Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 06月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 41 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国志名場面めぐり7日間(2017年9月11日-9月17日)


場所 下記サイト2017年5月20日更新分で知ったこと。

・三国志学会
http://sangokushi.gakkaisv.org/

※関連記事 三国志学会 第十二回大会(2017年9月2日9日土曜日)

上記サイトの該当ページ(三国志関係情報)によると、2017年9月11日月曜日から9月17日日曜日まで阪急トラベルサポート主催で東京から出発の「三国志名場面めぐり7日間」という旅行企画があるという。「監修 : 渡邉 義浩(早稲田大学文学学術院教授)」(下記関連記事と違い「同行」ではないのに注意)とのことで「費用 : 228,000円」。上記の該当ページでは下記サイトの下記ページにリンクが張ってあって、それによると、出発日は「2017年07月01日~2017年09月11日」と設定されてあって、最少催行人数は同じく10人。「赤壁の戦い」「長坂の戦い」「五丈原の戦い」関連の場所をめぐるのが売りのようだけど、日程を見ると「官渡の戦い」「夷陵の戦い」関連もめぐっているね。

・HTS 阪急トラベルサポート | 大人旅・キッズ旅行の予約
https://travel.hts-net.co.jp/

・HTS|三国志名場面めぐり7日間
https://travel.hts-net.co.jp/detail.php?ccode=ece6d041cce169ae98ccd2a0eb819035

※関連記事
 三国志学会の佐々木正治先生と行く~中国三国時代の考古学―魏の武帝・曹操を歩く(2017年5月30日-6月3日)
 三国志の史跡を巡る旅(東京2017年3月11日-15日、大阪2017年3月10日-14)
 100分 de 名著 三国志(2017年5月1日-22日)
 「古典中國」における小説と儒教(2017年5月15日)
 三国志の世界 ― 三顧の礼(2017年5月13日-6月17日)

上記ページから下記に「コースの魅力」文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<三国志学会 × 三国志を愛する添乗員>が贈る“三国志に思いを馳せる旅”。

実際に戦場の舞台となった場所やゆかりの地をを巡りながら、三国志の歴史に迫ります!

☆赤壁の戦い
 三国志のハイライトのひとつ。映画でも描かれており、三国志に少しでも関心がある人であれば知っている有名な戦い。現在は観光地として整備されており、天下分け目の壮絶な戦いを肌で感じることができる。
 
☆長坂の戦い
 赤壁の戦いの引き金になった戦い。長坂の戦いを記念した長坂坡公園の周囲には、三国志に関連した遺跡が数多く残る。

☆五丈原の戦い
 諸葛孔明が最後に戦った場所。五丈原諸葛亮博物館には三国志の名場面を描いた壁画などが展示されている。

◆“三国志学会監修”で三国志のメインとなる戦場をほぼ網羅!
◆往復全日空直行便利用!
◆16回の全食事付き!(朝6回・昼5回・夜5回/機内食除く)
◆昼食・夕食時にワンドリンクサービス付き!(朝食はホテルにてフリードリンク)
◆出発から帰国まで添乗員が同行!
◆現地では全区間日本語ガイド同行!(1日目武漢空港~7日目武漢空港)
◆ホテルは全都市指定でご用意!
◆3日目・5日目は高速列車利用でらくらく移動!


☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

【三国志学会】
中国の歴史に詳しい大学教授らが中心となり設立。三国志に関する学術の研究と普及および会員相互の親睦を図ることを目的とし、刊行物の発行や勉強会の開催などの活動を行っている。

三国志学会・事務局長/渡邉義浩氏(早稲田大学教授)

<メッセージ>
今回の旅は、三国志で最も興味深い長坂坡の戦いから赤壁の戦い、さらには、夷陵の戦いに至る長江流域をめぐるものです。なかでも、中心となる赤壁の遺跡は、明代に造られたテーマパークをめぐるものですが、赤壁と壁面に書かれた山を中心に、龐統の住んでいたという鳳雛庵、もともと周瑜廟であった拝風台などを見ていくと、赤壁の戦いが蘇るようです。現代に造られたテーマパークには、大きな物見台が立てられ、そこに登って北方を眺め、曹操軍が迫ってくる様子を想像すると、周瑜が受けた圧迫を実感することができます。遺跡の真偽を考えるのではなく、そこに自らの三国志への思いを重ねていくことで、豊かな旅を楽しむことができると思います。 渡邉義浩

☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ ☆ ★ 

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

ちなみに偶然にも日程を見ると下記関連記事のオフ会と同じ日に同じ武漢なんで、もしや旅行中に合流できる?(いやちゃんと時間を突き詰めてないが・汗)

※関連記事 三国志旅游局 武漢おにぎりオフ(2017年9月16日案)

※新規関連記事 三国志事典(2017年5月22日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4247
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。