Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 09月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

まとめリンク:北方三国志


  • 2010年2月 2日(火) 00:17 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,193
小説 ※関連記事 メモ:月刊DaGama

 上記関連記事から派生した記事を書く。
 そこで国立国会図書館のサイトからある程度、書籍の情報を取得できることを知り、それに基づき北方謙三/著『三国志』(小説)のメモを書こうとしていた。念のため、下記の出版社のサイトにアクセスすると、そちらの各ページの方が情報が多いことに気付く。

・株式会社 角川春樹事務所 - Kadokawa Haruki Corporation
http://www.kadokawaharuki.co.jp/

 例えば、北方謙三/著『三国志 一の巻 天狼の星』(単行本)であれば、下記に引用するような紹介文が掲載されている。

http://www.kadokawaharuki.co.jp/book/detail/detail.php?no=1287
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
時は、天下麻の如く乱れる後漢末の中国。劉備の熱情、曹操の怜悧、孫堅の豪気。覇業を志し、数々の伝説に彩られた英雄たちが起ち、或は興り、或は滅ぶ――。激しくも哀切な興亡のドラマを雄渾華麗に謳い上げる、北方『三国志』、いよいよ刊行開始!
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 ここで個人的な話に転じるんだけど、私自身、「北方三国志」を一通り読んだことはないんだけど、下記関連記事にあるように、私の知人では「北方三国志」を好み語れる人が多いようだ。間違いなく、三国要素のハブ的な伝達能がある主幹作品の一つとして挙げられるだろう。

※関連記事 三国志ファンのための新年会2007 二次会後半

※追記 まとめリンク:NHK人間講座 三国志の英傑たち

※追記 三国志 劉備と諸葛亮孔明の真実(『歴史人』2011年3月号、2月12日発売)

※追記 北方三国志マンガ全30巻(2011年5月23日-)

※追記 十大三国志ニュース2011 後編

※追記 メモ:日中における『三国志』の受容と再創造の概況

※追記 僕らの三国志大全(2012年12月13日)

 それに先行した三国創作の中には国内で最も著名な、1939年8月から新聞連載の小説である吉川英治/著『三国志』があるわけだけど、やはりそれに慣れ親しんだ人にとっては、なかなか「北方三国志」が浸透されにくいようで、「三国志ニュース」でもそういった現象の一端をいくらが取り上げていた。例えば、下記の関連記事にあるように第3回三国志シンポジウムでの討論會の場や、特別講義「「三国志」の世界」の講義録に書かれている率直な感想等。

※関連記事
 第3回三国志シンポジウム 雑感4
 リンク:「三国志」の世界(2009年6月20日)

 そんな「北方三国志」なわけだけど、初出は何かの新聞や雑誌に掲載分ではなく単行本への書き下ろしということだそうで、上記出版社のサイトを見ると、1996年11月から1998年10月まで全13巻が発売されており、続けて文庫本が2001年6月から2002年6月まで全13巻(各600円)が発売されている。
 単行本や別冊について上記出版社のサイトより刊行年月日、(現在の)価格、ISBNなどの刊行状況と出版社サイトのページへのリンクをまとめ、続けて「Amazon.co.jp」の商品リンクをまとめて並べる。

・1996/11/08 三国志 一の巻 天狼の星 1680円 ISBN-10:489456049
・1996/12/11 三国志 二の巻 参旗の星 1680円 ISBN-10:489456050
・1997/02/20 三国志 三の巻 玄戈の星 1680円 ISBN-10:489456051
・1997/04/21 三国志 四の巻 列肆の星 1680円 ISBN-10:489456052
・1997/06/20 三国志 五の巻 八魁の星 1680円 ISBN-10:489456053
・1997/08/22 三国志 六の巻 陣車の星 1680円 ISBN-10:489456054
・1997/10/20 三国志 七の巻 諸王の星 1680円 ISBN-10:489456055
・1997/12/18 三国志 八の巻 水府の星 1680円 ISBN-10:489456056
・1998/02/20 三国志 九の巻 軍市の星 1680円 ISBN-10:489456057
・1998/04/20 三国志 十の巻 帝座の星 1680円 ISBN-10:489456058
・1998/06/19 三国志 十一の巻 鬼宿の星 1680円 ISBN-10:489456059
・1998/08/28 三国志 十二の巻 霹靂の星 1680円 ISBN-10:489456060
・1998/10/28 三国志 十三の巻 極北の星 1680円 ISBN-10:489456061
・2002/06/15 三国志読本 北方三国志別巻 600円 ISBN-10:489456979
・2006/04/15 三国志の英傑たち 560円 ISBN-10:475843224

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1572
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。