Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

香港2023 御宅族の現場はこうなった。(大香港研究会2023年4月1日発行)


二次創作 ※前の記事 Fani通2022上半期(F会2022年12月30日)

 2023年5月3日水曜日祝日17時頃、資料性博覧会16の会場である中野サンプラザ13階に居た。

・まんだらけ | 資料性博覧会16
https://www.mandarake.co.jp/information/event/siryosei_expo/

 前の記事にある通り『Fani通 2022上半期』(F会2022年12月30日発行)を購入して、大香港研究会のスペースへ。

・香港漫画店
http://www.hongkongmanga.com/

※関連記事 Fani通2021下半期(F会2022年8月13日)

  

 そしたらそのサークル主のてんしゅ松田さんが今回の『Fani通 2022上半期』の執筆に参加しているんだけど、自分の本そっちのけでFani通の解説する松田さん、面白かったな、おもわずツッコミをいれた。
 それでまずこの日の新刊の てんしゅ松田・村上Felix『香港炎上記録』(大香港研究会2023年5月3日)。内容はタイトルからしてセンシティブっぽいので触れないけど、とてもおもしろかったな、オチも含め。1つだけ内容に関係あることを書くと「モーマンタイ」はたしかに引っかかるね。

※関連記事 メモ:三国志F 1,2巻(2009年6月、2010年9月)

 それで本題の てんしゅ松田『香港2023 御宅族の現場はこうなった。』(大香港研究会2023年4月1日発行)。オールカラー。三国ネタはプチだけど、 p.22の香港漫画星光大道(アベニュー・オブ・スターズ)のページ。陳某『三國群英傳 火鳳燎原』がバッチリ出ていた。

※関連記事 誰も知らない香港漫画の世界(名古屋2019年5月18日)

 そしてp.18の上環・文武廟のページ。関帝ダニエル像の写真。キティは文昌帝君。下記の関連記事とは文脈がまったく違うのにまさかダニエルくんまで関羽に!

※関連記事 歌舞伎5 ハローキティ 根付け(関羽)

・サンリオ
https://www.sanrio.co.jp/

・ディアダニエル
https://www.sanrio.co.jp/characters/daniel/

・ハローキティ
https://www.sanrio.co.jp/characters/hellokitty/

 三国と無関係なので、前述の写真には出してないけど、その左隣のスペースで『日仏文化批評 アリアケパンチ』第5号(おしゃま図書2022年12月31日)が売っていて、「特集 高橋留美子」が興味深かった。2019年 アングレーム国際漫画祭でグランプリ受賞ってことで、そのさいのフランスでの記事の訳とか下記関連記事の号と同様、相変わらず興味深かった。

・おしゃま図書 (Oshimatosho) on Twitter
https://twitter.com/Oshimatosho

※関連記事 Fani通2021下半期(F会2022年8月13日)

※新規関連記事 推し本三国志(3) 馬超孟起 馬岱 龐徳令明 王異(2023年8月13日発行)

 人が多かったんで、17時10分には外に出た。会場の外には押切先生の原画展がやってた。「ハイスコアガール」のところではヒロインばかり。

※次の記事 やらかし公孫瓚 ハシゴ(2023年5月3日東京レキシズルバー→4日大垣 時re風)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6433
  • 香港2023 御宅族の現場はこうなった。(大香港研究会2023年4月1日発行)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。