Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2020年 08月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 53 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

リンク:正史三国志入門(『書標 ほんのしるべ』2009年9月号)


  • 2009年9月12日(土) 00:31 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,568
雑誌  タレコミ情報が入ったので、記事にしてみようと思い、公式サイトを当たってみると、PDFとしてウェブで公開されていたというオチ。

 何かというと、ジュンク堂書店の雑誌『書標 ほんのしるべ』2009年9月号(第370号2009年9月5日発行)で「正史三国志入門」という特集があるという。

・ジュンク堂書店 JUNKUDO BOOK WEB
http://www.junkudo.co.jp/

・『書標 ほんのしるべ』2009年9月号
http://www.junkudo.co.jp/shohyo0909.pdf


 表紙の中央にデンと『三国志』筑摩訳の文庫表紙(『三才圖會』曹操)があって、三国志ファンの目を引くし、左上には後漢の騎士俑があって、こちらもコアなファンの目を引く。

 それで編集後記でも触れられているんだけど、肝心の特集は8ページからある。やはり書店の雑誌とあって、書籍の紹介中心に文が組み立てられている。 紹介された本を以下に列挙する。

※文中の「三国志トランプ」は「三国演義 高級撲克」のことだろうね。

金文京/著『三国志演義の世界』
易中天/著『三国志 素顔の英雄たち』
吉川幸次郎/著『三国志実録』(筑摩書房『吉川幸次郎全集』第七巻所収)
高島俊男/著『三国志 きらめく群像』
魯迅/著『魯迅評論集』
堀敏一/著『曹操―三国志の真の主人公』
李殿元・李紹先/著・和田武司/訳『三国志考証学』
宮川尚志/著『諸葛孔明 「三国志」とその時代』
狩野直禎/著『諸葛孔明』
立間祥介/著『諸葛孔明 三国志の英雄たち』
『正史三国志』(『三国志』訳本)
坂口和澄/著『正史三國志群雄銘銘傳 増補版』
渡邉義浩/著『三国志研究入門』
盧弼/撰『三国志集解』


 さらに上記書籍の商品リンクを下記に列挙する…と『書標 ほんのしるべ』の意義から考えれば、冒頭で示した「ジュンク堂書店」のサイトから上記書籍を探す方が正当なんだけど。




 それでガイドとしてはとても面白い文だし、非常に参考になるな、と思っていたんだけど、ツッコミを入れたくなるところが二つばかりある。それぞれ大事が一つと小事が一つ。

 まず大事。
 「『正史三国志』」なんて表記は存在せず、それは結果的に陳寿の著作から『三国志』の名を奪う不遜な行為だ。確かに『三国志』は正史に類する史書だが、「『正史三国志』」では決してない。誤認を拡げる中継点になっている。せいぜい譲歩して「正史三国志」や「正史『三国志』」といったところだが、個人的にこれも気持ち悪い表記だ。

 次に小事。
 中文と漢文は違うため、『三国志集解』を読むのに中国語を習うのは遠回りのような…

※追記 現代中国語版 三国志演義(2011年10月25日)


 それでさらに話が明後日の方向にとんで、一般的な話に落とし込むわけだけど、どうか、購入すること自体、批評の一手段と捉え、消費の荒波を乗りこなして欲しい。

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/1397
  • リンク:正史三国志入門(『書標 ほんのしるべ』2009年9月号)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。