Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

横山光輝 プレミアム・マガジン(1)


  • 2008年9月20日(土) 08:57 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,567
マンガ ・横山光輝オフィシャルサイト
http://www.yokoyama-mitsuteru.com/

・K.T.P.S.2006(Blog)“神戸市長田区(新長田)と鉄人28号・ジャイアントロボ”
http://blog.goo.ne.jp/k_t_p_s_2006/
・横山光輝プレミアム・マガジン (※上記ブログ記事)
http://blog.goo.ne.jp/k_t_p_s_2006/e/3770bee18cf2ae2484aabc8a9e713da3

 上記公式サイトや上記ブログ記事ですでにお知らせがあったんだけど、ようやく下記の講談社のサイトの「KODANSHA OFFICIAL FILE MAGAZINE」のページが更新されたんでこちらでも情報中継。

・講談社 雑誌
http://shop.kodansha.jp/bc/magazines/

 つまりは講談社のOFFICIAL FILE MAGAZINEシリーズの横山光輝マンガ版で全8巻のうち第1巻が横山光輝/著『三国志』中心で2008年9月19日発行ってこと。本の内容は上記の講談社のページから辿った詳細ページより下記に引用。

--引用開始---------------------------------------------------------
Official File Magazine

横山光輝 プレミアム・マガジン(1)
三国志
監修他: 光プロダクション

発行年月日:2008/09/19
サイズ:A4変型
ページ数:34
定価(税込):1,000円


内容紹介
水滸伝、項羽と劉邦、史記 中国史劇が満載!

全巻に原寸大で甦る別冊付録 幻の逸品、不滅の光芒を放つ名作!!
1955年『少年』付録
『黄金都市』(原作:手塚治虫)

目次
●凄絶な英雄たちのドラマが織り成す「三国志」
[解説]湯本豪一

<特集>「三国志」の世界とその魅力 
[解説]塚本靑史
英雄たち/出会い/戦乱~徐州を巡る策略と裏切り~/義兄弟の試練/新たな局面~頭脳戦・軍師の活躍~/諸葛亮孔明の出陣/赤壁の戦い/蜀(しょく)の建国と英雄たちの死/巨星墜つ/五丈原への道

●担当編集者はかく語りき
岡谷信明氏インタビュー 「三国志」の頃

●歴史漫画のパイオニア
中国歴史ロマン作品群 [解説]由比敬介

●壮大な中国史への傾倒 横山光輝・創作ノート

●ベテランスタッフが見た巨匠「横山光輝」の素顔
「驥尾に付す」第1回 森正

●横山光輝作品に捧げるオマージュ!
「我が愛しの『三国志』」みなもと太郎

エンターテインメント・コレクション
「三国志 グッズ&ブック他、今昔物語」

●アニメ版「横山光輝 三国志」を語る
奥田誠治監督インタビュー
デジタル技術を駆使しもう一度アニメ化したい!

横山光輝関連トピックス/「三国志完結にあたり」
--引用終了---------------------------------------------------------

 岡谷さんのインタビューなど、興味深いのがたくさんあるね。

<10/8追記>
「講談社コミックプラス」というポータルサイトができたようで、『横山光輝 プレミアム・マガジン』の情報もそこにあるね。下記。

・イベントニュース|講談社コミックプラス
http://kc.kodansha.co.jp/event/event_detail.php/277
<追記終了>

※関連記事 横山光輝『三国志』愛蔵版(全30巻)

※追記 少年ワールド、コミックトム

※追記 横山光輝マガジン オックス 1・2・3合併復刻号(2004年2月25日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1015
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。