Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 10月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 46 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

リンク:『魏晉石刻資料選注』


  • 2009年4月 8日(水) 01:55 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    2,438
研究 ・古代中国箚記
http://ancientchina.blog74.fc2.com/

・リポジトリ   (※上記ブログ記事)
http://ancientchina.blog74.fc2.com/blog-entry-225.html


 上記ブログのRSS配信で気付く。
 何かというと、下記のように京都大学学術情報リポジトリ(KURENAI = Kyoto University Research Information Repository)で『魏晉石刻資料選注』が公開されているという。

・Kyoto University Research Information Repository
http://repository.kulib.kyoto-u.ac.jp/dspace/

・Kyoto University Research Information Repository: 魏晉石刻資料選注
http://hdl.handle.net/2433/70897


 ここ「三国志ニュース」としては下記の二つの記事に続くリポジトリシリーズ第三弾といったところだろうか。

※関連記事
 メモ:KURA(金沢大学学術情報リポジトリ)
 リンク:「王粛「論秘書表」の基礎的研究」

※追記 リンク:「盧植とその『礼記解詁』」

 それで『魏晉石刻資料選注』はタイトル通り魏晋代の石碑などの石刻26例について釈文、拓本写真、注等がある。26例のうち今、思い付く分で参照できるWebページへのリンクを下記へ挙げていこう。

一 上尊號碑
四 曹眞碑
七 贈司空征南將軍王基碑

・2006年3月11日「第二回 TOKYO 漢籍 SEMINAR」午後レポ
http://cte.main.jp/newsch/article.php/307

※清岡コメント。「曹眞碑」にある「蜀賊諸葛亮」の「賊」が削られている話は有名だけど、『魏晉石刻資料選注』の説明を見ると、今や「諸葛亮」の文字も削られているんだね(汗)


二 受禪表
九 任城大守夫人孫氏之碑

・石碑からこんにちわ
http://cte.main.jp/sunshi/w/w0212101130.html


六 毌丘儉丸都山紀功碑

・毋丘倹遇難紀念碑
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=2045
※別ものだけど毋丘倹繋がりということで。ニュースの石碑はどうなったんだろう。。。


八 九眞太守谷朗碑

・【味好漢】谷利促進週間【名脇役】
http://gukko.net/i0ch/test/read.cgi/sangoku/1035644015/


一〇 禪國山碑

・2006年3月11日「第二回 TOKYO 漢籍 SEMINAR」午前レポ
http://cte.main.jp/newsch/article.php/305


一二 大晉龍興辟雍碑

・「魏晋南北朝史と石刻史料研究の新展開」ノート1(2008年9月14日)
http://cte.main.jp/newsch/article.php/1018


 ちなみに曹全碑については1994年の永田英正/編『京都大学人文科学研究所研究報告 漢代石刻集成 [本文編]』の方に載っている。

※関連記事 曹全を追え

※新規関連記事 曹全碑(2017年9月30日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1218
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。