Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 11月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 42 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

この声をきみに(5)(2017年10月20日)


  • 2017年10月30日(月) 20:47 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    116
テレビ  以下、プチネタ。しかも日記での導入。

※前の記事 メモ:「げぇっvsむむむ」with 美女図鑑 (2017年10月15日訪問)

 前の記事のとおり、2017年10月16日月曜日、秋の乗り放題パスで関東から関西へと帰ってきたとき、夕方、神戸長田のCha-ngokushi(ちゃんごくし)によってお土産を渡して三国志八宝茶 貂蝉を飲んできた。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

 外出が続くとどんどんTV番組のビデオがたまってくる。お金に余裕がないときはそれ用のハードディスクを購入していて、今のレコーダーが5年前からで現在ハードディスク5台で、増減は常にあるから一概に言えないが空き容量が計6時間ぐらいしかない状況が続いている。溜まっているTV番組はサッカー関連とそれ以外に分類していて、前者は2年3ヶ月ぐらい溜まっていたが、最近、力を入れて消化するようになって、2年2ヶ月ぐらいまで縮まってきた。その反面、後者が溜まってきており、今が2週間分ぐらい。溜めると話題になってからじっくり見ることができ、その成功例で思い出すのが『おそ松さん』第1期第1回だろう。パロディーが強くて発禁になった回だ。

・TVアニメ「おそ松さん」公式サイト
http://osomatsusan.com/

※関連記事 おそ松さん 17松で三国ネタ(2016年2月2日)

 あとドラマとかアニメとか連続する番組を一気に見ることもできる。2017年10月20日金曜日には金曜日22時に放送されるドラマ『この声をきみに』を見る、その日放送の第5回「キスはどうですか」まで。その回に三国ネタがあったっていう記事。

・この声をきみに | NHK ドラマ10 - NHKオンライン
http://www.nhk.or.jp/drama10/myvoice/

 ドラマについての概要は上記の公式ページを見てほしいのだけど(NHKだから番組が終わったらすぐ消えそうだけど説明すると記事の本筋から大きく外れそうなので)、ともかく主役は大学教授(いやちゃんと確認してないんで准教授かもしれないが)の数学者であり、作中第5回7分30秒ほどのところで、研究室の学生のノートPC画面に研究とは無関係のものが映っていたようで、作中の主役によると「三国志」を読んでいるようで、作中の学生によるとゲームきっかけで読み始めたそうな。数学につながるとそれに肯定的な主役。それで画面に映し出されたノートPC画面にあるのは縦書きで「義盟」と見出しのある小説の文章だった。下記で確認するとそれはやはり吉川英治「三国志」。著作権が切れてて扱いやすいから?それを「三国志」とするとまた誤解が広がりそうな予感。

・三国志 02 桃園の巻 (2013-09-09)
http://www.aozora.gr.jp/cards/001562/card52410.html

※関連記事
 吉川英治『三国志』(青空文庫2013年9月5日-)
 三国志読本(2014年5月16日)

 そのページには『三国志演義』のどこかの版本にありそうな挿絵が枠なしで文の下にあって、横並び桃園結義という不釣合いさ。

※関連記事 イナズマイレブンGO 第16話(月刊コロコロコミック2013年1月号)

 ちなみに主役は数学者でキャラ付けがサイモン・シン/著、青木薫/訳『数学者たちの楽園 「ザ・シンプソンズを作った天才たち」』(新潮社2016年5月25日発行)に出てきそうな感じで親しみを持ってしまった。

・数学者たちの楽園―「ザ・シンプソンズ」を作った天才たち - 新潮社
http://www.shinchosha.co.jp/book/539306/

※関連記事 メモ:精巧大型人形劇「三国志」-総集編-(2016年10月30日)

 話を作中に戻し、26分ぐらいで、みんながすすめる本を読む場面で、それら読書体験を主役がモノローグで語るところで「はたまた二千年前の中国までかけめぐり」と出てきて、手に取る本が、吉川英治『三国志』「二 群星の巻」…いやいつの出版なのか確認してないけどね。主役のバストアップのショットサイズなわけだけど、主役の心的風景として画面には主役の頭の上にアニメーションが出ていて、件のセリフでは竹林の中のパンダが出て来た。吉川「三国志」を読んでもそんな想像はしないだろうし、校閲が入ってないよね、これって。
 ドラマの大きな流れとして主役が朗読会に入り変わっていく、ってのがあるんだけど、吉川「三国志」の朗読というと下記関連記事を連想するね。

※関連記事 関帝堂書店 おはなし屋ことのは鳥コラボ 絵本ライブ(2017年4月16日-)

※次の記事 中国古代化学(2017年9月)

※新規関連記事 三国志さん(おそ松さん第2期第7話2017年11月14日放送分)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4393
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。