Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

ザ・プロファイラー「曹操 三国志・超人伝説の真実」 (2014年12月3日)


  • 2014年11月20日(木) 00:15 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,762
テレビ ・ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~ - NHK
http://www4.nhk.or.jp/profiler/

・ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~「曹操 三国志・超人伝説の真実」 - NHK
http://www4.nhk.or.jp/profiler/x/2014-12-03/10/18677/

上記番組サイトの上記ページによると、NHK BSプレミアム『ザ・プロファイラー ~夢と野望の人生~』の2014年12月3日水曜日21時-22時放送分は「曹操 三国志・超人伝説の真実」だという。これは下記関連記事にあるように、同番組では一年近く前の2013年12月18日に「誰かのために生き抜けるか~諸葛孔明・天才軍師伝説の真実」を放送しており、二回目の『三国志』に載る人物の取材した回となる。※追記。再放送は2014年12月9日火曜日17時より。

※関連記事 ザ・プロファイラー「誰かのために生き抜けるか~諸葛孔明・天才軍師伝説の真実」 (2013年12月18日)

出演者は「【司会】岡田准一,【ゲスト】渡邊義浩,なかにし礼,小日向えり,来村多加史,【語り】桐本琢也」とのことで。諸葛亮の回に続いて渡邉義浩先生のご出演と(サイトでは漢字が誤っているが)、ついに小日向えりさんのご登場となる。

・渡邉義浩ホームページ
http://ywata.gakkaisv.org/

※関連記事 三国志を読む(2014年9月20日から毎月第三土曜日全5回)

・小日向えりオフィシャルブログ「歴ドル小日向えりがゆく」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/erikohinata/

※リンク追記(上記ブログ記事)
・【告知】ザ・プロファイラー~夢と野望の人生~「曹操 三国志・超人伝説の真実」出演
http://ameblo.jp/erikohinata/entry-11956441429.html

※関連記事 歴ドルになったきっかけは三国志(2014年6月9日)

前述の番組サイトのページから下記に内容紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
古代中国、英雄たちのロマン「三国志」。曹操はドラマや映画では、強すぎるスーパー悪役。しかし現代、どんな逆境でも信じる道を貫き、腐った時代に挑んだ超人的なヒーローとして憧れる男女が増えている。自分を苦難に追い込んでは突破する、力強い生き方はどこから来たのか?詩など文化にもすぐれ、「歌え!」と叫んだ人間味あふれる改革とは?「曹操大好き!」岡田准一と、百戦錬磨の三国志好きゲストの熱血生き方トーク、開幕!
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※追記 三国時代の国際関係と文化(2014年11月15日)

※追記 古代中国 よみがえる伝説「曹操と孔明~乱世の英雄 知られざる素顔~」(2014年12月29日再放送)

※追記 三十六計 八(2015年1月18日)

※追記 三国志サミット(2015年11月21日)

※2016年5月5日追記。例によって溜まったビデオをひょんなことで消化。冒頭は家計図から曹操子孫認定の顔写真をつかってのモンタージュ写真で曹操の顔を復元。冠が歴史的に正しくない。映像がドラマ『曹操』。五色棒の背景に儒教をもってきて、法に厳しい曹操と。自ら辞職は家族に害が及ばないようにという理由。スタジオの五色棒は『三才図会』より。それを言うあたり良心的。渡邉先生は諸葛亮の三顧の礼を過礼とし、そうやって目立つことをしないといけないということで、曹操の行動を説明されていた。小日向えりさん、初めだれがわからなかった。すっかりタレント枠が板について。荀彧の巻。曹操の所に皇帝を擁立するよう助言。曹操が反董卓で最後までおいかけていたところがピュアで好きと小日向さん。渡邉先生が人口減少を戸籍と絡めて説明。20世紀での一般的な説明ではこれが無かった記憶が。孫子の話(というか急にナレーションが峰不二子役でお馴染みの増山江威子さんの声になる)。兵は詭道なり。そこから官渡の戦い。阪南大学、来村多加史先生。発石車の改良。実際、五色棒と同じく発石車の模型をだしてくる。あれ?具体的な改良は何に基づいているか聞きそびれた。赤壁の戦い。『レッドクリフ』の映像? 礼の話。それとは関係なく曹操の唯才主義。土田健次郎先生。儒教の研究者。曹操の改革で儒教を重んじる荀彧が死に追い込まれる。曹操の死。諸葛亮がいなくても歴史がかわらないが、曹操はかわると渡邉先生。

※関連記事
 関野貞資料と墳墓の世界(2011年3月2日)
 アニメ蒼天航路×KOEI
 メモ:三才圖會と三禮圖
 『名将の采配』で「官渡の戦い」(2010年8月2日)
 曹操(2013年9月4日-)
 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

※新規関連記事 100分 de 名著 三国志(2017年5月1日-22日)

※新規関連記事 三国志の世界 ―諸葛亮と曹操(日比谷図書文化館2018年8月30日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3317
  • ザ・プロファイラー「曹操 三国志・超人伝説の真実」 (2014年12月3日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。