Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 08月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 5件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

関野貞資料と墳墓の世界(2011年3月2日)


  • 2011年2月23日(水) 19:57 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,469
研究 開催が一週間後に迫っているため早さ優先で端的に。

・称猫庵
http://syoubyouan.blogspot.com/

・関野貞資料と墳墓の世界  (※上記ブログ記事)
http://syoubyouan.blogspot.com/2011/02/blog-post_23.html

上記ブログ記事で知ったこと。

・東京大学東洋文化研究所
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/

・国際シンポジウム「関野貞資料と墳墓の世界」が開催されます  (※上記サイトのお知らせ)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=FriFeb1818:55:412011

上記お知らせにあるように、東京大学東洋文化研究所人間文化研究機構主催(近畿日本ツーリスト株式会社協力)で世界遺産に向き合い価値の共有を夢見た男 関野 貞 プロジェクト 「関野貞資料と墳墓の世界」(国際シンポジウム)が2011年3月2日水曜日13時から東京大学総合図書館三階大会議室にて参加費無料事前申し込み不要で開催されるという。
その中のプログラムで下記に引用するのが目に付く。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
鮮卑族の系譜  復旦大学 韓 昇
(墓葬のDNA鑑定 付:曹操一族の検討)
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

「墓葬のDNA鑑定 付:曹操一族の検討」と聞いてまず連想するのが、曹操の墓とされる安陽西高穴大墓や陳思王墓、それから洛陽邙山陵墓群の曹休墓…と思ったら「曹休字文烈、太祖族子也。」(『三国志』巻九諸夏侯曹伝)とあって血縁的に遠いか。あと後漢の曹操の一族の墓も連想する。

※関連記事
 リンク:曹操高陵在河南得到考古確認(2009年12月27日)
 メモ:『魏晋南北朝壁画墓の世界』
 リンク:洛陽邙山陵墓群考古工作獲重要新發現(2010年5月17日)
 大三国志展(出土品でたどる三国志)

※追記 十大三国志ニュース2011 中編

素人の想像だけど、結局、DNAの損傷が酷くて、よく判らなくて、その経過報告に終始するってオチだったりして。

※リンク追記(満田剛先生のツイッター)
http://twitter.com/tmitsuda3594/status/42959052837371905
http://twitter.com/tmitsuda3594/status/42960333475680256
http://twitter.com/tmitsuda3594/status/43110403064082432
http://twitter.com/tmitsuda3594/status/43285587066765312
http://twitter.com/tmitsuda3594/status/43548748571361280
http://twitter.com/tmitsuda3594/status/43660969725001728
※それってベタにいわゆる「結論ありき」ってやつでは……いやいや、これを見る限りそもそも報告者にとって安陽西高穴大墓の前室で発見された遺体が曹操かどうか(盗掘者かどうか)というのや現在の「曹操の子孫」が本当かどうかというのを検証対象にしておらず揺るがない前提なのかも…まぁ報告をその場で聴いていないし単なる素人目線なんで、ここで書くと憶測の類にしかならないが、可能性として最悪の場合、「盗掘者のDNAと、曹操の子孫と信じている者達のDNAを比較してみました」的なものになるんじゃないかと要らぬ心配をしてしまうので。

※2013年11月15日リンク追記
・枕流亭ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/
・曹一族のY染色体  (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20131113/p1
※その事象ってどれぐらいの確率で起こるものかといった確実性が気になるところ。それを差し置いても日本で報道されるほどの成果扱いになったのは意外だった。安陽西高穴大墓からでなく曹氏宗族墓からのDNAってあたりが堅実だね。ちなみに「愛宕 元 先生、死去(2012年1月2日)」の記事で触れたように愛宕元先生によると「倭人」報道は「壁人」の誤読だそうな。

・国際シンポジウム「関野貞資料と都城の世界」が開催されます  (※前述サイトのお知らせ)
http://www.ioc.u-tokyo.ac.jp/news/news.php?id=FriFeb181551312011

また、同じような国際シンポジウムが上記のように開催される。つまり東京大学東洋文化研究所人間文化研究機構主催(近畿日本ツーリスト株式会社協力)で世界遺産に向き合い価値の共有を夢見た男 関野 貞 プロジェクト 「関野貞資料と都城の世界」(国際シンポジウム)が2011年3月29日火曜日10時から東京大学薬学系総合研究棟講堂にて参加費無料事前申し込み不要で開催されるという。これは三国と関係するか不明。ただ、都城研究で有名な愛宕 元(おたぎ はじめ)先生のご講演があるので。メモを残しておく。上記ページから下記へ引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
中国の都城  帝京大学 愛宕 元
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<追記>
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日時:2011年4月21日(木)10:00 から

場所:東京大学総合図書館3階大会議室 ※会場も変更されました。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※追記 愛宕 元 先生、死去(2012年1月2日)

<2012年12月18日追記>
一つの記事にするには三国に関連性が薄いので、ここに追記する。

・南國島夷:古代東亞與中國中古研究
http://tw.myblog.yahoo.com/eastasiastudies-medievalchina/

・「六朝建康と都城研究 シンポジウム」(Symposium On Jiankan City and Capitals in Six Dynasties)(2011.12.18)  (※上記ブログ記事)
http://tw.myblog.yahoo.com/eastasiastudies-medievalchina/article?mid=3457

他に情報源が見つからないので、まず上記のブログ記事から下記へ引用する。佐川先生提供情報だそうな。南京大学の張学鋒先生が今、日本に来られている関係で急遽開催したのかな?

何か気付き次第追記予定。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
會議主題:「六朝建康と都城研究 シンポジウム」(The Symposium On Jiankan City and Capitals in Six Dynasties)

日 時:2011年12月18日(Sun) 10:00~15:00

會 場:東京大学本郷キャンパス法文1号215演習室(Room 215, Fine Liberal Art College 1, The University of Tokyo, Tokyo, Japan)

主辦單位:科学研究費補助金(基盤(B))「最新の考古調査および礼制研究の成果を用いた中国古代都城史の新研究」

議 程:

午前の部

10時~11時半 司会:松下憲一(北海道大学)

研究報告1 10時~10時30分

佐川英治(東京大学) 六朝建康の歴史的位置づけについて

研究報告2 10時30分~11時

戸川貴行(九州大学) 東晋南朝の建康城における皇帝の私的空間について

研究報告3 11時~11時30分

小尾孝夫(東北大学) 六朝建康の墓域と都市空間

午後の部 12時半~15時 司会:陳力(阪南大学)

特別講演1 12時30分~13時30分

張学鋒(南京大学) 六朝建康城研究三題

特別講演2 13時30分~14時30分

朱溢(復旦大学) 吉礼変遷与都城研究——以唐宋时期為例

コメント 14時30分~

中村圭爾(相愛大学)

閉会の挨拶:塩沢裕仁(東京大学)
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※追記 中国都市論への挑動(2016年3月31日)

※追記 ザ・プロファイラー「曹操 三国志・超人伝説の真実」 (2014年12月3日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1950
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。