Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 06月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

メモ:日本古代神将像の甲冑(早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要 1 2000年3月)


研究 ※前の記事 三国志研究家チャンネル(YouTube2023年5月7日-)

 2023年5月12日金曜日、下記関連記事でちらっと書いた国会図書館で複写した論文について。

※関連記事 偽典・演義 ~とある策士の三國志~ 1(2021年4月15日)

・早稲田大学 會津八一記念博物館
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/

※新規関連記事 リンク:ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭(早稲田ウィークリー2023年7月4日)

・早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要 第1号
https://www.waseda.jp/culture/aizu-museum/news/2021/11/19/3944/

※関連記事 メモ:「明光甲」考(美術史研究 38 2000年12月)

 それは井上豪「日本古代神将像の甲冑 -形式と伝来について-」『早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要』第1号(早稲田大学會津八一記念博物館2000年3月25日発行pp.43-54)。直接的には三国と無関係だけど、上記関連記事で触れた同著論文と同じく、清岡の研究のキーとなりうる。
 まず目次で以下にまとめてみよう。

43 はじめに
43 I. 古代日本の神将像
45 II. 中国の神将像・神王俑
45 (1) コート型甲冑(Aタイプ)
46 (2) セパレート型甲冑(胸甲・背甲・腰甲を別々に作る甲冑=B1タイプ)
47 (3) 胸甲・胴纏型甲冑(B2タイプ)
47 (4) 一体型甲冑(B3タイプ)
48 III. 西域の甲冑形式
49 まとめ
49 注
52 図

 上記関連記事の「明光甲」は一応、「まとめ」で言及され、p.51の注(16)に言及される。ここでの清岡にとってブレイクポイントになったのは胸甲・背甲・腰甲と甲冑を部分ごとに分けたってこと。いや論文の対象となる神将像で表現される甲冑が「セパレート型甲冑」として分かれているものがあるから当然なのだけど、実はマンガ表現でも甲冑の特定部分のあるなしが効いていることに気づいた。そういった分類や用語が参考になる。あとそういった神将像で表現される鎧の流れで結果的に「明光甲」の構造に言及され、そちらもとても参考になる。

※関連記事 「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」後考(神奈川県 日本マンガ学会第22回大会2023年7月1日)

※新規関連記事 メモ:「三国志演義」翻案マンガにおける「明光甲」後考(日本マンガ学会第22回大会2023年7月1日)


 日常の記述に戻って、下記の友仁さんがゲストのシン・ゴジラ同時視聴を見る。お二人がみんなのコメントを引き出すのが美味かったのか面白かったなぁ。清岡はオクタゴンをペンタゴンに見誤って過解釈してしまった。

・【同時視聴|シン・ゴジラ】完全初見!『シン・ゴジラ』を一緒に観よう~!!【 #だけでもラジオ 作品宿題レビュー 】【薄荷爽凛/星居友仁/Vtuber】
https://www.youtube.com/watch?v=IkWn1YJlxE0

※関連記事 リンク:中国オタク「三国演義の兵数って実はかなり誇張されてるよね?」(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む2023年5月4日)

※新規関連記事 リンク:ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭(早稲田ウィークリー2023年7月4日)

 5月13日土曜日、列車を乗り継いで西へ。9時55分、米原駅近くのヤンマー中央研究所の電光掲示板によると気温19℃。11時36分、目覚めたら刈谷駅でツイッターのTLを取り込める。12時9分、豊橋駅到着。電光掲示板によると気温16℃。壺屋のいなり寿司が最近の定番。610円。浜松駅13時9分発、出発直後に三国志ニュースの記事「三サポ板20周年記念 単騎先駆オフ会(2023年5月19日20日21日)」を仕上げる。18時過ぎ、某都内ネットカフェに到着。3時間睡眠。5月14日日曜日、日付変わる3分前に目覚めて、あわてて0時5分発に間に合ったと思ったら、思ってた列車がなくて。諦めて歩いて桜台のBar Grooveへ。ミランのマッチ観戦。アウェイでプロビンチャ相手に0-0がつづくいつもの展開でやはり先制され、ダメ押しされて2-0で敗退。アキラさんご立腹。来季やばい。始発で帰宅。8時5分、静岡駅まで爆睡してた。8時15分、焼津のWiFi鉄板。9時33分、舞阪駅、三国志ニュースの記事「パリピ孔明(フジテレビ新水10ドラマ2023年9月27日-)」を書き上げる。喫茶店で時間調整。下記の中国の史書の「張本」を「ネタバレ」と喩える記事、おもろいな。

・「坂本龍馬暗殺されるってよ」はネタバレらしい|佐藤ひろお|三国志研究中
https://note.com/hirosatoh3594/n/ndd10afe52bbe

※関連記事 三国志研究家チャンネル(YouTube2023年5月7日-)

※新規関連記事 リンク:ゲームきっかけで大学院へ 『三国志』好き会社員、研究に没頭(早稲田ウィークリー2023年7月4日)

 日曜の喫茶店の男女は婚活だよな。14時53分、三国志ニュースの記事「パリピ孔明(フジテレビ新水10ドラマ2023年9月27日-)」アップ。5月16日火曜日、三国志ニュースの記事「赤壁炎上(Web2023年5月19日)」を書く、7時58分に書き上げる。

※次の記事 夏の饗宴:三国志と美女の調べ~借趙雲・昭君出塞(東京世田谷区2023年8月5日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6445
  • メモ:日本古代神将像の甲冑(早稲田大学會津八一記念博物館研究紀要 1 2000年3月)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。