Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2017年 11月
«
»
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 42 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

1993年 押山雄一/著「RYUBI」


  • 2005年5月16日(月) 18:51 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,693
マンガ

三国志リンク集サイト「合従連衡」でサイトを辿って知ったこと。
http://gassho-renko.seesaa.net/

http://oshiyan.hp.infoseek.co.jp/index.html
↑1993年に月刊ジャンプオリジナルで二回に分けて掲載されていた押山雄一先生/著「RYUBI」がオンライン上で読めるのだ。
更新情報が「4月25日」となっているが、Internet Archiveで調べてみると2002年10月16日の時点で今と同じ更新情報だから、2002年4月25日が最終更新ってことだろう。
私は長いこと、三国志系サイトを求めネットを巡ってきたが、商業誌に載った一つの三国志漫画まるまるがサイトに載ってるだなんて初めてみた。すごい! まだ未読なので早速、読んでみる。
最近は三国志ブームかなんだか知らないが、少年漫画雑誌、青年漫画雑誌、少女漫画雑誌、果ては三国志漫画専門雑誌などいろんな雑誌でやたら三国志漫画が連載されている。なので、どうしてもそれらの連載漫画を見比べて、理想の三国志漫画をあれこれうじうじ考えてしまう。
そんなときに「RYUBI」のような一本気な少年漫画雑誌で連載されていた正統派(?)の少年漫画を読むと、かなり引き込まれる。テンポよく爽快だ。あきさせないいろんなギミックが登場している。ただ、今だと三国志マニアな方々に突っ込まれそうなところが多いんだけど(まぁそれは仕方ない)
ちなみに1993年は、同じく現代人が三国志の時代にタイムスリップする漫画「龍狼伝」(山原義人先生/著)が月刊マガジンで連載開始する年なのだ。私はどちらかというと俄然、「RYUBI」の方が好みだ。

で、「RYUBI制作秘話」まで一気に読んでしまって、サイトの入り口ページに戻ってみると
「ホーム社から発売中のTENCHUにてリニューアル連載中!」
という文字が目に入る。おーっ、とPCの前で色めき立つもつかの間。最終更新日が2002年4月25日だったよな、と思い出す。

http://members.jcom.home.ne.jp/oshiyan/
↑押山雄一先生公式サイト「居酒屋おしやん亭」

いやな予感がして公式サイトの「居酒屋おしやん亭」の掲示板を検索し見てみると、いきなり衝撃の事実が

2002年コミックTENCHU 休刊

とのこと。つまりホーム社のコミックTENCHUで復活した「RYUBI」は2002年の時点でいやおうなく連載終了していた。ガク。

願わくはたいへん難しいと思うが、月刊ジャンプオリジナルの「RYUBI」のときのように、コミックTENCHUの「RYUBI」をサイトで読めるようにしてほしい……うーん、月刊ジャンプオリジナルのことを考えると、読めるのは2011年ごろか……

ちなみにコミックTENCHUの「RYUBI」の制作の様子はサイト「居酒屋おしやん亭」のコンテンツ「RYUBI正史」(いわゆる日記)で読めるのだ。かなりさかのぼらないといけないけど。

※追記 三国志名将大列伝(2010年1月25日)
 



※新規関連記事 メモ:日本の「三国志演義」翻案作品における作画資料としての「三国演義連環画」(2017年6月24日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/124
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • 1993年 押山雄一/著「RYUBI」
  • 投稿者:押山  2005年9月25日(日) 02:35 JST
初めまして
自分で自分の作品を検索かけるほど情けない事はないのですが、目に止まってしまったので書込ませていただきます。
RYUBIの作者の押山ですw

色々とお褒めの言葉をいただき有り難うございます。
ネットでRYUBIの漫画をオープンにした頃は、パソコン覚え立てで、ついあれこれと中途半端なサイトに仕上がってしまったまま、新しいOSにHP作成ソフトが対応出来ず、放置したままの状態になっております(T▽T)
新たに連載を始めたRYUIBIも残念ながら途中で雑誌が休刊となり、ちょうどネットにアップした所で終了となってしまいました(呪いかしら)
編集長さんとも酒の席で、コミックスにしてくれーと駄々こねてますが、なかなか、、、
また新たな機会がありましたら是非続きを描きたいと思ってますので、なにとぞ御容赦くださいまし。

確かに今見るとツッコミ所満載ですねぇ、、、(汗)
当時は勢いだけで描いていた所もあるのですが、あの後に用意していたネーム(アイデア)もかなりヤバかったかも、、

またHP作成ソフトを購入してから色々と更新作業に勤しみますので、是非お立ち寄りくださいませ。
  • 1993年 押山雄一/著「RYUBI」
  • 投稿者:清岡美津夫  2005年9月26日(月) 21:50 JST
どうもお返事遅れました。
作者様自らの書き込み、感激です!
おー、あのサイトにはそういう裏があったのですね。
でも、一通り三国志漫画が読めるサイトは貴重ですね♪
更新されるとのことなので、それは楽しみが増えました。
それと私は三国志ファンの前にスタートレックファンなので、あのサイトもお気に入りです♪(特にイラスト入りの人物紹介のところ!)

そうそう日記かどこかに確かその後の構想みたいなのを読んだような気がするんですけど(馬超がでてきて)、結構、大胆なプロットで、読みたいな、と覚えがあります。