Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

「続・やまと屋ブログ堂」で三国伝


ネット  今、カルチョのビデオが昨年の3月下旬で、一般的な番組のビデオが1月上旬のを見ているのだけど、ちょっと前に、2014年12月17日放送のアニメ『ガンダムビルドファイターズトライ』#11「ニールセン・ラボ」を見ていた。

・ガンダムビルドファイターズトライ
http://gundam-bf.net/

・第11話「ニールセン・ラボ」
http://gundam-bf.net/story/11/

 そうすると最後にレッドウォーリアことパーフェクトガンダム3が登場する。
 …とこれだけ書くとガンダムファンでも何のトピックか分からないだろうが、1982年に月刊児童マンガ雑誌の『コミックボンボン』で連載が始まった、クラフト団/原作、やまと虹一/作画『プラモ狂四郎』というマンガがあって、それは主に当時のアニメに出てくる巨大ロボットのプラモデルを題材として扱う作品だ。特に版権が今ほど厳しくなく、いろんな作品のロボットがプラモデルとして出ていて、中でも『機動戦士ガンダム』関連は『プラモ狂四郎』オリジナルのガンダムが出ていて、つまりはレッドウォーリアもそういったオリジナルのガンダム(というよりガンプラ)であり、同じガンダム由来作品でシミュレーターでプラモ同士が戦うアニメ(片や公式アニメ、片や後付的公認マンガ)といえども直接的には無関係な『ガンダムビルドファイターズトライ』でレッドウォーリアが登場したのには驚いた。分かりやすく三国で例えると『三国志演義』に花関索が取り込まれるようなものか…いやよく解らず喩えたんだけど。

※関連記事 「四大奇書」の研究(2010年11月10日)

 そういったクロス・フィクション的な試みは単発で終わらず、『プラモ狂四郎』側からのアンサーがあった。それは下記リンク先にあるように、作者の一人、やまと虹一先生のブログ記事だ。

・続・やまと屋ブログ堂
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/

レッドウォーリアVSガンダムアメージングレッドウォーリア。
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-entry-416.html

 以上のような経緯でこのブログを知ったのだけど、そこから時間のあるときに順々に読んでいった。そうすると、主にマンガ作品での『SDガンダム三国伝』もしくは『BB戦士三国伝』のことが触れられた記事を見た。
 それも道理で、作中で主人公の京田四郎が作った、つまり『プラモ狂四郎』オリジナルにガンダムに日本の武者鎧姿をさせた武者ガンダムがあって、その武者ガンダムは作品から離れても人気を博していたそうな。一方、アニメ『機動戦士ガンダム』の公式商品なのに、「BB弾を飛ばすギミックを備えたガンダマンとかザックンとか」(下記2番目の記事からの引用)という、当初、作中の「ガンダム」や「ザク」の名称をもじった商品名であり、一貫して作中のロボット(作中名称「モビルスーツ」あるいは「モビルアーマー」)をSD(スーパーデフォルメ)化した、つまり二頭身化した「BB戦士」シリーズは「『プラモ狂四郎』で人気を博していた武者ガンダム(NO.17)が取り上げるや否や忽ち大人気」(同じく下記2番目の記事)となったそうな。商品名はやがて「SDガンダム BB戦士」と並記されるようになり、やまと先生の連載マンガでもそんな「SDガンダム」を題材とした『超戦士ガンダム野郎』が発表される。また武者ガンダムをルーツとして「SD戦国伝」として日本の戦国時代とガンダムを掛け合わせた商品展開をさせ、さらにはヨーロッパの騎士とガンダムを掛け合わせた『SD騎士ガンダム物語』(騎士は「ナイト」と読む)のマンガ連載が始まりその商品展開も行われ(下記3番目の記事)、SDガンダムも幅を見せる。そしてついに2007年6月15日に、BB戦士20周年としてBB戦士と三国の人物をかけあわせた「BB戦士三国伝 風雲豪傑編」のシリーズが始まり、No.300 劉備ガンダムが発売され、『コミックボンボン』でも2007年7月号(2007年6月15日発行)の別冊漫画ふろく42Pから、ときた洸一/画『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』が始まる。このように「SDガンダム三国伝」のルーツを遡ると『プラモ狂四郎』に行き着く。以上のマンガ作品側は講談社の『コミックボンボン』、プラモデル(ガンプラ)の商品側はバンダイが専有していたのだけど、マンガの方は『コミックボンボン』休刊(下記4番目の記事)に伴い、雑誌『ケロケロA(エース)』(当時、角川書店、隔月刊)に移る(下記5,6番目の記事)。

・シミュレーション、GO!
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-entry-188.html
※July 29, 2007 『プラモ狂四郎』誕生秘話。

・天地大河スペシャル
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-entry-165.html
※September 17, 2007、BB戦士の誕生概略。

・ツインクエストクロス
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-entry-158.html
※October 09, 2007、「SD騎士ガンダム物語」の走り

・飛天頑駄無超将軍
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-entry-155.html
※October 12, 2007、ボンボン休刊

・クリスタルガンダム
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-entry-149.html
※October 26, 2007、三国伝の移行話

・風林火山編
http://kyamatospirit.blog50.fc2.com/blog-entry-145.html
※November 04, 2007、三国伝の移行話

※関連記事
 『SDガンダム三国伝 風雲豪傑編』(コミックボンボン)連載開始(2007年6月15日)
 『BB戦士三国伝~英雄激突編~』(漫画)連載開始

 ちなみに下記関連記事にあるように『超戦士ガンダム野郎』の連載中にSDガンダムとは無関係な富田祐弘/原作、おうたごさく/まんが『SD三国志』が連載されており、SDガンダムに留まらず、SDキャラとして流行らせようとしていた『コミックボンボン』の意図が伺える。

※関連記事 SD三国志(1992年8月15日-1993年1月15日)

※追記 レッドクリフ PartI&II(イマジカBS2015年4月)

※新規関連記事 ガンダムビルドダイバーズに貂蝉キュベレイ(2018年4月3日)

※新規関連記事 サイト「小説家になろう」で三国

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3433
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。