Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 09月
«
»
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

レッドクリフ PartI&II(イマジカBS2015年4月)


映画 ※関連記事 「続・やまと屋ブログ堂」で三国伝

期せずして枕詞が上記関連記事の続きになってしまうのだけど、一般の番組のビデオが、下記リンク先にある2015年1月5日(月)20時49分からの『ウンナン極限ネタバトル ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP(仮)』に到達し、その番組内のチャレンジャーのパンサーの菅良太郎さんがモノマネのジャンルにて、髪を下ろし真顔で「『レッドクリフ』のエキストラ」と言うネタがあった。

・ウンナン極限ネタバトル ザ・イロモネア 笑わせたら100万円SP(仮) | TBSテレビ
http://www.tbs.co.jp/program/iromoneasp_20150105.html

・吉本興業株式会社 芸人プロフィール | パンサー
http://search.yoshimoto.co.jp/talent_prf/?param=/r/s=i=2755/r=2757

それがネタとして成立するほど『レッドクリフ』は知名度があるのだな、と感心しつつ、よくよく思い出すと、下記関連記事にあるようにその年末年始はBSのチャンネルのイマジカBSにて映画『レッドクリフ Part I』(原題『赤壁』、153分)とその続編の映画『レッドクリフ PartII-未来への最終決戦-』(原題『赤壁:決戰天下』、149分)が放送されていたな、と。それが同放送局で4月にも放送されるという。

※関連記事 レッドクリフ PartI&II(イマジカBS2014年12月2015年1月)

・IMAGICA BS ~映画はイマジカBS~
http://www.imagica-bs.com/

・レッドクリフ PartI | イマジカBS ~映画はイマジカBS~
http://www.imagica-bs.com/program/episode.php?prg_cd=CIID135093&episode_cd=0001&epg_ver_cd=06

・レッドクリフ PartII-未来への最終決戦- | イマジカBS ~映画はイマジカBS~
http://www.imagica-bs.com/program/episode.php?prg_cd=CIID135094&episode_cd=0001&epg_ver_cd=06

上記のページから放送時間を抜き出すと、「Part I」が2015年4月2日木曜日21時から23時40分まで、4月29日水曜日11時30分から14時まで放送され、「PartII」が4月3日金曜日21時から23時30分まで、4月29日水曜日14時から16時30分まで放送されると言う。つまり連続で見ようと思えば、4月29日放送分を見れば良いってことか…その日は祝日だしね、昭和の日に平成かつ21世紀の映画を見る、でも題材は三世紀初頭の中国で、おまけに元末明初の小説の要素も多分に含まれている、というメディアどころか時代が交錯したことになる。

※予防線的な参照リンク
・STOP!違法ダウンロード
http://www.stopillegaldownload.jp/
※上記サイトから引用すると「CD等を購入したり、インターネット有料配信などを通じて購入できる音楽や映像であるにもかかわらず、違法な手段を用いて入手するケースは悪質であるため、厳しい刑事罰が科せられることとなりました。」とのことで、検索語句にzip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaaを含む場合は違法な手段と見なされ、その上、経由した各サーバーにその記録は残り、後から罪に問われかねない。著作権や肖像権を侵害したBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句についても同様。

※追記 レッドクリフ PartI&II(BS朝日2015年6月5日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3436
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。