Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 10月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 42 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国統一(280年3月15日)


  • 2011年3月15日(火) 21:44 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,619
歴史  『三国志』巻四十八呉書三嗣主伝(孫皓伝)では下記のような記述がある。

・『三国志』巻四十八呉書三嗣主伝
 (天紀四年三月)壬申、王濬最先到、於是受皓之降、解縛焚櫬、延請相見。

<清岡訳>
 天紀四年(紀元280年)三月壬申、王濬は最も先に到り、これに於いて孫皓の降伏を受け、わかち縛り櫬(ひつぎ)を焼き(降伏の礼)、連なって対面するのを請うた。

とのことで、呉の皇帝の孫皓は晋に降伏したのは紀元280年3月で、日付は「壬申」になる。これは十干十二支と呼ばれる一周六十日の表記で、中央研究院兩千年中西暦轉換を見ると、紀元280年3月に「壬申」はない。
 そこで晋側の記述、『晋書』巻三武帝紀を見てみると、

・『晋書』巻三武帝紀
 (太康元年)三月壬寅、王濬以舟師至于建鄴之石頭、孫皓大懼、面縛輿櫬、降于軍門。

<清岡訳>
 太康元年(紀元280年)三月壬寅(15日)、王濬は舟師で建鄴の石頭に至り、孫皓は大いに大いに懼れ、面縛し(後ろ手に縛り)、櫬(ひつぎ)を車に乗せ(降伏の礼)、軍門に降った。

となっており、さらに「三月壬寅」に次のように注が入る。

 三月壬寅至石頭「壬寅」、各本皆作「壬申」。按:三月戊子朔、無壬申。校文云、王濬傳載濬入石頭後上書有「以十五日至秣陵」語、十五日為壬寅、則「申」當為「寅」字之誤。今據改。

<清岡訳>
 三月壬寅、石頭に至る「壬寅」は、各本は皆、「壬申」に作る。按じるに、三月戊子が朔(一日)であり、壬申は無い。校文に言う、王濬伝は王濬が石頭に入った後に上書に「十五日を以て秣陵に至る」の語が有り、十五日は壬寅とすれば、則ち「申」は「寅」字の誤りとすべきである。

 ここにあるように実際、『晋書』巻四十二王濬伝を見ると次のような記述がある。

・『晋書』巻四十二王濬伝
 臣以十五日至秣陵、而詔書以十六日起洛陽、其間懸闊、不相赴接、則臣之罪責宜蒙察恕。

<清岡訳>
 臣(わたし)は十五日に秣陵へ至り、詔書が十六日に洛陽を起ち、その間は遠く広く、互いに赴き接することがなければ、則ち臣(わたし)の罪責を宜しく被り了解して下さい。

 というわけで紀元280年3月15日は三国統一の日。

※参照記事 4月26日は三国呉の大皇帝崩御の日

 以下余談。
 以上の紀元280年3月15日は太陰暦(旧暦)であり、こういった月日を太陽暦(新暦)にして今年は何月何日かを示す場合がある。そういった方法に次の通り、二通りあるようだ。

 1. 当年A月B日 → 今年A月B日  ─(太陽暦へ変換)→ 今年C月D日

 2. 当年A月B日 ─(太陽暦へ変換)→ 当年C'月D'日 → 今年C'月D'日

 前者の1.の方法で今年は何月何日かを示すと毎年違う月日になるが、後者の2.の方法だと毎年同じ月日になり、つまり、C月D日とC'月D'日は同じ月日にならない。
 例えば、下記サイトの「Q&A」のページにあるように、関帝廟では関羽(字雲長)の誕生日(所謂「関帝誕」)が紀元160年6月24日と信じられており、毎年、その記念日は変わる。今年、2011年の関帝誕は7月24日であり昨年2010年は8月4日であり同じ月日ではなく、つまり前述の1.の方法が使われている。仮に後者の2.の方法を使えば毎年8月13日と一定になるだろう。関帝誕に使われるぐらいだから、太陽暦に変換した月日を使うとなると、前者の1.の方法がより一般的なのかな?

・横浜中華街 関帝廟《関帝廟入口》
http://www.yokohama-kanteibyo.com/

※関連記事 2008年の関帝誕は7月26日土曜日

※追記 1月18日は姜維、鍾会の忌日

※追記 12月24日は陳羣の忌日

※参照リンク
・三国志 Three Kingdoms オフィシャルブログ
http://blog.livedoor.jp/sangokushi_tv/

・3月15日  (※上記ブログ記事)
http://blog.livedoor.jp/sangokushi_tv/archives/51927008.html

※参照記事 2005年11月10日「蒼天航路」堂々完結

※追記 宮城谷昌光/著『三国志』第十二巻(2013年9月14日)

※追記 三国志大戦 バージョンアップ停止表明(2014年3月14日)

※追記 関西大学の入試で三国志関連2016

※新規関連記事 100分 de 名著 三国志(2017年5月1日-22日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1970
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。