Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2022年 07月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 72 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

中国文学の歴史 古代から唐宋まで(2021年10月)


  • 2021年10月30日(土) 23:08 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    337
研究  下記のTwitter Accountの下記Statusで知ったこと。

・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter
https://twitter.com/toho_jimbocho

※関連記事 出土簡牘の「風水宝池」:湖南省出土の漢・三国呉簡(学習院大学東洋文化研究所2021年10月27日)

※新規関連記事 ある地方官吏の生涯(2021年7月)

・Twitter /toho_jimbocho:‏【国内書】2021年10月 『中国文学の歴史:古代から唐宋まで /東方選書56』 安藤信廣 著/東方書店/税込2,640円 https://toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4497221124&bookType=jp その時どきに、人は時代や自分の内面とどう向きあい、言葉にあらわしてきたのか。甲骨に刻まれた占いの記録から、『詩経』、『楚辞』、曹操・曹丕・...(続) ...
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1453921261986353154

・中国・本の情報館~中国書籍の東方書店~
http://www.toho-shoten.co.jp/

※関連記事 図説 一冊で学び直せる三国志の本(2020年12月17日発売)

・国内書 中国文学の歴史:古代から唐宋まで /東方選書56
https://toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4497221124&bookType=jp

※関連記事 三国志の考古学(2019年6月)

 上記出版社の上記書籍ページにあるように2021年10月(Amazon.co.jpでは11月5日発売)に東方書店より安藤信廣『中国文学の歴史 古代から唐宋まで』(東方選書56 ISBN9784497221124)が2640円で出版されるという。上記ページの目次を見るに「第三章 三国・六朝時代の文学」とある。

※関連記事 三国志学会 第十三回大会(2018年9月15日土曜日)

※新規関連記事 漢とは何か(2022年3月)

 前述のページより下記に「第三章 三国・六朝時代の文学」の目次を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
第三章 三国・六朝時代の文学
 一 分裂と融合の時代
 二 三国時代の楽府と五言詩
  1 建安文学の時代/2 曹操と楽府/3 曹植の文学/4 建安七子の文学/5 竹林の七賢と正始文学
 三 西晋・東晋から宋へ
  1 西晋時代の文学/2 東晋の文学/3 宋代の文学
 四 斉・梁・陳と北朝の文学
  1 六朝時代後半の文学/2 斉代の詩/3 梁・陳の詩/4 北朝の詩/5 南北朝の民間歌謡
 五 南北朝の文章と文学論
  1 三国時代の文章/2 南北朝時代の文章/3 文学論の時代
 六 志怪小説の誕生
  1 志怪小説/2 小説と史実――「復活」の物語/3 桃源郷/4 『世説新語』

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/5854
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。