Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

贈りもの 安野モヨコ・永井豪・井上雄彦・王欣太(2012年11月22日)


  • 2013年4月21日(日) 14:56 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,291
書籍 ※関連記事
 軍師彼女(2013年4月9日)
 十三支演義 ~偃月三国伝~ 2巻 (2013年4月5日)
 龍狼伝 中原繚乱編 12巻(2013年5月17日)

上記関連記事に続いてこの十日ぐらいで四つ目の講談社の三国マンガの記事となる。

上記一つ目の記事や下記関連記事にあるように、最近、マンガ研究書、あるいはそれに繋がる書籍を図書館で借りていて、今回も押山美知子/著『少女マンガ ジェンダー表象論 増補版』(彩流社2007年2月28日発行、2013年1月15日増補版発行)と共に或る書籍をたまたま見掛け借りて、それが三国マンガに関係していた。

※関連記事 龍路ツーリング(メロディ2000年2月号)

それが金益見/著『贈りもの 安野モヨコ・永井豪・井上雄彦・王欣太 ~漫画家4人からぼくらへ~』(講談社2012年11月22日発行、ISBN:978-4-06-364904-8)だ。1575円。

・ホーム|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/

・|贈りもの 安野モヨコ・永井豪・井上雄彦・王欣太|作品紹介|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/content/top.php/1000006091

上記の作品紹介のページから下記に引用するように、この書籍はタイトルにあるマンガ家へのインタビューが主軸になっている。それで何が関係するかというともちろん、三国マンガ『蒼天航路』の作者、王欣太(KING★GONTA)先生のところだ。pp.189-243の「王欣太さんからの贈りもの」の章となる。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
モーニングで活躍する漫画家たちは、いかにして漫画家になるという夢を叶え、そして大勢の若者から熱狂的な支持を得るに至ったのか? 気鋭の人間文化学者でありジャーナリストでもある金益見氏が、日本漫画界を牽引する4人の人気漫画家にインタビューしてその秘密に迫ります。安野モヨコ氏、永井豪氏、井上雄彦氏、王欣太氏の、それぞれ数時間に及ぶインタビューと過去の発言から「あなたに聞いてほしい言葉」を厳選して紹介、多数の漫画作品を引用して、読み応えのある内容に仕上げています。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

もちろん王欣太先生の作品は『蒼天航路』のみでないが、このインタビューでは『蒼天航路』が主軸をなしており、その絵も多数使われている。

※関連記事 2005年11月10日「蒼天航路」堂々完結

インタビューに入る前の導入部として著者(つまり聞き手)が『蒼天航路』にある性描写についてポジティブに記述されている。その後に、「京都のお洒落なホテル」で待ち合わせしたとし、インタビューが始まる。インタビューと言っても上記の引用部分にあるように、対談したというよりは、王欣太先生の言葉の間に著者が邪魔にならない程度の自然な解説を入れる構成だ。
『アフターヌーン』編集長、栗原良幸氏との出会いがマンガへの考え方を変えた様(氏はダメ出しが厳しいが、即興でアイディアを出すことで、それ以上にマンガ家の負けん気を引き出すそうで)や、『蒼天航路』が作られる過程が作者自らによって語られていたりとか(「劉備伝」とか「孔明伝」とか取材の形式上、言葉は正確ではないが『三国志』が人物ごとの記述だときっちり認識されていらっしゃる)、『蒼天航路』の連載中にインターネット利用が普及してきてそこの誹謗中傷について発言されてあったりとか、『蒼天航路』についての研究があるとすれば、基礎となる文献になりそうだね(…と他の関連書籍を読んでいないので言いきれないが)。

郭嘉の、素早く横に動かす顔の描写について、セリエA、ローマの中田英寿選手を追っかけている時のこととして、P.236「この顔は、キラーパス出す前の中田からパクッたんやね。郭嘉は戦場でそうやって見てるやろうと思って」と発言されている。

カトリーヌあやこ/著『サッカーおばかさん―ROAD TO ドイツ!』(UN POCO ESSAY COMICS、新書館2006年6月) で描かれるセリエAよりさらに数年前だなと思いつつ。※5/30追記。というより、この前巻の2002年発売の『サッカーおばかさん』を読んでいなかったのだけど、それがちょうど中田選手の歴史を振り返る回があったし、中田選手が所属していたころのローマ・デルビーに作者が生観戦する旅行記もあるし、それをまず紹介すべきだったね。

※追記 ならばよし!(2013年8月18日)

※追記 蒼天航路 序「爆烈団」編(2013年5月22日)

※追記 まんがのソムリエ(2014年5月31日発行)

※リンク追記。「素早く横に動かす顔」について
・CalciAmici Giappone | 本田圭佑は何処から来たか ― 名古屋からミラノに辿り着いた男のプレースタイルの変化を徹底分析
https://t.co/4eVxU6LtMI

※追記 三国志 曹操(2016年3月9日)

※新規関連記事 「達人伝」×「蒼天航路」 王欣太先生 原画展(2017年3月27日-4月26日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2738
  • 贈りもの 安野モヨコ・永井豪・井上雄彦・王欣太(2012年11月22日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。