Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2023年 02月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

パリピ孔明 11巻(2022年10月6日)


  • 2022年11月 7日(月) 01:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    191
マンガ ※前の記事 龐統(Cha-ngokushi2022年10月1日-)

 2022年10月6日木曜日、この日のミッションは2022年10月6日に講談社から660円(税別)で発売される『パリピ孔明』11巻(ヤンマガKCスペシャル、ISBN978-4-06-529480-2)を購入すること。週刊『ヤングマガジン』連載中で、四葉夕卜/原作、小川亮/作画。初出は「『ヤングマガジン』2022年第24号、第26号、第27号、第29号、第30号、第32号、第33号、第35号、第36・37合併号」とのこと。

・講談社コミックプラス|無料で漫画を試し読み! 最新公式情報満載のコミックポータル
https://kc.kodansha.co.jp/

・『パリピ孔明(11)』(四葉 夕卜,小川 亮)
https://kc.kodansha.co.jp/product?item=0000369949

※前巻記事 パリピ孔明 10巻(2022年7月6日)

※次巻記事 パリピ孔明 12巻(2023年1月6日)

・パリピ孔明
https://magazine.yanmaga.jp/c/paripi/

 それでいつものメモの前にこれを購入して読むまでの雑記。前前巻と前巻、買った所でついに新館が一冊も置いてなかったけど売り切れたの?or入荷しなくなったの?一応フォローしておくと1-7巻は揃っていた、アニメ化の帯が全部についていたのという何かの痕跡。

※関連記事 パリピ孔明(TVアニメ2022年4月5日-)

 同じ系列店で二条駅前までいったら立てて平積みしているほど置いてあった、『パリピ孔明』第11巻。ちなみに晴明神社に太極マークある、昨日見た。
 徒歩で南下して丸太町で204にのって千本通でおりて、天空劇場横をとおってなんか。まさかコープが新築工事中だなんて。地下鉄工事のついで?たこ壱によるき満々だったけど、早さからケンタッキーによった。10月7日金曜日、三国志ニュースの記事「「虎牢関の戦い」作戦会議 !『三國志 真戦』第7回公式生放送(YouTube2022年9月30日)」を書く。7時、結局、『Fani通』2021下半期(F会2022年8月13日)を読む機会がなかなかなくて、パラパラとめくっていたら、『ナタの大暴れ』のところで てんしゅ松田さんが小田部羊一さんを見かけた、って話に目が行ってしまった。小田部さんが「なつぞら」アニメーション時代考証を担当してたのを思い出したので。

※関連記事 メモ:朝ドラ『なつぞら』に描かれたアニメーションとその世界(ビランジ45号2020年2月22日発行)

 7時26分、室温22.7℃。数日前まで30℃以上あったのに、今やクーラーかけ過ぎ?みたいな空気感。阪急で神戸へ。お昼に神戸のブックカフェCha-ngokushi(ちゃんごくし)に到着。

・Cha-ngokushi (Changokushi) on Twitter
https://twitter.com/Changokushi

※関連記事 龐統(Cha-ngokushi2022年10月1日-)

※新規関連記事 リンク:ボドゲもんのソロボドゲ研究。防衛三国志編その0001(YouTube2018年6月1日)

 ここで『パリピ孔明』第11巻を開封。記念撮影。13時15分、お店のメニューの桃園三兄弟ピーチティーソーダをつかって三顧の礼に見立てた『パリピ孔明』11巻の写真を撮ろうとしたけど、今回表紙に孔明居なかったんだった。なので二顧目ぐらいの「孔明先生は今居ません」的な構図に(笑)

 

 それで以下メモ。
・物語の構造上、今まであくまでもオーナー独自の解釈、や孔明が後世の自らへの創作をも利用してた、とするのは可能だったけど、そろそろ脚本側から一捻り加えた「三国志演義」を代表とした創作由来だというフォローが欲しくなってきたな。いやそれでも解釈でのカヴァーは可能だと思うが。
・赤兎馬カンフーは呂布カルマさんへのオマージュだとすると、珍しく「三国志」(というより「江表伝」)をもじったネーミングでしかもストーリーに関わる、東山と南房のイーストサウス、およびその代表曲の「風のロック」。
p.63 苦肉の策がまっさきに思い浮かべてしまうページ。いいね。この後の展開、つか三国志ファンのオーナーにはちゃんと暗号を送っているあたりが素晴らしい。従来の三国志をもじった現代劇にありがちな「誰も三国を踏まえない」とは違って、
p92-93 見開きでもページの左下隅から次の右上隅でも効果的なタメと解放。「イースト・サウスのファンの方ですか?」 この後の東山・南房二人共が完コピできる人にされる流れおもろいな。
p102 コマ送りと画力で英子の歌の迫力が伝わるのは素晴らしい。ページめくり1ページのコマ。
p121k5 孔明が話す呂布登場
159-160 の馬脚→馬のページ開きは最高やね、笑った。オーナーのツッコミも次の孔明の「こんなこともあろうかと手配しておきました」のセリフ&ツッコミ。K3の詩乃への心の中ツッコミも!
・続き&結末が気になる、次巻1月発売!

※新規関連記事 第5回マンガおすすめ会(京都 漫画BAR 2023年4月22日)


 14時41分発の列車で東へ。17時35分大垣駅、三国志ニュースの記事「HIMIKO(大阪市阿倍野2022年10月28日-30日)」を仕上げる。18時15分、金山駅(の隣のホームの特急のMEITETSU WiFi)でTLを取り込める。22:12:54からネットカフェ。下記の友仁さんのnoteを読む。配信枠固定化のプラス面と“バラエティ感の不足とトレードオフ”、この理屈が興味深く、それを活かし10月に“バラエティ枠を用意”てのは納得。

・より長期には“「この配信にはこの人」”が軌道にのってきて良き Vtuber収益化計画9月振り返り|星居友仁
https://note.com/hoshii_yujin/n/nffb3b4d1212a

※関連記事 龐統(Cha-ngokushi2022年10月1日-)

※新規関連記事 とくしまバーチャルパビリオン 英子・孔明の阿波おどりステージ 月見英子バーチャルライブ(YouTube2022年11月3日・6日)

 10月8日土曜日、下記のoftunLABの配信を見る。放送事故的な感動シーン。→翌日、概要欄にあらすじが加わった、拍手。

・【0時LIVE】お絵かき配信!Drawing☆彡
https://youtu.be/hFHYqRNN-r0

※関連記事 リンク:2-3世紀「東ユーラシア」の中の嶺南・北中部ベトナム地域(2019年3月)

※新規関連記事 第46回 秋の古本まつり(京都2022年10月29日-11月3日)

 たまたま『ハンチョウ』の6日発売の新刊14巻を読んでいるけど、毎回変わるジャンルが多彩でどれも蘊蓄があって読んでて楽しいな。講談社か。列車を乗り継いで東へ。8時10分、三国志ニュースの記事「雷文(山口県光市2022年10月4日-)」を仕上げる。

※次の記事 日中戦争期における『三国志演義』再話の特色(比較文学・文化論集 第29号2012年3月31日発行)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6227
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。