Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

邪馬台国と倭国 古代日本と東アジア(2011年9月6日)


  • 2011年10月25日(火) 20:53 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    637
書籍 ・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

・メルマガ登録
http://www.toho-shoten.co.jp/mailmag/

上記の書店サイトの上記ページにあるように東方書店が発行するメールマガジンに『書羅盤:チャイナブックナビゲーター』というのがあって、その2011年第14号(総239号)(2011年10月18日発行)によると、吉川弘文館から2011年9月(下記出版社サイトによると2011年9月6日)に西嶋定生/著『邪馬台国と倭国 古代日本と東アジア』(ISBN9784642063753)が2625円で発売したという。

・株式会社 吉川弘文館 安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
http://www.yoshikawa-k.co.jp/

・邪馬台国と倭国 - 株式会社 吉川弘文館 安政4年(1857)創業、歴史学中心の人文書出版社
http://www.yoshikawa-k.co.jp/book/b93537.html

※参照記事 銅はどこ?

この書籍のシリーズ名が「歴史文化セレクション」となっていることから、下記関連記事にあるように林 巳奈夫/著『中国古代の生活史』と同様、復刊なんだろうね。

※関連記事 『中国古代の生活史』復刊(2009年12月15日)

「邪馬台国」は『三国志』巻三十魏書東夷伝が初出なので、記事にしてみた。

※関連記事 ここまでわかった! 邪馬台国(2011年6月)

※追記 『照英にっぽん一人旅』邪馬台国伝説の地で歴史ロマン~伊都国~

※追記 邪馬台国の考古学―魏志東夷伝が語る世界―(2012年3月23日)

※追記 魏志倭人伝の謎を解く(2012年5月25日)

前述の書籍ページから下記へ目次を引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
はしがき/Ⅰ 倭国と邪馬台国(「倭国」の形成時期について―『魏志』倭人伝の再検討―〈卑弥呼はどこの国の女王か/倭国の女王卑弥呼/「倭国」はいつできたのか〉以下細目略/漢末の動乱と「倭国大乱」―中国古文献中の「倭」とその背景―)/Ⅱ 卑弥呼と東アジア(後漢王朝の衰退と卑弥呼の登場―東大寺山古墳の鉄刀―/「親魏倭王」冊封の背景―三世紀の東アジア―)/Ⅲ 東アジア世界と日本(中国史からみた日本国家の形成/東アジア世界の形成と展開/「日本国」の出現―七世紀の東アジア動乱の中で―)/Ⅳ 中国文化と日本―まとめにかえて―(冊封体制と東アジア世界/世界史における中国文化と日本文化)/付論 近代世界における日本と中国―一九七二年日中国交回復に際して―/あとがき/『邪馬台国を読む』…金子修一
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

解説は金子先生なんだね。

※関連記事 メモ:『古代中国と皇帝祭祀』(汲古選書26)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2194
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。