Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 07月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 41 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

横山マンガを彩る英雄たち(潮 2016年8月号)


雑誌  記事を改め、これを知った時のことを書く予定だけど、潮出版社の月刊誌『潮』2016年8月号に「ずいひつ「波音」」というコーナーがあって、下記出版社サイトの下記該当号ページを見てもらうとわかるように、いくつものエッセイがある。その号のpp.28-30に「横山マンガを彩る英雄たち」と題された、二階堂善弘先生のエッセイがある。その「英雄たち」は横山光輝「三国志」などの横山作品で描かれるのを指してるんだけど、そのエッセイ冒頭で、今や三国志マンガなども研究対象になる時代で、先生のゼミの留学生も横山作品を研究対象に修論(だっけ?)を書いていたという話だった。

・潮出版社 USIO
http://www.usio.co.jp/

・月刊「潮」2016年8月号
http://www.usio.co.jp/html/usio/index.php?mcd=367

 その三国志マンガについての研究は研究者名および論文掲載誌の団体名(「三国志研究会」となっていたが「三国志学会」が正確なんで結果的に)が伏せられていたが、2016年5月の「三国志ガーデン最終日 特別講座デー」においての先生の「横山光輝マンガの中国ものとその題材 -『水滸伝』『三国志』『封神演義』-」の講座にあったように『三國志研究』第十号所収 清岡美津夫「横山光輝はなぜ官渡の戦いを描かなかったのか」のことなんだろうね。ちなみにネットで公開されている。

※関連記事
 三国志ガーデン最終日 特別講座デー(2016年5月14日)
 中国・アジア研究論文データベース(2016年1月25日公開)

・横山光輝はなぜ官渡の戦いを描かなかったのか
https://www.spc.jst.go.jp/cad/literatures/2351

※関連記事 三國志研究第十号(2015年9月5日)

 ちなみにエッセイに先立つ講演については、のぶさんのエッセイマンガで少し触れられている。「清岡の名が出てきた」という部分がネタになっていて、留学生云々の話は割愛されているけどね。

・のぶ (nobueken) on Twitter
http://twitter.com/nobueken

・Twitter / nobueken: KOBE三国志ガーデン最終日レポ(主観)28/5/14 ...
https://twitter.com/nobueken/status/736223412457115648

・2頁目
https://pbs.twimg.com/media/CjeXSmeUgAAwAMc.jpg

<追記>
下記のTwitterでのstatusにて教えてくださったこと。もう公開されているんだね。

・敎団 (Vitalize3K) on Twitter
http://twitter.com/Vitalize3K

・Twitter / Vitalize3K: 補足すると二階堂先生が担当された留学生の修論は「横山光輝作『水滸伝』の再創作性について」です。その直前の2015年11月に出版された『文化交渉東アジア文化研究科院生論集』に「横山光輝作『水滸伝』の構成と人物描写」が集録されています。 ...
https://twitter.com/Vitalize3K/status/843799060213510144

下記リンク先のリポジトリで件の関連論文がPDFとして読める。『文化渉 東アジア文化研究科院生論集』5巻(関西大学大学院東アジア文化研究科2015年11月1日)所収のpp.249-262、張岑「横山光輝作『水滸伝』の構成と人物描写」。

・Kansai University Repository: ホーム
http://kuir.jm.kansai-u.ac.jp/dspace/

・Kansai University Repository: 横山光輝作『水滸伝』の構成と人物描写
http://hdl.handle.net/10112/10027

※新規関連記事 青春の尻尾(GORO 1975年5月8日-1978年5月11日)

※新規関連記事 三国志メシ(2017年3月20日-)

<追記>
 件の号の件の頁、pp.28-29から引用するに、以下のようであり、p.30でのオチは横山光輝「三国志」において陳宮の見た目がかわるってこと。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 この翻訳のテキストには、作家出版社一九五五年版「三国演義」を用いた。これは毛本 横山光輝氏が日本の一般読者むけに『三国志』や『水滸伝』などの中国古典を紹介して広めた功績は、計りしれないものがあると考える。
 筆者が驚いたのは、三国志研究会の雑誌に横山版『三国志』を研究した論文が載ったことである。実は、筆者が勤務する関西大学大学院でも、中国人留学生が修士論文の題材に横山版『水滸伝』を取りあげたりした。いまや、横山マンガは研究対象となっているのである。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※新規関連記事 立間祥介訳 三国志演義(平凡社1962年、徳間書店1983年8月)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4137
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。