Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 06月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 41 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国志学会の佐々木正治先生と行く~中国三国時代の考古学―魏の武帝・曹操を歩く(2017年5月30日-6月3日)


場所 下記サイトで知ったこと。

・三国志学会
http://sangokushi.gakkaisv.org/

※関連記事 三国志学会 第十二回大会(2017年9月2日9日土曜日)

下記サイトの下記ページによると、2017年5月30日火曜日から6月3日日曜日まで毎日新聞社主催で東京から出発の「三国志学会の佐々木正治先生と行く~中国三国時代の考古学―魏の武帝・曹操を歩く」という旅行企画があるという。「最少催行人数 :10人」、「ツアー料金158,000円」。それでタイトルにある佐々木正治先生は下記関連記事にあるように三国志学会で2回研究報告をされていて、安陽西高穴大墓の研究の日本での第一人者。

・毎日新聞旅行「まいたび.jp」
http://www.maitabi.jp/

・三国志学会の佐々木正治先生と行く~中国三国時代の考古学―魏の武帝・曹操を歩く
http://www.maitabi.jp/parts/detail.php?t_type=6&course_no=13591

※関連記事
 三国志学会 第六回大会(2011年8月27日土曜日)
 三国志学会 第十一回大会(2016年9月3日10日土曜日)

上記ページから下記に日程を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【日】 【予定】
1 成田午後発(中国国内乗継)―鄭州夜着、鄭州(泊)
宿泊 : (鄭州泊)
2 ホテルで朝食後、許昌市へ(約1・5時間)、許昌漢魏故城遺跡(曹操丞相府跡)、◎毓秀台(献帝が天に祈りを捧げた)、曹操の出身地・亳州へ(約2.5時間)◎張園漢墓(曹操一族の墓の一つ)、◎運兵洞(地下軍事施設)、鄭州(泊)
宿泊 : (鄭州泊)
3 ホテルで朝食後、安陽曹操墓へ(約3時間⇒5、500mの黄河大橋を渡ります。黄河の雄大な景色をお楽しみください)◎曹操墓の見学(曹操墓道の上から特別見学※中国政府の都合により当日、 見学できなくなる場合がございます)。その後、邯鄲市臨漳県へ。◎鄴城博物館(曹操の本拠地)、◎三台遺跡(曹操の宮殿跡・銅雀台も)、鄭州(泊)
宿泊 : (鄭州泊)
4 ホテルで朝食後、◎河南省考古研究院(曹操墓から出土の文物の一部の見学)。その後、洛陽へ移動し中国3大石窟の一つ・世界遺産◎龍門石窟の見学。その後、◎洛陽漢魏古城(曹魏の首都)=鄭州 (泊)
宿泊 : (鄭州泊)
5 鄭州午前発(中国国内乗継)―成田午後着
宿泊 :
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※新規関連記事 三国志名場面めぐり7日間(2017年9月11日-9月17日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4201
  • 三国志学会の佐々木正治先生と行く~中国三国時代の考古学―魏の武帝・曹操を歩く(2017年5月30日-6月3日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。