Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 08月
«
»
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

孫呉貨幣経済の構造と特質(2012年3月10日)


  • 2012年2月23日(木) 23:21 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,191
研究 ・称猫庵
http://syoubyouan.blogspot.com/

・中国出土資料学会平成23年度大会 (※上記ブログ記事)
http://syoubyouan.blogspot.com/2012/02/23.html

上記ブログ記事で知ったこと。

・中国出土資料学会
http://www.shutsudo.jp/

上記サイトにあるように、2012年3月10日土曜日13:00-17:00に東京都文京区の東京大学文学部法文1号館113番教室にて「中国出土資料学会平成23年度大会(第3回例会)」があり、その中の研究報告に柿沼陽平「孫呉貨幣経済の構造と特質」があるという。「☆参加費(資料代)500円/☆非会員の来聴を歓迎します」とのことだ。
上記サイトにあるPDFから下記にその概要等を引用する。
━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
報告Ⅰ 柿沼 陽平(日本学術振興会特別研究員PD)
発表題目:孫呉貨幣経済の構造と特質
発表概要:報告者は拙著『中国古代貨幣経済史研究』(汲古書院、2011)等で秦漢貨幣経済
の構造と特質について検討したが、漢代貨幣経済は後漢以降どうなったのか。報
告者はすでに別途、三国時代の曹魏・蜀漢の貨幣経済に関する検討も行なったが、
では残る孫呉はどうだったのか。本報告では走馬楼呉簡等を用い、曹魏・蜀漢が
後漢とは異なる貨幣経済を展開したのに対し、じつは孫呉貨幣経済こそが漢代貨
幣経済を最も原形の残る形で継受したとの仮説を検証する。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※関連記事 三国時代の曹魏における税制改革と貨幣経済の質的変化(2010年12月)

下記関連記事にある2012年2月19日開催の国際ワークショップ「湖南出土魏晋簡牘をめぐる諸問題」で質問する柿沼さんをお見受けしたが、日本語も中国語も早口で精力的な様子で、次々と研究成果を発表していく所とイメージが繋がり、妙に納得してしまった。

※関連記事 「湖南出土魏晋簡牘をめぐる諸問題」「出土資料からみた魏晋時代の河西」(2012年2月19日20日)

また下記ブログ記事にあるように、その一週間程前の3月4日に研究報告も司会もされるそうな。

・古代中国箚記
http://ancientchina.blog74.fc2.com/

・第一回 若手中国史論壇(東方学会、2012/3/4) (※上記ブログ記事)
http://ancientchina.blog74.fc2.com/blog-entry-436.html


あとはちゃんと研究内容をフォローしてくれる研究者が居れば、良いのかな、と専門外の第三者が無責任に思ってしまう。

※追記 地下からの贈り物(2014年6月)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2315
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。