Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

海でつながる倭と中国(2013年9月)


  • 2013年10月17日(木) 00:02 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    469
研究 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジン『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』2013年第9号(総265号)(2013年10月10日発行)により知ったことで、下記の出版社サイトの書籍ページによると、新泉社より2013年9月に奈良県立橿原考古学研究所附属博物館/編『海でつながる倭と中国 邪馬台国の周辺世界』(ISBN978-4-7877-1309-4)が2625円で発売されたという。

・新泉社:新刊・近刊案内
http://www.shinsensha.com/

・海でつながる倭と中国
http://www.shinsensha.com/detail_html/03kouko/1309-2.html

タイトルからわかるように、下記関連記事で触れた、2012年4月21日から6月17日まで開催された展覧会「三国志の時代―2・3世紀の東アジア―」内で開催されたシンポジウム「海でつながる倭と中国-邪馬台国の周辺世界」を書籍化したそうだ。その方法から2008年10月7日発行の京都大学人文科学研究所附属漢字情報研究センター/編『京大人文研漢籍セミナー2 三国鼎立から統一へ 史書と碑文をあわせ読む』(研文出版)を思い出すね。

※関連記事
 三国志の時代―2・3世紀の東アジア―(2012年4月21日-6月17日)
 京大人文研漢籍セミナー2 三国鼎立から統一へ 史書と碑文をあわせ読む

前述の書籍ページより下記に目次と内容紹介文を引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【目次】

はじめに

海でつながる倭と中国

〈講義〉 倭人伝を丁寧に読むことから ●森 浩一

〈シンポジウム〉 海でつながる倭と中国 ●森 浩一/杉本憲司/蘇 哲/菅谷文則/天野幸弘(司会)


『三国志』の時代

忘れてはならない呉鏡 ●今尾文昭
曹操墓の発見 ●徐光輝
辰韓・弁韓の対外交渉 ●井上主税
考古資料からみた海外交渉 ●坂 靖
伊都国の王と有力者たち ●岡部裕俊
金属器生産技術の変化 ●北井利幸
イレズミからみえてくる邪馬台国 ●設楽博己


古代東アジアの動乱の時代に、邪馬台国とその周辺世界には何がおこっていたのか。考古学から読み解く『三国志』の時代!
森浩一の『魏志』倭人伝講義を収録する。

橿原考古学研究所附属博物館が開催したシンポジウム「海でつながる倭と中国」と3回の研究講座を書籍化。森浩一さんの最後の講義となった「倭人伝を丁寧に読むことから」および伊都国の最近の発掘成果、朝鮮半島における辰韓・弁韓の情勢など邪馬台国とその周辺世界を再検討する。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※関連サイト
・奈良県立橿原考古学研究所
http://www.kashikoken.jp/

※追記 「倭国乱」と高地性集落論・観音寺山遺跡(2013年10月)

※追記 倭にやって来た呉の鏡-『魏志倭人伝』に載らない3世紀-(2014年3月29日)

※新規関連記事 考古学が挑む邪馬台国10の問い(神奈川県横浜市2019年4月6日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2917
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。