Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2021年 10月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 64 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

後漢末刺史表(2020年11月1日)


二次創作
※前の記事 神保町ブックフリマ(2020年10月30日11月1日)

 2020年11月1日日曜日11時過ぎ神田の町を歩いて、向かったのはベルサール神保町。そこで情報系同人誌即売会「第9回 おもしろ同人誌バザール」が11時から16時まで開催されているという。他にもベルサール神保町アネックスも会場にしていたのだけど、まずはお目当ての同人誌の売っている方へ。

・第9回開催概要 | 情報系同人誌即売会おもしろ同人誌バザール
https://hanmoto1.wixsite.com/omojin/8-1

※関連記事 三国志群雄太守県令勢力図 下(2019年12月30日発行)

 その建物の1階に入ると行列ができていて、どうやらご時世柄、そこで非接触で体温を測るようとのことで。ところが機械の不調で、なかなか体温が測れずにいて、足止めされ、苦笑いするしかなかった。まぁ仕方ない。入場料1000円で、パンフレットを貰って、いざ、会場となる上階へ。エレベータで上がり、パンフレットを探しつつ、お目当てのサークルさんを探す。それでまず三国に関係ない分だけど、『Fani通』2019下半期(F会2020年)と吉本たいまつ氏の本を大人買いした。

・F会の呟き
‏https://f-kai.hatenadiary.jp/

※関連記事 Fani通2018上半期(2018年12月29日)

・【電子版】同人誌印刷のあけぼの【PDF】 | taimatsu
https://taimatsu.booth.pm/items/1201084

   

 三国関連も買いたいのがあって、まず、おさっちさんのブース。

・おさっち/織風斎@三国志武将列伝 (osacchi_basstrb) on Twitter
https://twitter.com/osacchi_basstrb

・三国志武将列伝
http://sangokushi-bushoretsuden.com/

※関連記事 メモ:三国志大文化祭 発表(2020年9月13日)

 新刊は長田康宏(おさっち/織風斎@三国志武将列伝)『後漢末刺史表』(2020年11月1日)でこのタイミングで買うことができた。タイトルにある「刺史表」で思い浮かべるのは、同著者『三国志群雄太守県令勢力図』(上)(2018年12月1日発行)の資料となった『両漢太守刺史表』の存在。

※関連記事 三国志群雄太守県令勢力図(上)(2018年12月1日発行)

 どうやらそれをイメージして、『三国志群雄太守県令勢力図』のデータをシンプルに再編集したとのこと。そのためp.24に

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
魏・呉・蜀それぞれの刺史をまとめた『三国刺史表』、太守をまとめた『後漢末太守表』『三国太守表』を今後作成予定で、最終的には『三国刺史太守表』として一つにまとめる構想である。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

とかかれてあり、今後の制作計画が明らかにされている。それで後で本を読むに、一見、シンプルな表に仕上がっているんだけど、ついつい読み込んでしまうね。碑文からも引いてたり、深い。

※次の記事 孔明のいたまち 襄陽(2020年5月15日発行)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5529
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。