Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 05月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

安野光雅展(あべのハルカス美術館2023年9月16日-11月12日日曜日)


  • 2023年10月19日(木) 04:40 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    151
展覧会 ※前の記事 三国志F(実話マッドマックス2006年10月号-2012年2月号)

 2023年10月8日日曜日、14時50分米原駅発、琵琶湖線新快速(米原経由網干行)に乗り込む。その車内で安野光雅展という文字を見かける。
下記サイトの下記ページによると、大阪市阿倍野区阿倍野筋1-1-43 あべのハルカス16Fにある、あべのハルカス美術館にて2023年9月16日土曜日から11月12日日曜日までの期間の火曜-金曜10時から20時までの時間、月土日祝10時から18時までの時間、「安野光雅展」が開催されるという。下記展覧会ページにてPDFファイルで見れる目録によると2作品と「第4章 物語の世界」すべての27作品、計29作品が、『週刊朝日』で2007年3月2日号(2007年2月20日発売)から2008年10月10日増大号(2008年9月30日発売)まで連載されていた安野光雅「繪本 三国志夜話」からの絵とのこと。入館料は一般1600円、大高生1200円、中小生500円とのこと。

・あべのハルカス美術館(大阪市阿倍野区)
https://www.aham.jp/

・安野光雅展
https://www.aham.jp/exhibition/future/annomitsumasa2023/

関連記事
 [繪本 三国志夜話]の連載を終えて(『週刊朝日』2008年10月17日号)
 安野光雅追悼展 第3期 繪本 三國志(島根県津和野町2021年9月10日-12月8日)

・安野光雅展 | イベント | 関西テレビ放送 カンテレ
https://www.ktv.jp/event/anno/

 上記展覧会ページから下記へ概要を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

島根県津和野町に生まれた安野光雅(1926―2020)は、半世紀以上にわたり画家、絵本作家、装丁家として多彩な活躍を続けました。その独創的な作品は国内外で高い人気を得ています。
本展では、絵本のデビュー作『ふしぎなえ』から、近年の大作『繪本 三國志』まで、やさしく、美しく、ユーモアと不思議にあふれた安野ワールドを紹介します。

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


 15時45分、京都駅到着、そして帰宅。三国志ニュースの記事「邪馬台国三国志(福岡県福岡市2023年10月16日-2024年3月18日)」を書く。仮眠。oftunLABのアニメ回を見る。3時間はないものの、2時間半はあった、面白かった。

・日曜22時【#2023年秋アニメ 】秋アニメチェック&夏アニメ感想会【#Anime】What Will You Watch in the 2023 Fall Anime Season? #anime - YouTube
https://www.youtube.com/watch?v=z50ne90eKd4

※関連記事 P真・一騎当千~桃園の誓い~(2023年8月7日全国導入)

※新規関連記事 メモ:数寄語り 皇甫嵩戦記(岐阜県大垣市 時re風2023年9月15日)

 10月9日月曜日祝日。5時20分起床、昨日もだけど寒い。6時37分、ビックリマンが大人気で争奪戦が起こるほどの貴重な現代社会が舞台で、登場人物たちがビックリマンの天使悪魔の現代人化、しかも転生変身でバトルあり、ってこのノリについていけて見続けることができるんだろうか、アニメ「ビックリメン」。あ、そうか本来は貼って遊ぶんだ。

・アニメ「ビックリメン」
https://anime-bikkuri-men.jp/

 三国志ニュースの記事「女王・卑弥呼の人物像に迫る(京都府京都市2023年10月16日-2024年3月18日)」を書く、7時55分アップ。9時21分、アニメ「アンダーニンジャ」、原作『ヤングマガジン』で連載で未読だけど、これってコメディなの?

・『アンダーニンジャ』TVアニメ公式サイト
https://under-ninja.jp/

 10月10日火曜日、「多分、周瑜」って声が耳に入ってきて、Fateの会話だった。

※関連記事 リンク:中国オタク「Fateの新作に鄭成功が参戦するが…(2023年8月5日)

 業界ものとしてアニメ「オーバーテイク!」、おもしろい。丁寧に描く感じ。

・TVアニメ「オーバーテイク!」公式サイト
https://komaki-motors.com/

 10月11日水曜日、アニメ「東京リベンジャーズ」#39 ようやく現代を活用する流れになったか、タイムリープもの要素が強い方が好み、というかそっちを見たい人。『美周郎がはなれない』の上巻下巻それぞれは、互いが向かいあっての孫策周瑜それぞれの肩越しでの第三者視点の「同一化技法」で「再会」的なのが表現されてある良い表紙だね。

※次の記事 RPGツクールMV 三国志キャラクター素材セット(2017年6月23日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6573
  • 安野光雅展(あべのハルカス美術館2023年9月16日-11月12日日曜日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。