Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

BS歴史館 古代史最大のミステリー 邪馬台国の魔力に迫る(2012年6月7日)


  • 2012年5月28日(月) 00:51 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    3,751
テレビ ・美術・歴史|NHK BSオンライン
http://www.nhk.or.jp/bs/t_history/

番組サイトが現在、存在しないので、番組情報が出やすい上記ページを上げるのだけど、NHK BSプレミアムにてほぼ毎週木曜日20時からの1時間枠でTV番組『BS歴史館』が放送されている。下記関連記事にあるように以前、この番組で『三国志』関連の回が2回あった。

※関連記事 BS歴史館 シリーズ“三国志”時代を超えた男の魅力(2011年10月6日13日)

2012年5月24日木曜日放送分の次回予告によると、2012年6月7日木曜日20時の放送は「古代史最大のミステリー 邪馬台国の魔力に迫る」だという。「三国志ニュース」を見慣れた人だと当然のことだろうが、「邪馬台国」は『三国志』巻三十魏書東夷伝に「南至邪馬壹國、女王之所都、水行十日、陸行一月。」と初出があるように『三国志』経由の国名なので記事にした。※追記。リピート放送は2012年6月8日金曜日8時と6月10日日曜日15時30分。
先にリンクしたページより出演者や内容が分かり次第、追記予定。

<追記>
前述の番組ページから一報目が挙がっていたのでまず下記へ引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BSプレミアム 6月7日(木) 午後8時00分~9時00分
BS歴史館「古代史最大のミステリー 邪馬台国の魔力に迫る」

日本人の永遠のロマン「邪馬台国はどこだ?」女王・卑弥呼の古代国家は、なぜこれほど魅惑的なのか?最新研究から壮大な300年論争まで、あなたを魔性の謎へと誘います。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<追記>
前述の番組ページから詳細が挙がっていたのでまず下記へ引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
BS歴史館  「古代史最大のミステリー 邪馬台国の魔力に迫る」

BSプレミアム  6月7日(木)午後8:00~9:00

国民的ミステリー「邪馬台国」論争。それは「日本人の原点は?」という私たち現代人にも重要な謎。そもそも、なぜ場所が分かっていないのか?何がどこまで明らかになっているのか?など、今さら聞けないポイントをわかりやすく解説!九州説vs近畿説の検証はもちろん、古代中国スペクタクル「三国志」と卑弥呼の意外な関係や、驚き満載!研究者たちの本音トークを交えながら、古代史を推理する楽しさへとご招待します。
【出演】松木武彦,渡邉義浩,磯田道史,渡辺真理 【語り】奥田民義
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

・大東文化大学 中国学科 渡邉義浩研究室
http://www.ic.daito.ac.jp/~y-wata/
※出演者の一人の研究室サイト

※追記 三国志ナイト(2012年6月6日)

※追記。やはり日本史だと「魏志倭人伝」連呼になるね。冒頭のイントロで「異種格闘技戦」と煽り文句を入れ考古学者、歴史学者、中国史研究家とスタジオの出演者を紹介していた。はじめは江戸時代から始まる邪馬台国論争史だった。その次が渡邉先生のパート、「金印紫綬」等、王号の話が出てくる。蜀を牽制するためクシャーナ朝(大月氏)と魏が手を組むのと同じように、呉を牽制するために邪馬台国と魏が手を組んだんで、邪馬台国が呉の後に位置したように記録されてしまったという話。次が考古学パート。未だ発見されていない決定的な証拠は「金印」と「装封」(封泥のこと)だそうな。そこで証拠品の比較で九州は鉄で、近畿は銅鏡。その次が二大遺跡の話。吉野ヶ里遺跡と纒向(まきむく)遺跡。吉野ヶ里遺跡は時期が古い方にズレているというのには暗に触れられていたかな。しかし、やはり良い番組だね。

※追記。NHK BSプレミアムにて2012年7月6日金曜日8時より再放送あり。

※追記。NHK BSプレミアムにて2012年8月9日木曜日20時より再放送あり。
<追記終了>

※関連記事 魏志倭人伝の謎を解く(2012年5月25日)

※追記 卑弥呼(2012年5月31日6月8日26日)

※追記 まぼろしの邪馬台国(2012年6月3日土曜日21時)

NHKでの邪馬台国関連の番組というと、近年では『クローズアップ現代』、『NHKスペシャル』、『歴史秘話ヒストリア』とあって、私見ではだんだんと質が落ちているような気がするが、それは放送局というより各番組の質に依存するものだから、『BS歴史館』はおそらく心配はないだろう。

※関連記事
 NHK『クローズアップ現代』で邪馬台国(2009年11月16日)
 “邪馬台国”を掘る(NHKスペシャル2011年1月23日)
 歴史秘話ヒストリア 第88回(2011年10月26日)

あと前回、この番組を紹介した際、アクセスログに「BS歴史観」(正しくは「観」ではなく「館」)と誤った番組名が大量に観測されたので、心当たりのある方は注意していただきたい。といってもそういう方は注意力が乏しいだろうから、この注意換気の文には気付かれないというオチだろうけど。

※追記 十大三国志ニュース2012 後編

※リンク追記
・STOP!違法ダウンロード
http://www.stopillegaldownload.jp/
※上記サイトから引用すると「CD等を購入したり、インターネット有料配信などを通じて購入できる音楽や映像であるにもかかわらず、違法な手段を用いて入手するケースは悪質であるため、厳しい刑事罰が科せられることとなりました。」とのことで、検索語句にzip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaaを含む場合は違法な手段と見なされ、その上、経由した各サーバーにその記録は残り、後から罪に問われかねない。著作権や肖像権を侵害したBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句についても同様。

※追記 倭にやって来た呉の鏡-『魏志倭人伝』に載らない3世紀-(2014年3月29日)

※追記 古代吉備と邪馬台国(2014年3月18日)

※追記 英雄たちの選択「女王・卑弥呼 “辺境”のサバイバル外交」(2014年4月10日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2410
  • BS歴史館 古代史最大のミステリー 邪馬台国の魔力に迫る(2012年6月7日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。