Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

BEGIN Japanology, Gift-giving (2012年12月20日)


テレビ 以下、プチネタ。

※関連記事 十大三国志ニュース2012 後編

上記関連記事の「十大三国志ニュース2012」の一つとして「邪馬台国に注目が集まる」を挙げたが、昨年末にも少しだけ邪馬台国を取り上げた番組があった。

・NHK WORLD TV | BEGIN Japanology
http://www3.nhk.or.jp/nhkworld/english/tv/japanology/

それは上記の番組サイトのNHK BS1の番組『BEGIN Japanology』。タイトル通り外国人に向け日本の文化を紹介する30分番組。上記番組サイトにあるように2012年12月20日14時の放送回のサブタイトルは「贈り物」(Gift-giving)だ。前半は現代日本での贈り物の習慣を紹介し、17分ぐらいから日本の贈り物の歴史を何に基づいているのかよくわからないソフトエッジの映像と共に紹介する。
その歴史の一番目が邪馬台国の女王、卑弥呼だ。"The Record of the three kingdoms"、つまり『三国志』によると、The emperor of China's Wei kingdom、つまり中国の魏の皇帝から100枚の銅鏡(one hundred bronze mirrors)を卑弥呼が受け取ったことがナレーションで説明されていた。

※参照リンク
・「三国志」を英訳すると…?   (※「三国志ファンのためのサポート掲示板」内ツリー)
http://cte.main.jp/c-board.cgi?cmd=ntr;tree=2509

日本人にはお馴染み、教科書にも紹介があって、入試にもなる、『三国志』巻三十魏書東夷伝の記述だね。

・『三国志』巻三十魏書東夷伝
景初二年六月、倭女王遣大夫難升米等詣郡、求詣天子朝獻、太守劉夏遣吏將送詣京都。其年十二月、詔書報倭女王曰:「制詔親魏倭王卑彌呼:帶方太守劉夏遣使送汝大夫難升米・次使都巿牛利奉汝所獻男生口四人、女生口六人・班布二匹二丈、以到。汝所在踰遠、乃遣使貢獻、是汝之忠孝、我甚哀汝。今以汝為親魏倭王、假金印紫綬、裝封付帶方太守假授汝。其綏撫種人、勉為孝順。汝來使難升米・牛利渉遠、道路勤勞、今以難升米為率善中郎將、牛利為率善校尉、假銀印青綬、引見勞賜遣還。今以絳地交龍錦五匹・縐粟罽十張・蒨絳五十匹・紺青五十匹、答汝所獻貢直。又特賜汝紺地句文錦三匹・細班華罽五張・白絹五十匹・金八兩・五尺刀二口・銅鏡百枚・真珠・鉛丹各五十斤、皆裝封付難升米・牛利還到録受。悉可以示汝國中人、使知國家哀汝、故鄭重賜汝好物也。」

※関連記事 関西大学の入試で三国志関連2012

その後、鏡100枚を各地の領主たちに配り、魏が後ろ盾にあることを示し、その権力を保ったという説があるとナレーションで説明されていた。先の引用を見ると、贈られたのは鏡だけじゃないけど、各地で発見されていることから鑑みてのことなんだろか……素人考えだけど。
ちなみに、その後の歴史の紹介は日本の戦国時代、織田信長と上杉謙信の話まで飛んで、洛中洛外図屏風が出てくる。

オチとしては、副音声の日本語に変えて卑弥呼の説明を聴いてみると、『三国志』をわざわざ『魏志倭人伝』と訳していたところかな。日本史の方には違和感がないかもしれないが、個人的には『三国志のロマンス』ぐらい違和感がある。

※関連記事 『三国志のロマンス』(「越境する カワイイ!可愛い!Kawaii!」内)

※追記 今年も生だよ!4時間笑いっぱなし伝説(2013年1月1日)

※追記 関西学院大学の入試で三国志関連2013

※追記 大学入試センター試験で三国志関連2014

※追記 倭にやって来た呉の鏡-『魏志倭人伝』に載らない3世紀-(2014年3月29日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2642
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。