Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

週刊 三国志 ~芸術鑑賞会にむけて~(2010年10月15日-12月17日)


  • 2011年6月 9日(木) 00:08 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,604
新聞 ※追記 人形劇三国志総集編公演まとめ2011

偶然見かけたので記事に。

・埼玉県立幸手高等学校
http://www.satte-h.spec.ed.jp/

上記サイトの「芸術鑑賞会」のページを見ると、学内向けで2010年12月22日水曜日に埼玉県幸手市のアスカル幸手を会場に劇団影法師による人形劇「日本・中国共同制作 大型人形劇『三国志』総集編」を鑑賞会があったという。

・アスカル幸手
http://www.asukaru.jp/

その時の様子は前述の高校サイトの下記記事に在るとおり。

・迫力のある人形劇
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=268&block_id=193

下記関連記事にあるように結構、劇団影法師は人形劇「三国志」総集編の公演を学校向けに行うこともある。

※関連記事 高校生団体鑑賞 大型人形劇三国志「総集編」(2010年10月12日宮古高等学校)

※追記 大型人形劇『三国志』(2011年7月14日広島国際学院高等学校)

ここで注目するのは鑑賞会に先立ち、学内向けの新聞『週刊 三国志 ~芸術鑑賞会にむけて~』(デアゴスティーニのパロディーか、幸高ゴスティーニ発行)が全11号(毎週金曜日)発行されたことだろう。 人形劇「三国志」総集編鑑賞に向けての新聞であるため、判りやすいようにイラストも交えつつ『三国演義』の入門者向けのようだ(※但し、他の多くがそうであるように、途中で一応説明はあるものの『三国志』と『三国演義』や他の三国作品の混同が認められる)。あと前振りとして高校の行事を交えているあたり微笑ましいね
以下、関連記事を交えつつ、各号への発行日、タイトルとそのリンクを列挙してみる。

※2010年10月1日 1 登場人物紹介
・芸術鑑賞会にむけて 創刊号
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=219&block_id=193

※関連記事
 知識ゼロからの三国志入門(2009年10月21日)
 いっきに読める三国志(2009年11月16日)
 人形劇「三国志 桃園の誓い」(NHKアーカイブス)
 横山光輝『三国志』愛蔵版(全30巻)

※2010年10月8日 2 桃園の誓い
・芸術鑑賞会にむけて 第2号
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=223&block_id=193

※関連記事 2006年7月29日「三国志シンポジウム」雑感1

※2010年10月15日 3 三顧の礼(さんこのれい)
・芸術鑑賞会にむけて(第3号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=225&block_id=193
※次号予告が明らかな誤りあり。

※2010年10月22日 4 魏の曹操、呉の孫権
・芸術鑑賞会に向けて(第4号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=229&block_id=193

※2010年11月5日 5 糜(び)夫人
・芸術鑑賞会に向けて(第5号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=238&block_id=193
※『三国志』が簡潔なので『三国演義』が成立した訳ではない。あと妻妾、正室側室の二つの組合せが混じっていて気持ち悪い。

※2010年11月12日 6 周瑜(しゅうゆ)の妻、小喬(しょうきょう)
・芸術鑑賞会に向けて(第6号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=241&block_id=193

※2010年11月19日 7 赤壁の戦い (1)
・芸術鑑賞会に向けて(第7号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=246&block_id=193

※関連記事 呉宇森(ジョン・ウー)監督『レッドクリフ(RED CLIFF)』報道まとめ

※2010年11月26日 8 赤壁の戦い (2)
・芸術鑑賞会に向けて(第8号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=250&block_id=193

※2010年12月3日 9 赤壁の戦い後の蜀
・芸術鑑賞会に向けて(第9号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=255&block_id=193

※2010年12月10日 10 三国志第2世代
・芸術鑑賞会に向けて(第10号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=260&block_id=193

※2010年12月17日 11 五丈原の戦い、そして晋王朝へ
・芸術鑑賞会に向けて(最終号)
http://www.satte-h.spec.ed.jp/index.php?active_action=journal_view_main_detail&post_id=264&block_id=193

※追記 精巧大型人形劇「三国志」(岡山後楽館高等学校2015年10月29日)

※2016年11月13日リンク追記。上記の『週刊 三国志』へのリンクがことごとく切れていいたので、下記にInternetArchive内のページへリンクをはる。
・芸術鑑賞会 - 埼玉県立幸手高等学校
https://web.archive.org/web/20110502131247/www.satte-h.spec.ed.jp/?page_id=86

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/2056
  • 週刊 三国志 ~芸術鑑賞会にむけて~(2010年10月15日-12月17日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。