Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

株式会社 ジー・ビー


  • 2008年11月27日(木) 12:52 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,755
書籍

以下、自衛隊三国志(世界文化社)の記事を書いている際に見かけた。

・(株)G.B.
http://www.gbnet.co.jp/

上記サイトによると
--引用開始---------------------------------------------------------
●株式会G.B.(ジービー)は、書籍・雑誌・広告の企画・編集・制作を行う出版社・編集プロダクションです。
--引用終了---------------------------------------------------------
とのことで、独自で出版もされているようだし、別の会社の発行物の企画・編集・制作も手がけているようだね。

※追記 メモ:「成皇帝 袁術」

※追記 三国志と中国茶を楽しむ会(2011年2月19日土曜日)

※追記 第30回 春の古書大即売会(京都古書研究会2012年5月1日-5日)

 

まずサイトにある「G.B.出版の本」のページをみると、三国志関連の書籍が結構ある。発行年月は他のサイトを参考にしつつリストアップしてみる。

・『三国志の女たち』
瀬戸龍哉・蓮環/著、正子公也・影井由宇・宇野道夫/画 2008年10月 1200円 ISBN:978-4-901841-70-2

・『三国志大戦赤壁―三顧の礼から赤壁決戦まで完全収録!』(漫画)
G.Rockets/著、七重正基・辻本かこみ/画 2008年10月 552円 ISBN:978-4-901841-69-6

・『三国志全人物事典』
瀬戸龍哉/著 2007年9月 2800円 ISBN:978-4-901841-60-3

・『三国志CG絵巻 魏志倭人伝』
安本美典/監修、影井由宇/CG制作、瀬戸環/大意文 2003年4月 1800円 ISBN:4-901841-32-7


株式会G.B.(ジービー)の代表取締役である瀬戸龍哉氏が著者の三国志関連の書籍が多く、この方が三国志関連の制作を得意としていて、プロダクション全体として三国志関連が意外とあるのかな、と部外者ながら思ってしまう。
このサイトの「過去の制作物」から以下に三国志関連の制作をまとめてみる。


■2008年
MOOK
・『超 三国志検定』(イースト・プレス 476円)
コミック
・『まんが三国志 諸葛孔明伝』(小学館 762円)
■2007年
MOOK
・『三国志人物辞典』(イースト・プレス 481円)
■2002年
書籍
・瀬戸龍哉/著『三国志 英雄たちの言葉』(ワニブックス 1400円)
■1998年以前
新書シリーズ
・『SUPER三国志』(KKベストセラーズ)
MOOKシリーズ
・『三国志100年戦争』(成美堂ムック)
書籍
・『三国志武将画伝』(小学館)

※追記 三国志 人物辞典(2007年10月31日) 

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1075
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。