Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 12月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

リンク:『法制史研究』『書学書道史研究』


  • 2010年2月25日(木) 23:56 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,749
研究 ※前記事 リンク:「尹湾漢墓簡牘の基礎的研究」

・枕流亭ブログ
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/

・『法制史研究』PDF  (※上記ブログ記事)
http://d.hatena.ne.jp/nagaichi/20100224/p1

 上記ブログ記事で知ったこと。
 下記のように独立行政法人科学技術振興機構(JST)運用で、電子化した学術雑誌を公開しているサイトがあるそうな。

・Journal@rchive
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/

 冒頭でリンクしたブログ記事では『法制史研究』掲載の論文(PDF)へいくつかリンクでまとめられている。それを見ても、下記の『法制史研究』のページを見ても両漢三国志西晋の法制史関連の論文が結構、ありそうだ。1951年から2003年までの分が読める(つまり新しい年の分は見られない)

・法制史研究  (※「Journal@rchive」内ページ)
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnltop_ja.php?cdjournal=jalha1951

 それで下記の公式サイトを見に行くと、ちゃんと「法制史研究の電子アーカイブ化に伴うお知らせとお願い」のページがあるね。公開に関しては「刊行後5年を経過した時点」が目安だそうな。乱暴に言ってしまえば、拒絶を表明しなければ公開する的な電子化方針だね。

・法制史学会ホームページ
http://wwwsoc.nii.ac.jp/jalha/

 あと三国時代あたりが関連する学術雑誌としては下記の『書学書道史研究』が挙げられる。1991年から2008年までの分が公開されている。三国志関連では例えば福宿孝夫「日本出土「魏紀年」四鏡の銘文と字体」(Vol.1991,No.1(1991) P.3-15)とか。割合としては少ないが。

・書学書道史研究  (※「Journal@rchive」内ページ)
http://www.journalarchive.jst.go.jp/japanese/jnltop_ja.php?cdjournal=shogakushodoshi1991

・書学書道史学会 - -書道史研究-
http://shodoushi.s314.xrea.com/

 以下、余談。
 下記参照記事で触れた『東洋史研究』のWeb公開についてもその一端がみえるように、学術雑誌のデジタルデータ化&無料ウェブ公開化は、国からのトップダウン的な流れからの動きのようだね(当事者じゃないから小耳に挟む程度で、よくは知らないけど)。利用者、受信者にとっては有り難いだろうが、著作者、発信者側からみるとそれほど有り難い話ではないのかもしれない。著作権を別にすれば、単純に考えて雑誌の売れ行きが落ちる等のデメリットがあるし。ここらへん、関連書籍等へのネット広告で補償できれば良いと思うんだけど、リーマンショック以降、それは効果的でないかな。

※関連記事 リンク:「胡広伝覚書」

※参照リンク
・歌田明弘の『地球村の事件簿』
http://shodoushi.s314.xrea.com/
・ニューヨークタイムズは生き延びられるのか
http://blog.a-utada.com/chikyu/2008/11/post-cd91.html


※次記事 リンク:張家山漢簡「史律」に見える任用規定について

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1595
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。