にシーズン2のあのキャラが!生産的!誘い誘われの構造がシーズン冒頭と逆になってるのがおもろいね。#4-10 最終回、面白かった!やっぱりそうでなくっちゃね。

・アグレッシブ烈子 | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト
https://www.netflix.com/title/80198505

※関連記事 諸葛亮(日本経済新聞夕刊 2022年1月4日-)

 14時43分、三国志ニュースの記事「趙雲と阿斗(神戸 魏武帝廟2021年11月14日-)」アップ。三国志ニュースの記事「群雄割拠:三国志(2021年12月20日)」を書く、15時40分アップ。18時からSAOの映画(ソードアート・オンライン プログレッシブ)を見る。映画「私ときどきレッサーパンダ」(3/11公開)はアグレッシブ烈子のオマージュ? SAO、おもしろかった!TVシリーズの初見の頃の面白さも思い出したし、フルダイブの臨場感が伝わる丁寧な描写だし(HPが0になったら亡くなる様の緊迫感とかね)、緩和もあるし。

・『劇場版 ソードアート・オンライン -プログレッシブ- 星なき夜のアリア』オフィシャルサイト
https://sao-p.net/

※関連記事 リンク:清水市次郎出版『絵本通俗三国志』の挿絵についての考察(第42回 国際日本文学研究集会会議録2019年3月28日)

 20時から映画「呪術廻戦0」。期せずして山ちゃんハシゴになってしまったが…しかも出発前にルパン三世を見てたし。結果的に大正解の大成功だったこのハシゴ。共に満足。

・『劇場版 呪術廻戦 0』公式サイト
https://jujutsukaisen-movie.jp/

※関連記事 リンク:三国志ファン必食「剣門豆腐」!(2021年2月15日)

 1月3日月曜日、5時半に目覚し時計。9時31分、下記の記事を読む、ここ10年の中国における日本アニメについてがまとまっていてよく判る。いつも見ているブログ「「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む」のブログ主さんが筆者ね。

・10年経った中国での日本の新作アニメ配信、人気作品も規制も炎上もたくさんありました【中国オタクのアニメ事情】 - アキバ総研
https://akiba-souken.com/article/54386/

※関連記事 リンク:中国オタク「パリピ孔明アニメ化だと!?」(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む2021年11月21日)

 13時17分、アニメ「鬼滅の刃 無限列車編」(TVシリーズ)。煉獄さんの決戦の結末で「は?」ってなった。この筋でよく社会現象になるぐらいになったもんだ。そもそも煉獄さんを観客に感情移入される機会が充分ではないのでは?15時39分、「鬼滅の刃」#3-5で追いつく。遊郭編の方がおもろいな。17時26分 東々・むらやのまだねばらんと 第114回 2022.1.3配信を聴く。ダイヤル式の電話の保留オルゴールを知る/知らないのリアクションでもう面白い!そこらへんからも丁寧に描くタイムリープものみたいな、と。脳みその裏を突くようなポテンシャルの懐かしさが各世代にありそう。

・東々・むらやのまだねばらんと 第114回 2022.1.3配信
https://youtu.be/GBtH8Ac9wk0

※関連記事 岩波講座 世界歴史 第5巻 中華世界の盛衰 4世紀(2021年11月5日)

※新規関連記事 横山光輝で読む三国志(2022年3月4日)

 19時44分、三国機密#50までいった。前の話で司馬懿と曹丕が手を組んでたり。三国志ニュースの記事「新解釈・三国志(日本テレビ2022年1月21日)」を書く、20時アップ。1月4日火曜日7時39分、三国志ニュースの記事「Career Radio キャリアラジオ(YouTube 2021年7月1日)」を書き上げる。2020年8月2日WOWOW放送映画「プロメア」2019年を見る。焔ビトとバーニッシュ って思ってしまうね。でも作品を見るとコアの設定がまったく違うんで、たまたま表層が似てしまったって言いたくなる。靴を買いに行って、13時ぐらい帰宅。下記の友仁さんの配信を見る。「RTおじょうずな方」という公開リスト(by京都人)、ウケるわー(笑。今年の5月の時点で朝配信の構想がでてた。エピソード0っぽくておもろい。

・【雑談】やっぱエナドリだよな!宇宙人の晩酌風雑談【新人Vtuber】
https://youtu.be/hBw-jbbbhpw

※関連記事 中国古代の楽制と国家(2013年11月)

 14時30分、三国志ニュースの記事「増補新版 漢帝国と辺境社会(2021年11月30日発売)」アップ、18時59分、三国志ニュースの記事「リンク:中国オタク「パリピ孔明アニメ化だと!?」(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む2021年11月21日)」アップ。1月5日2020年8月8日、番組「お笑い二刀流」を見る。シソンヌの漫才、片方、陽子っていうおばさんなりきりで面白かったな。20時より下記の友仁さんの配信を見る。壮大な抱負回だった。月イチぐらいのみえる化はたのしそう。

・【トークの特訓】第24回 年内最初のトークの特訓【Vtuber】
https://youtu.be/xlZyw6h3pMY

※新規関連記事 三国志 英傑群像出張版(電撃オンライン 2022年1月12日-)

 2020年8月7日日本テレビ金曜ロードショー 劇場アニメ「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」を見る。パラレル戻りもののSFだけど、世界未満系でファンタジーに煙に巻かれた感。そこそこおもしろかった。

※次の記事 パリピ孔明 8巻(2022年1月6日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5929
  • 「連環画」と「仮想的自己」試論(連環画研究 第10号 2021年9月30日印刷)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。