Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 04月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 1件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 48 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

検索結果

次のキーワードについて検索: 検索文字列 ''. 検索結果 1 - 30 / 104 件 (0.0077 秒). 検索条件の修正

1. 三国志キャラみくじ(飯田市川本喜八郎人形美術館2019年1月2日-7日)
飯田市川本喜八郎人形美術館のブログのRSS配信で知る。 ・飯田市川本喜八郎人形美術館 http://www.city.iida.lg.jp/kawamoto/ ※関連記事  福袋(飯田市川本喜八郎人形美術館2019年1月2日-)  飯田市川本喜八郎人形美術館 お正月特別開館(2019年1月2日) ※新規関連記事 人形劇三国志全集 各巻販売(飯田市川本喜八郎人形美術館2019年1月24日-) ※新規関連記事 飯田市川本喜八郎人形美術館 天皇陛下御在位三十年記念式典当日の無料公開(2019年2月24日) ・お正月限定「三国志キャラみくじ」やります!!  (※上記サイトのお知らせページ) http://kawamoto-info.jugem.jp/?eid=635 上記のお知らせページにあるように、長野県の飯田市川本喜八郎人形美術館の受付前にて、2019年1月2日水曜日から7日月曜日まで、三国志キャラみくじを1回200円でひけるという。また上記ページから引用するに「更に、キャラみくじの中には、その人物のあるグッズも入っています。」とのことだ。

2. 三国志大戦3 ~WAR BEGINS~オフィシャルカードバインダー(2010年8月26日)
・快盗天使ツインエンジェル 公式サイト http://twin-angel.com/ ・「ツインエンジェル」と「三国志大戦」のコラボレーションが実現! (※上記サイト内ページ) http://twin-angel.com/news/g_063.html 上記サイトの「えんじぇる☆にゅーす」の2010年5月27日分で知る。 アーケードゲーム『三国志大戦』の2010年6月稼働開始予定新バージョン『三国志大戦~WAR BEGINS~』のオフィシャルカードバインダーがセガより2010年8月26日に発売するとのこと。DX版が7350円で通常版が5140円。 (というより、新バージョンの名称は『三国志大戦~WAR BEGINS~』なんだね) 上記ページにも書いてあるが、『三国志大戦~WAR BEGINS~オフィシャルカードバインダー』の同梱商品となるEX(エクストラ)カードは『快盗天使ツインエンジェル』コラボレーションカードとのこと(またデータベース消費を誘発しそうだ)。カードは「漢王朝の天使 曹三姉妹」(誰?)とのことで「Illustration:sammy/たむらかずひこ/古賀誠」とクレジットされている。『快盗天使ツインエンジェル』はサミー製のパチスロであり、あれこれメディアミックス的商品展開をしている模様。言われてみれば『三国志大戦』は講談社等、他社とコラボレーションすることが多かったが、同じセガサミーグループ内でのコラボは初めてじゃないのかな。 ※5月30日追記。ありがたいことに、コメント覧で教えて貰ったんだけど、この「曹三姉妹」が曹操の女(むすめ)の憲・節・華の三人だという噂があるそうな。言われてみれば『後漢書』紀第十下獻穆曹皇后紀に「獻穆曹皇后諱節、魏公曹操之中女也。建安十八年、操進三女憲・節・華為夫人、聘以束帛玄纁五萬匹、小者待年於國。十九年、並拜為貴人。及伏皇后被弒、明年、立節為皇后。」とあり、史書上で三人セットになっており、献帝の夫人になり、続けて三人とも貴人となり、中の娘の節は皇后(つまり献帝の妻)になっており充分に有名だから、信憑性が高そうな噂だ。 ※6/17追記。タイトルは『三国志大戦~WAR BEGINS~オフィシャルカードバインダー』ではなく『三国志大戦3 WAR BEGINS オフィシャルカードバインダー』とのことで、この記事のタイトルも変更。また「三国志大戦3公式ウェブサイト」より下記へ商品情報を引用。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 本日稼働の『三国志大戦3 WAR BEGINS』の追加カードがすべて収納できるオフィシャルバインダーセットが早くも登場します。 オレンジの配色に龍がデザインされた、カードファイルに加え、今バージョンで追加された武将カードが全部収納できるリフィルとカードリスト、スペースを穴埋めするカードが付いてきます。 また、同梱のEXカードには、漢勢力の「曹三姉妹」。オリジナル計略の「天使の微笑」の効果も気になるところ。 更にDX版には、「ステップアップガイドシリーズ」でおなじみの、ゲームジャパン編集部による、「三国志大戦歴代カードリストブック」が同梱。歴代すべての武将カードに加え、三国志大戦史や有名君主たちの座談会も収録されており、まさに必見!! ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ・三国志大戦3公式ウェブサイト http://www.sangokushi-taisen.com/ ※関連記事 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日) ※追記 三国志大戦3 WAR BEGINS(2010年6月17日) ※追記 三国志ジョーカー(2010年7月6日)

3. 激突! 三国志武将かるた(2009年7月)
・月光楽園 http://mlp.cside.to/  上記サイトの「つれづれ日記」で知ったこと。  2009年07月にポプラ社から加来耕三/文『激突! 三国志武将かるた』が発売したという。ISBN978-4-591-11044-7、1050円。  表題にある「かるた」以外にもカードバトルも楽しめるそうな。 ・こども 絵本 | ポプラ社 http://www.poplar.co.jp/ ・激突! 三国志武将かるた :加来 耕三 | ポプラ社 http://www.poplar.co.jp/shop/shosai.php?shosekicode=86300100 ※Amazonアソシエイトに加入したことについては承認された後に改めて記事で説明しますね。うちのサイトのアクセス数から判断して、収入はほぼないと思いますが、その収入についてサーバーレンタル費等のサイト運営以外に使わない予定です。  上記のポプラ社のサイト内のページによるとグレード(対象年齢?)は「小学校中学年~」とのこと。イラストを見る限り伝統的な絵(=歴史に忠実ではない絵)だな。文を担当されている方は『諸葛孔明は二人いた 隠されていた三国志の真実』の著者だね。 ※関連記事 諸葛孔明は二人いた 隠されていた三国志の真実(2009年4月20日) ※追記 三国志:燕虎物語(2010年11月) ※追記 あらすじとイラストでわかる三国志(2010年10月) ※追記 図解 三国志(2011年6月22日) ※追記 三国志激戦録(2011年7月19日) ※追記 横山光輝「三国志」武将かるた(2011年11月1日) ※追記 教えてあげる諸葛孔明(2011年11月25日) ※追記 コミック版三国志 1 桃園の誓い(2013年1月8日) <8月27日追記>  アクセスログを見ていると、8月25日9:40以降に「三国志 かるた」とかそういった類の検索語句が突如多くなり、ここの記事が検索されやすくなる。  原因がわからないまでも、まぁ、テレビ番組かなんかで紹介されたのかな、と見当はついていたんだけど、うちのサイトではよくあることだし、歴代の中ではそれほど多くないアクセス数だったので(下記記事参照)、あまり追求せずにいた。 ※参照記事 メモ3:「アクセス集計に見られる現代日本における三国志由来事項の変容と浸透」  ところが冒頭でリンクしたサイトへアクセスが流れたようで、そこのブログを見ると、サイト管理人様を不用意に驚かせてしまったらしい。  申し訳ないな、と思いつつ、謝りに行くにしても、その原因がわからないと示しが付かない気がするし、と迷っていたら、今日、ふとしたことでそれが判明する。  それは知り合いによる旅の土産話の中にあった。  某学会大会の朝食時に、たまたまその場にフジテレビ系列の朝の情報番組『とくダネ!』が流れていたそうで、その番組に「SAMURAI魂」というコーナーがあって(番組公式サイトの「番組に寄せられたメッセージ」で確認)、そこで「直江兼続」が取り上げられていたそうな。そのときに解説者として出演されていたのが加来耕三さんで、コーナーの最後に著作の紹介としてこの記事にある『激突! 三国志武将かるた』が紹介されていたという。コーナーの本題とは無関係ながらこれだけアクセス数が出るとはさすが全国ネット。 ・とくダネ! - フジテレビ http://www.fujitv.co.jp/b_hp/tokudane/  それで余談なんだけど、その土産話によると、その『激突! 三国志武将かるた』を見て、中国の歴史ものでちゃんと考証された絵がなかなかない、って話の流れで、(肯定的な意味で)『龍陽君始末記』が話題に上がっていて、例のあとがきの弁髪の話も話題に上がっていたそうな(笑)。というか、あとがきでは弁髪が描かれているなんて、しらなんだ。  というか「知り合い」の「知り合い」の「知り合い」で繋がった(←内輪ネタ) ※参照記事 『ミステリーボニータ』に司馬懿くん <追記終了>

4. 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日)
※関連記事 三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~(2009年7月23日稼働)  上記記事にあるように2009年7月23日に『三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~』(アーケードゲーム)へとバージョンアップしたことをお伝えしたわけだけど、下記公式サイトにはそれ以外にも更新情報が載せられていた。 ・三国志大戦3公式ウェブサイト http://www.sangokushi-taisen.com/  それによると2009年8月27日に  ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット 通常版 6090円  ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット DX版 8190円  ・三国志大戦3 猛き鳳凰の天翔 トップローダー6枚セット 1260円 の三点がそれぞれ発売されるという。

5. ブースターパック「OS:真・恋姫†無双」(2009年7月11日)
KBS京都で『懺・さよなら絶望先生』(アニメ)を見ようと思ったら、直前にCMが入っていたのでメモ。 ・株式会社ブシロード http://bushiroad.com/ 株式会社ブシロードがどんな会社かというと、上記サイトのmetaタグのDescriptionを下記へ引用することで説明の代わりとする。 --引用開始----------------------------------------------------- TCGヴァイスシュヴァルツ、サンデーVSマガジン他トレカやグッズなどの取扱い、木谷高明でおなじみの株式会社ブシロードです。 --引用終了----------------------------------------------------- ここでいうトレカ(トレーディングカード)について。 2009年7月11日にChaos ブースターパック「OS:真・恋姫†無双」が発売されるという。1パック8枚入り330円、1ボックス20パック入り6600円。 「真・恋姫†無双」は何かというと説明が面倒なので、下記関連記事参照のこと。 ※関連記事 マジキュー4コマ 真・恋姫無双 ※追記 「真・恋姫†無双」キャラクターソングCD ※追記 ブロッコリーの『真・恋姫†無双』製品 ※追記 OS:真・恋姫†無双 ~萌将伝~ 1.00(2010年12月4日)

6. 『一騎当千 秘蔵限定BOX』発売決定
<2008年2月27日追記> 『一騎当千 秘蔵限定BOX』の発売日は2008年4月18日とのこと。 <追記終了> 『一騎当千』(塩崎雄二/作)とは『月刊コミックガム』(ワニブックス)で連載中の漫画。二回アニメ化されている。 ・COMIC GUM OFFICIAL WEBSITE http://www.comicgum.com/ 上記『月刊コミックガム』の公式サイトを見て貰うとわかるように、一見、三国志とまったく関係なさそうに見えるんだけど、三国時代の人物の宿命を受け継ぎ現代に生まれた人物たちが格闘を繰り広げる内容であるため、登場人物が「姓+名+字(あざな)」表記で三国志の人物と同姓同名同字になっている。その生まれ変わった人物の多く(孫策、呂蒙、関羽等)が何故か女子高生という設定で、ストーリーや格闘描写以外にも別のセールスポイントがあるようだ。 ※参照記事 ・『一騎当千Dragon Destiny』関連商品 http://cte.main.jp/newsch/article.php/604 ・2007年2月26日「一騎当千Dragon Destiny」放送 http://cte.main.jp/newsch/article.php/460 ・関羽でイメージ検索すると… http://cte.main.jp/newsch/article.php/306 ・「ビジネスにおけるキャラクター活用」にて http://cte.main.jp/newsch/article.php/223 ・2005年09月26日 AERA(2005年10月3日号) http://cte.main.jp/newsch/article.php/185 ※追記 一騎当千関連情報 ※追記 一騎当千 XROSS IMPACT(2010年4月28日) ※追記 一騎当千 赤壁終結記念BOX 作者の意向はよくわからないが、どうも企業としてはそれら登場人物の性的描写をセールスポイントにしたいように思える(絵柄的には男性の多くを対象というより、特定の層を対象にしているように思える)。というのも2008年3月発売予定(申し込み締め切り2007年12月15日)の『一騎当千 秘蔵限定BOX』の内容を見るとそういう印象を受けた。 公式サイトに現在、トピックとして『一騎当千 秘蔵限定BOX』の内容のページへのリンクが張られている。リンク先には一つの画像ファイルがある(穿った見方だと、検索で引っかかりにくくするために画像にしている?)。 そこを見ると、『一騎当千 秘蔵限定BOX』の内容は以下のようになっている。 秘蔵アイテム1 塩崎雄二先生描き下ろし『一騎当千』外伝コミック 秘蔵アイテム2 カラー複製原画(13種セット) 秘蔵アイテム3 孫策伯符胸像フィギュア(制作協力:グリフォンエンタープライズ) 秘蔵アイテム4 関羽雲長セクシーマウスパッド 秘蔵アイテム5 呂蒙子明ケータイクリーナー 秘蔵アイテム6 『一騎当千』クリアカバー(15枚セット) 秘蔵アイテム7 孫策伯符パンツ こう文字だけにすると伝わりにくい部分があるんで、まぁ、興味のある人は、上記『月刊コミックガム』公式サイトに見に行って欲しい(ニュース&トピックスのところだからそのうち消えるかも)。 個人的には、秘蔵アイテム4が平面的なただのマウスパッドではなくイラストの胸部にジェル状の素材を使って立体的に表現し視覚と触覚を売りにしているあたりと、秘蔵アイテム7が下着そのものだというあたり、ビックリしすぎて声に出して笑ってしまったんだけど。まさに「秘蔵」って感覚(個人的には「見せずにそのまま秘蔵にしておいてください」とツッコミを入れたくなる)。情報の受け手の度量(冗談として受け止められるかどうか)を試されているのかと思った。 そのページには「一騎ファンに捧げる衝撃お宝アイテム登場」と書かれているが、別に『一騎当千』ファンでなくとも(特に三国志ファンにとって)充分、衝撃的内容だと思った。 ※追記 一騎当千【狂喜乱舞BOX】(仮)(2013年3月29日) 第三者ながら、身近な話ではこれで三国志ファン(特に孫策ファン、関羽ファン)が誤解されないこと、さらには2008年、2010年を過ぎた頃に外交問題に発展しないことを切に願うところだ。

7. 横山光輝三国志トランプ(2009年8月25日)
※関連記事 神戸市地下鉄海岸線と「KOBE鉄人PROJECT」の連携イベント(2009年8月)  上記の関連記事に引き続き、「KOBE鉄人PROJECT」関連の記事。 ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ) http://www.chugen.net/ ・横山光輝三国志トランプ発売決定!  (※ブログ記事) http://sangokushi.chugen.net/1207  上記ブログで知ったこと。「KOBE鉄人PROJECT」から横山光輝三国志トランプが発売されるという。2009年8月22日23日開催の「第三回三国志祭」で先行販売され、インターネット上では上記サイト「英傑群像」で8月25日からの販売を予定しているとのこと。 ・KOBE鉄人PROJECT|鉄人28号・横山光輝三国志|光プロ|神戸鉄人プロジェクト http://www.kobe-tetsujin.com/ ※関連記事 第三回三国志祭(2009年8月22日23日)

8. 横山光輝三国志 カード型ライター
 如月雪さんのブログ「未来と過去の交差点」で面白い商品を見かけたので、こちらでも紹介しておこっと。横山光輝三国志の絵が入ったカード型ライターとのこと。 ・未来と過去の交差点 mirakako.exblog.jp/ ・月曜の朝から大興奮!! mirakako.exblog.jp/3572350  それで上のブログでもリンクが張ってあるように、そのライターはFUJISAWA製とのこと。下記URL参照。 ・株式会社フジサワ http://www.fujisawa-inc.com/  それから公式サイト。今のところ全12種類だそうな。サイトで絵が見れる。 ・横山光輝三国志 カード型ライター http://www.fujisawa-inc.com/card_menu/card_sangokusi.html  ついでその全12種類をここにメモっておく。絵以外にも勢力(?)を表す漢字一文字があるのでそれ毎に書いておこう。あとライターには何やら名言やらあだ名みたいなのが書いてるっぽい。 ・劉  劉備玄徳(若いとき) ・蜀  張飛翼徳  関羽雲長  趙雲子竜  諸葛亮孔明  黄忠漢升 ・馬  馬超孟起 ・呂  呂布奉先 ・魏  曹操孟徳(若いとき)  司馬懿仲達 ・呉  孫権仲謀  周瑜公瑾

9. 横山光輝「三国志」武将かるた(2011年11月1日)
・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ) http://www.chugen.net/ ・横山光輝『三国志』キャラを使ったカルタ発売予定  (※上記ブログ記事) http://sangokushi.chugen.net/2630 RSS配信を通じ上記サイトの上記ブログ記事で2011年8月6日には発売するのは知っていたが、情報源の明記されたより確実な情報を見掛けるのを待っていた。 ※関連記事 三国志外伝(2011年10月20日) そうすると、上記関連記事で触れた2011年9月10日開催の「三国志フェス2011」の出展ブースに潮出版社が来られていて、そこで配られていたチラシにその情報があった。 何かというと潮出版社より2011年11月1日に『横山光輝「三国志」武将かるた』が発売されるという。名前の通り、横山光輝/著『三国志』(マンガ)をモチーフにしたカルタだ。※追記。1890円とのこと。 ・潮出版社 USIO http://www.usio.co.jp/ ※リンク追記 ・横山光輝「三国志」武将かるた http://www.usio.co.jp/html/sangokushi_karuta/index.html ・横山光輝「三国志」武将かるた_bot http://twitter.com/yms_karuta  ※こういうプロモーションは興味深いね。 今、下記「横山光輝オフィシャルサイト」にアクセスすると、「三国志 武将かるた  制作中!」と銘打った2011年8月8日のインフォメーションがあって、そこには6組の「読み札と取り札」の画像、つまり太史慈、関羽、劉備、司馬懿、姜維、徐庶の札の画像が公開されている。読み札には読み文以外にもちょっとした解説がついてあって横山光輝/著『三国志』愛蔵版の何巻に対応しているか書かれてある。また取り札にはマンガのコマから転載されている。このマンガに対する愛に溢れたかるた、って印象を受ける。 ・横山光輝オフィシャルサイト http://www.yokoyama-mitsuteru.com/  ※追記。このサイトによると「企画:電通(石田茂富・小野麻利江・笹沼 修)」 ※関連記事 横山光輝『三国志』愛蔵版(全30巻)

10. 横山光輝『三国志』カレンダー2009
2007年3月5日から毎月五日に横山光輝『三国志』愛蔵版(ハードカバー)を出版している潮出版社だけど、来年のカレンダーである「横山光輝『三国志』カレンダー2009」を全国の書店で販売しているとのこと。 ・潮出版社 USIO http://www.usio.co.jp/ ・横山光輝オフィシャルサイト http://www.yokoyama-mitsuteru.com/ ※関連記事  三国志オリジナル・カレンダープレゼント(潮出版)  横山光輝『三国志』愛蔵版(全30巻) ※追記 講演会「三国志と横山光輝」(2008年12月13日) ※追記 赤壁 パート1&2(2009年3月3日) ※追記 横山光輝「三国志」カレンダー2010(応募終了)  上記サイト「潮出版社 USIO」から下記へ内容を引用。 --引用開始--------------------------------------------------------- 2008/11/6 横山光輝「三国志」カレンダー2009 絶賛発売中! あの横山三国志のキャラクターが勢ぞろい!スケジュールが書き込みやすいボックス・カレンダー型の壁掛けカレンダーです。全国の書店でお求めください。 ★価格1,050円(税込) ★サイズ/体裁 A3縦(A4見開き)壁掛けタイプ ★登場キャラクター  (1月)諸葛亮孔明(2月)周瑜公瑾(3月)張飛翼徳(4月)趙雲子龍(5月)劉備玄徳(6月)孫権仲謀(7月)曹操孟徳(8月)関羽雲長(9月)[广龍]統士元(10月)姜維伯約(11月)司馬懿仲達(12月)諸葛亮孔明 --引用終了--------------------------------------------------------- 諸葛亮に始まり諸葛亮に終わる一年か。

11. 三国志大戦3 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット(2008年10月23日)
※関連記事 三国志学会 第四回大会ノート1  上記記事の続きで2008年、2009年分のアクセス集計している。前回が発表前の8月まで延々、表計算ソフトで手作業を行っていたが、少し改善され、専用のスクリプトを使っている。それだと、ある検索語句をまとめて分類でき、より効率的になっている。  分類する際、判断因子は自分の記憶に拠るところが大きく、思い出せない時は過去、検索対象となっていた「三国志ニュース」内で検索し、確認を取る。  そういった作業をしていると、「三国志ニュース」で記事にしていなかった事例に気付く。その一例が「EX劉禅」という検索語句。 ・三国志大戦3公式ウェブサイト http://www.sangokushi-taisen.com/  上記公式サイトを見ていくと、どうやら、2008年10月23日に「三国志大戦3 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット」が発売されたようで、その通常版は4725円で「追加リフィル・インデックス・リフィル穴埋めカード・扉絵」、「カードデータリスト」、「三国志大戦3 オフィシャルラージデッキケース」、「エクストラカード」が同梱されており、8925円のDXパックになるとそれらに加え、「三国志大戦3 復活!象×3 Tシャツ」、「三国志大戦3 オリジナル名刺ケース」が同梱される。前述の「EX劉禅」はこの中での「エクストラカード」に対応する。つまりこのカードには少女漫画『パタリロ!』の作者である魔夜峰央氏により描かれた劉禅が描かれたカードだ。ナンバーはEX020。その見た目はデータベース消費よろしくそのまんま『パタリロ!』主役のパタリロで、そのオリジナル計略はパタリロを連想させるような「ドタバタ戦法」となっている。もちろんこのカードは『三国志大戦3』で使える。時期的には『三国志大戦3 ~蒼天の龍脈~』(Ver.3.10)のころかな。 ※関連記事  エクストラカード(野中英次/画)  三国志大戦3~猛き鳳凰の天翔~オフィシャルカードバインダー(2009年8月27日)  「三国志大戦3 ~蒼天の龍脈~」稼働開始(2008年9月18日) ※追記 上海 三国牌闘儀(2009年9月8日)

12. 三国志オリジナル・カレンダープレゼント(潮出版)
 毎月5日に、横山光輝『三国志』愛蔵版(漫画)を順次、刊行している潮出版。その出版社から横山三国志の絵が描かれた四月から始まるカレンダー(いわゆるスクールタイプのカレンダー)が貰える「三国志オリジナル・カレンダープレゼント」企画があるとのこと。 ・潮出版社 USIO http://www.usio.co.jp/ ・潮出版社 「三国志オリジナルカレンダー」プレゼント! http://www.usio.co.jp/html/calendar/ 応募方法は2008年4月5日発売予定の横山光輝『三国志』愛蔵版14巻の帯にある応募券で応募するそうだ(詳しくは上記ページへ)。締切は同年5月31日とのこと。 ・横山光輝オフィシャルサイト http://www.yokoyama-mitsuteru.com/ ※関連記事  特集『三国志』の醍醐味(月刊「潮」)  横山光輝『三国志』愛蔵版(全30巻)  『横山光輝 三国志』(アニメ)2月21日放送開始 ※追記 横山光輝『三国志』カレンダー2009

13. 張飛牛肉(四川張飛牛肉有限公司)
※関連記事 三国演義連環画(1956-1964年) 上記関連記事でUSHISUKEさんから送って貰った『三国演義連環画』に、USHISUKEさんからのプレゼントとして四川张飞牛肉有限公司製の「张飞牛肉」(張飛牛肉)という食品6種が付いてきた。そのパッケージには下記のサイトのURLが書かれていた。 ・四川张飞牛肉官方网站- 中国驰名商标,四川省名牌产品, 中国羽毛球队指定产品! http://www.zfbeef.com/ 一個一個は右の写真ぐらいの大きさになっており、わかりやすいように下に15cmの定規も写しておいた…と安物のデジカメで接写ができずぼやけてしまって申し訳ないが。どんな種類があるかというと、右の写真の左上から右へ順に仔姜牛肉、風味五香、葱香牛肉、左下から右へ順に滷汁牛筋、麻辣、軟酥(どんな味かは各自、中日辞書で調べてみよう。あるいは下記サイト)。それそれ京劇のメイク風の顔が描かれており、種類によってはトラヒゲの張飛マークがついている。 ・中日辞書 北辞郎 http://www.ctrans.org/

14. 美味豪傑中華風カレー 神戸三国志伽哩(2008年8月15日)
2008年7月27日に「第2回三国志祭」があったんだけど、そこの会場で、2008年8月15日に発売予定の「美味豪傑中華風カレー 神戸三国志伽哩」(レトルトカレー?)のパッケージが展示されていた。横山三国志のイラストが特徴的。 ・三国志祭オフィシャルサイト http://sangoku-maturi.com/ ・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ) http://www.chugen.net/ ※関連記事 第2回三国志祭(三国志コレクション) ※追記 神戸・長田に“第2のトキワ荘”を…地元商店主ら計画(読売新聞2008年8月23日付) ※追記 ブラック会社に勤めているんだが、もう俺は限界かもしれない(2009年11月21日) それに合わせ、上記「三国志祭オフィシャルサイト」の「概要」ページでも「三国志祭り備品公開!!」として「美味豪傑中華風カレー 神戸三国志伽哩」の展示写真と共に下記のような文が添えられていた。 --引用開始--------------------------------------------------------- 祭りで使う提灯 と 初公開!!三国志カレー(8/15発売予定)三国志祭りで展示予定 --引用終了--------------------------------------------------------- その写真によると「三国志ネットショップ「英傑群像」でも取り扱います。」という。 ちなみにこの「三国志祭り備品公開!!」の部分は8月4日の「祭終了に伴うサイト更新」によりページから外されている。

15. 限定いも焼酎「赤兎馬(せきとば)」
プチネタで~す。 http://www.rakuten.co.jp/hukuya/431548/431726/491253/ ↑限定いも焼酎「薩州 赤兎馬(せきとば)」(濱田酒造)なんてあるんですね。 ラベルのデザインが力強くてグッドです。

16. 真・三國無双 10th アニバーサリー グッズ(2011年2月上旬)
※関連記事 真・三國無双6(2011年3月10日) 上記関連記事にあるように2011年3月10日にPS3用ゲームの『真・三國無双6』が発売するため、それに合わせてサウンドトラックや攻略本が発売されないか、下記のコーエーテクモゲームスのGAMECITY [オンラインショッピング]にある「真・三國無双専用ショップ」のページへアクセスした。 ・真・三國無双専門ショップ http://www.gamecity.ne.jp/shop/smusou/ 目的のものは見つからなかったが、下記関連記事にあるように2000年8月3日にコーエー(現コーエーテクモゲームス)の『真・三國無双』が発売してから10周年を迎えたため、それを記念したグッズが、以前紹介した『真・三國無双 10th Anniversary キャラクター全集』以外にもリリースされるという。 ・真・三國無双 10周年サイト http://www.gamecity.ne.jp/smusou10th/ ※関連記事 真・三國無双 10th Anniversary キャラクター全集(2010年11月中旬) まずは2011年2月上旬発売予定の『真・三國無双 10th アニバーサリー ミニトートバッグ』全6種だ。各800円。『真・三國無双5』デザインのミニキャラを配したミニトートバッグで、曹丕、夏侯惇、孫尚香、陸遜、趙雲、関羽の6種となる。 ・真・三國無双5 http://www.gamecity.ne.jp/smusou5/ ※関連記事 『真・三國無双5』(PS3/Xbox360版)11月11日発売決定 次に2011年2月上旬発売予定の『真・三國無双 10th アニバーサリー クリアファイル【4種セット】』だ。1600円。『真・三國無双5』デザインのミニキャラを配したクリアファイルで、魏、呉、蜀、他の4種となる。

17. 「赤兎馬・旧正月福袋2009」発売日決定
三国志ブランドでお馴染みの「赤兎馬」から不定期で発行されているメールマガジンに「三国志SHOP通信「赤兎馬」」というのがあって、2009年1月23日発行のvol.167によると、今年も旧正月福袋が旧正月に販売されるとのこと。 同メールマガジンのvol.150によると、旧年(2008年)の旧正月(…って変な表現だけど)の2月7日に発売されたそうで、本年(2009年)も旧正月、つまり1月26日に販売されるという。 ※2010年2月11日追記。メールマガジンによると、2010年の旧正月(2010年2月14日)にも「赤兎馬・旧正月福袋2010」が発売されるそうな。5250円。第一部が0時から第二部が19時から販売開始。 ※追記 三国志セット(2010年2月14日-21日空龍) ※参照記事 2009年の春節祭 あと同メールマガジンによると、横浜大世界「三国志フェア」で赤兎馬のTシャツやグッズが販売されているそうな。 ※関連記事 横浜大世界「三国志フェア」開催(2009年1月17日) ※追記 海月姫×赤兎馬コラボ三国志ver.Tシャツ

18. 携帯電話のきせかえ及びアレンジ関連
部外者で興味のない者にとっては判りづらく、その上、各社別々の商標を出しているものだから、それに輪を掛けてより判りづらくなっていて意味不明なものになっているんだけど、そう思うのはおそらく私だけだから以下、情報中継。まぁ、各社競争しているのだなぁというのは何となく判るんだけど。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※「iモード」「きせかえツール」は株式会社NTTドコモの商標または登録商標です。 ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※「きせかえアレンジ」はソフトバンクモバイル株式会社の商標または登録商標です。 ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※「EZweb」および「EZケータイアレンジ」はKDDI株式会社の商標または登録商標です。 ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ ※上記三つの引用はこの記事の最後に掲載したURLが引用元。 一番目の会社と二番目の会社で共通する語句は「きせかえ」で二番目と三番目の会社で共通する語句は「アレンジ」。何の予備知識もない私にとっては二番目の会社が良いとこどりに見えてしまう。 つまりは呼び方は違っても、システムとしては、どうやら「ケータイ」の画面に映し出せる映像(待受画面、メニュー、電話着信、メール受信、電波ピクト、電池ピクト等)をあたかも「きせかえ」するかのように「アレンジ」するような「ツール」らしい。この認識であっているんだろうか。

19. 鈴木次郎+SEKITOBA「サンゴクシ48」シリーズ
書く時機を逸したが、忘れず記事にする。 2010年6月18日発行のメールマガジンの三国志SHOP通信「赤兎馬」で知る。 ・三国志ブランド「赤兎馬」 http://www.sekitoba.com/ ・Jiro Suzuki+SEKITOBA「サンゴクシ48」シリーズ:三国志Tシャツ赤兎馬 (※上記サイト内ページ) http://www.plastic-rouge.com/souten/s48/s48_zen.html 上記ページにあるように鈴木次郎先生と三国志Tシャツ赤兎馬のコラボレーション商品のTシャツ「サンゴクシ48」シリーズが上記サイトで発売されている。名前からアイドルフォーマットのAKB48を連想するんだけど、そのテーマは「ビッ○リマン+女子校生+三国志で48人の武将のTシャツ化を目指す 」とのこと。 今のところ、『サンゴクシ48-曹操01』と『サンゴクシ48-夏侯惇02』が発売されている。 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.203(2010.10.1)によると、「人気シリーズ「サンゴクシ48」第2弾発売」とのことで、趙雲03、諸葛亮04登場。 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.206(2010.11.10)によると「HYPER HOBBY 2010年 12月号」で「「サンゴクシ48」を掲載」 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.211(2011.1.25)によると、「孫策と太史慈が登場」、「Gファンタジー 2011年 01月号」で「「サンゴクシ48」を掲載」 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.211(2011.1.25)によると、「サンゴクシ48の太史慈06・孫策05WF限定カラーver.の販売」 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.215(2011.4.19)によると、「月刊「Gファンタジー」5月号に「サンゴクシ48シリーズ」が紹介」 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.219(2011.6.21)によると、「呂布07と陳宮08が登場」 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.220(2011.7.23)によると、2011年7月24日0:00-26日24:00に「呂布07WF限定カラーver.」「陳宮08WF限定カラーver.」販売 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.230(2012.3.21)によると、「魯粛09」「周瑜10」の登場 ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.236(2012.8.11)によると、「袁術11」「袁紹12」の登場br> ※追記。メールマガジン『赤兎馬通信』vol.241(2013.2.13)によると、「劉備13」「張飛14」「関羽15」の登場 鈴木次郎先生の三国志ものの代表作は『まじかる無双天使 突き刺せ!! 呂布子ちゃん』(マンガ)。下記関連記事にあるように以前、三国志Tシャツ赤兎馬とコラボしている。 ※関連記事 ガンガン戦 -IXA-(2009年11月27日創刊) ・すずきんちブログ http://ameblo.jp/jirosuzuki/ ※作者公式ブログ ※追記 三国志フェス2010(2010年8月21日土曜日)

20. 三国志セット(2010年2月14日-21日空龍)
 ありがたいことにタレコミ情報を頂いたので記事に。 ※関連記事 2010年の春節祭  上記関連記事や下記公式サイトにあるように今年も旧正月に合わせ、2010年神戸南京町春節祭が2010年2月14日日曜日から21日日曜日までの間、行われる(※登録商標上、神戸は「中華街」ではなく「南京町」なので注意が必要。登録商標第4020808号)。 ・神戸南京町 http://www.nankinmachi.or.jp/ ・2010 南京町春節祭 http://www.nankinmachi.or.jp/shunsetsu/spring2010/index.html  上記「2010 南京町春節祭」のサイトの下の方にある「迎春餐&福袋」をクリックすると、PDFファイル(※データ量が多いので注意)が開く。  そこには春節祭期間中の南京町内の各店のセットや福袋が紹介されている。2010年に合わせてか、どこも2010円均一とのこと。そこで目を引いたのが「空龍」というお店の「三国志セット」。こちらも2010円。内容は該当ページから下記に引用するようなもの。 ━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━ 27 空龍 三国志セット(オリジナルTシャツ、孔明扇子、 トランプ、パズル) 営10時半~20時  土10時半~21時・日10時半~20時半 休なし ━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  そこには写真が添えられて居るんだけど、「パズル」はどう見ても華容道パズルだよな。まぁ、注意書きに「※フェアの商品は、掲載している写真と異なる場合がございます。」とあるんで、違うかもしれないけど。 ※参照記事 第四回三顧会ダイジェスト4「三国志トランプ大会」

21. ブロッコリーの『真・恋姫†無双』製品
※関連記事 ブースターパック「OS:真・恋姫†無双」(2009年7月11日) 上記記事で株式会社ブシロードから『真・恋姫†無双』のトレカ(トレーディングカード)が出ていることを伝えたわけだけど、他の会社からも出ているようだね。ここで説明するより公式サイトに行った方が判りやすいので下記へ続けてリンクを張る。前者が2008年9月26日発売で後者が2009年7月10日発売。 ・ディープエンジェルカードコレクション「恋姫†無双 ~ドキッ★乙女だらけの三国志演義~」 http://www.broccoli.co.jp/traca/koihime/ ・ディープエンジェルカードコレクション「真・恋姫†無双」2009年7月10日(金)発売! http://www.broccoli.co.jp/traca/shinkoi/ これらのトレカをどこがだしているかというと、「ブロッコリー」という会社(※今、思い出したけど、その筋では有名な会社だね)。 ・BROCCOLI Official Home Page http://www.broccoli.co.jp/ ※追記 『真・恋姫†無双』関連商品 ※追記 三国志LOVERSドラマCD(2011年7月27日,8月24日,9月21日)

22. Bunji Global Festa 2017に孔明の罠出店(武蔵国分寺公園2017年7月28日29日)
下記のページで知ったこと。もう開催されているので即記事に。 ・孔明の罠 - 国分寺・中華 (※FACEBOOKページ) https://www.facebook.com/koumeinowana 下記サイトの下記ページや下記のFACEBOOKページにあるように2017年7月28日金曜日15時-20時、7月29日土曜日10時-20時の二日間、東京都立武蔵国分寺公園(東京都国分寺市泉町2-1-1)にて国際交流イベント「Bunji Global Festa 2017」が開催されるという。上記のページをみると、おそらくこのイベントでのグルメエリアにて「孔明の罠」が出店されるのだろう。「四川フェス」の時と同様、揚げよだれ鶏がメインメニューだそうで。500円。 ・国分寺青年会議所 http://www.kokubunji-jc.jp/ ・平成29年7月28日29日開催「Bunji Global Festa 2017」 http://www.kokubunji-jc.jp/wp/%E5%B9%B3%E6%88%9029%E5%B9%B47%E6%9C%8828%E6%97%A529%E6%97%A5%E9%96%8B%E5%82%AC%E3%80%8Cbunji-global-festa-2017%E3%80%8D/ ・【国際交流イベント】Bunji Global Festa2017 (※FACEBOOKページ) https://www.facebook.com/kokubunji.jc/ ・武蔵国分寺公園 | むさしのの都立公園 http://musashinoparks.com/kouen/musasikoku/ ※関連記事  孔明の罠(国分寺2016年9月5日-)  メモ:四川フェスinなかのアンテナストリート(2017年4月2日)  メモ:中国的酒場 孔明の罠(国分寺2017年4月8日訪問)

23. エクストラカード(野中英次/画)
<2/1追記> 公式サイト1/30更新分で 「三国志大戦3 オフィシャルカードバインダーDXパック」の発売日が2008年1月31日から2008年2月14日に変更になったことを発表。 <追記終了> 小ネタ。 2007年12月13日に稼働した『三国志大戦3』だけど、早くもオフィシャルグッズの発売があれこれ決まっている。 ・三国志大戦3公式ウェブサイト http://www.sangokushi-taisen.com/ ・『三国志大戦3』稼働開始(2007年12月13日) http://cte.main.jp/newsch/article.php/760 それらの中で2008年1月31日発売の「三国志大戦3 オフィシャルカードバインダーDXパック」(通常版は2008年2月21日発売)がある。 そのセット内容にエクストラカード(EX.014、普通にプレイしても手に入らないという意味でエクストラ)があって、今回は『魁!!クロマティ高校』でお馴染みの野中英次先生によるイラストとのこと。典韋。川原正敏先生の時と同じく講談社繋がりだね。 ※追記 三国志大戦3 オフィシャルカードバインダー追加リフィルセット(2008年10月23日)

24. 一騎当千 赤壁終結記念BOX
アクセスログを見ると、最近「関羽でイメージ検索」という検索語句が増えている。単にイメージ検索を知らないネット・リテラシーの足りない方々が検索語句に「イメージ検索」を含めたんだと思う以上にその動機が気になった。だけど、ネットのコミュニティで話題になった以外に大元の原因がイマイチ、ピンと来ない。 そんな中で見かけたのが、下記の雑誌『月刊コミックガム』(ワニブックス)のサイトの下記告知ページだ。 ・::: Comic Gum ::: http://www.comicgum.com/ ・『一騎当千 赤壁終結記念BOX』記念アイテム大公開!! http://www.comicgum.com/topics_ikki_sekiheki.php ※関連記事 一騎当千 集鍔闘士血風録(AT-X 2012年2月13日) ※追記 一騎当千19巻(2012年2月25日) ※追記 一騎当千~趙雲子龍・編~[フルカラー版](2012年3月24日) ※追記 一騎当千3 Valiant Venus(2012年4月16日) 塩崎雄二/著『一騎当千』は『月刊コミックガム』で連載中のマンガだ。上記関連記事にあるように、5回アニメ化されており、上記『月刊コミックガム』の公式サイトを見て貰うとわかるように、一見、三国志とまったく関係なさそうに見えるんだけど、三国時代の人物の宿命を受け継ぎ現代に生まれた人物たちが格闘を繰り広げる内容であるため、登場人物が「姓+名+字(あざな)」表記で三国志の人物と同姓同名同字になっている。その生まれ変わった人物の多く(孫策、呂蒙、関羽等)が何故か女子高生という設定で、ストーリーや格闘描写以外にも別のセールスポイントがあるようだ…という文を下記の関連記事で書いたんだけど、その時の結論は「登場人物の性的描写をセールスポイントにしたいように思える」で、今回もそんな印象がある。まぁ、その時の『一騎当千 秘蔵限定BOX』より、まるで買う者を試すスクリーニングのような露骨さは和らいでいるが。 ※関連記事 『一騎当千 秘蔵限定BOX』発売決定 何かというと限定2000個で『一騎当千 赤壁終結記念BOX』が12600円で発売するという。何かというとマンガ『一騎当千』の「本編にて“赤壁の戦い”が終結し、新章へと突入した『一騎当千』を記念して赤壁仕様のアイテムが詰まったBOXだ」とのことで、そのアイテムは今のところ下記のようになるそうな。  記念アイテム1 南陽・成都赤壁同盟軍マグカップ  記念アイテム2 呂蒙子明Ver.おっぱいボトルホルダー  記念アイテム3 趙雲子龍Ver.スポーツタオル  記念アイテム4 関羽雲長Ver.ボクサーパンツ  記念アイテム5 2枚組『一騎当千』オリジナルドラマCD  記念アイテム6 カラー複製原画(5種セット)  記念アイテム7 塩崎雄二先生原画集

25. 2005年10月中旬 三国志大戦セガプライズ
 セガプライズとはつまりアミューズメント施設にあるUFOキャッチャーとかの景品。その三国志大戦関連が2005年10月中旬から導入された。 ・セガプライズ公式サイト http://segaprize.com/ ・セガプライズ公式サイト内「三国志大戦」のページ http://segaprize.com/read/sangokushi/  詳しくは上記ページにあるんだけど、10月中旬に登場したのは「三国志大戦 缶ケース」のVol.1とVol.2、それから「三国志大戦 缶徽章セット」(つまり缶バッチ)のVol.1(6種類)とVol.2(7種類)。  三国志大戦もセガの製品。こういった多角的な販売は良い良い。

26. みにきゃら真・三國無双 ポストカードカレンダー 2012(2011年11月20日)
※関連記事 真・三國無双6(2011年3月10日) 上記関連記事にあるように2011年3月10日にPS3用ゲーム『真・三國無双6』が発売され、その後、様々な関連商品が発売された。 ・真・三國無双6 関連商品 GAMECITY [オンラインショッピング] http://www.gamecity.ne.jp/shop/goods/smusou/6/ ・みにきゃら真・三國無双 ポストカードカレンダー 2012 GAMECITY [オンラインショッピング] http://www.gamecity.ne.jp/shop/goods/smusou/6/item7.htm 上記の公式のページにある上記詳細ページによると、2011年11月20日に『みにきゃら真・三國無双 ポストカードカレンダー 2012』がコーエーテクモゲームスより1050円で発売するという。名前の通り2012年のカレンダー(卓上タイプ)でイラスト部分はミシン目が付いていて切り離して名前の通りポストカードとして使える。二ヶ月のカレンダーに一枚の割合であり、裏側には「それぞれの場面のミニシナリオ入り」とのことだ。「みにきゃら」は頭身を小さくし(つまりミニ)デフォルメしたキャラクター(キャラ)を意味する。

27. SDガンダム三国伝BraveCardBattle(2010年7月29日)
・SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors http://www.sdgundam3gd.net/ ※関連記事 SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors(2010年4月3日テレビ東京系) 上記公式サイトの2010年6月10日の更新によると、2010年7月29日に『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』をモチーフとしたトレーディングカード『SDガンダム三国伝BraveCardBattle』(第1弾)が発売するという。自販機版(カード4枚入)100円と店頭販売のパック版(カード6枚入)158円の二通りのチャネルがあるそうな。全48種(ノーマルカード30種、天下無双カード12種)で、やはりカードで(ブレイブな)バトルして遊べるそうだ。あと「そのうち12種は全面金箔押し仕様の「天下無双カード」だ!」(公式サイトより)とのこと。 <リンク追記> ・SDガンダム 三国伝 ブレイブカードバトル http://www.carddas.com/sangokuden/ ※2010年6月15日オープン。URLをみると、やはりカードダスって扱いなんだね。「遊び方」に「部隊兵ルール」と「天下無双ルール」が公開されている。カードリストも公開予定とのこと。 ※追記。7月15日-18日開催の「東京おもちゃショー2010」でPRカード「龍装 劉備ガンダム」が貰えるとのこと。また6月26日発売の『ガンダムA』、『ケロケロA』でそれぞれPRカード「SD-P01 呂布トールギス」が別デザインで付いてくる。 ※追記 三国伝ステージ(2010年7月17日18日東京おもちゃショー2010) ※追記。公式サイト7月6日更新で「カードリスト「プロモーション」を更新しました。」というのがあって、そのカードリストの二枚は前述の『ガンダムA』、『ケロケロA』の呂布トールギスで、残り一枚はプラモデル「真 龍装 劉備ガンダム」の初回生産分に着いてくる龍装 劉備ガンダムのカードだそうな。 ※追記。公式サイト7月13日更新で「カードリスト「プロモーション」を更新しました。」とのことで、「東京おもちゃショー2010」を配布場所とした「龍装 劉備ガンダム」。何かプロモーションのカードって『三国志大戦』でいうところのEXカードだね。 ※追記。公式サイト7月20日更新で「ニュース「ガンダムA9月号&ケロケロA9月号にPRカードがついてくる!」を更新しました。」とのことで、2010年7月26日発売の『ケロケロA』と『ガンダムA』にそれぞれデザイン違いの「龍装 劉備ガンダム」のPRカードが付いてくるという。 ※追記。公式サイト8月4日更新は「ガンダムSUPER EXPO東京2010」関連。そこでカードリストが展示され、「SD-P03 龍装 劉備ガンダム」のPRカードが配布されるという。 プラモにガシャポンに車ものに今回のカード、『SDガンダム三国伝 BraveBattleWarriors』関連商品もかなり揃ってきた感があるなぁ(下記関連記事参照) ※関連記事  三国伝に「真」シリーズ(2010年2月27日)  ガシャポン三国伝01(2010年4月中旬)  騎馬ブレイカー(2010年7月17日-) ※追記 ジャスティスファイトキャラバン(2010年7月17日-) ※追記 SDガンダム三国伝BraveBattleWarriors 角川つばさ文庫版(2010年11月15日) ※追記 十大三国志ニュース2010 前編

28. 「赤壁の戦い」Tシャツ&「長坂の戦い」Tシャツ(2009年12月6日)
・英傑群像(三国志エンターテイメント 情報&グッズ) http://www.chugen.net/ ・なんでもコンテスト優勝Tシャツ商品化!  (※上記ブログ記事) http://sangokushi.chugen.net/1339 上記ブログ記事から情報中継。 「第三回三国志祭」内の企画で行われた「三国志なんでもコンテスト」で優勝したTシャツ作品が商品化され、神戸市長田区のアスタくにづか6番館1階に2009年12月6日開設予定「KOBE鉄人三国志ギャラリー」内の英傑群像ショップで販売するという。優勝した「赤壁の戦い」Tシャツに加え、描き下ろしの「長坂の戦い」Tシャツが各2000円で販売されるという。また準備でき次第、ネットショップ「英傑群像」でも扱うそうな。 上記ブログ記事の写真を見る限り「Romance of Three Kingdoms」とか題字の入るアメコミの1ページを切り取ったようなポップで良い感じ。 ※関連記事  第三回三国志祭(2009年8月22日23日)  「英傑群像」グッズショップ開設予定(2009年12月6日)  メモ:Three Kingdoms

29. メモ:横浜中華街 武器屋
※以前の三国関連記事 京都祇園祭宵山で三国(2013年7月16日) ※三国と無関係な前の雑記 ・レポ:ムジカの幸福再び~さねよしいさ子ライブ http://cte.main.jp/sunshi/2013/0728.html  上記雑記にあるように大阪に出かけて中二日の2013年7月31日の水曜日。4時43分に家を出て、青春18きっぷを使って、最寄り駅で始発に乗り込み、例のごとく京都駅から東海道線を東へ向かう。夜に用事があって、A. C. Milan red and black jersey for the 2011/2012 season EL SHAARAWY (背番号92番)の14 years (155-165cm)を着ていた。  そうすると豊橋駅を出る頃には7分遅れになっていたが、これぐらいの遅れであれば長距離移動なのですぐに回復するだろうと思っていた。ところが浜松駅で6分遅れなのに3分の接続無しというJR東海の判定。おかげで興津駅、沼津駅と乗換でトータル30分遅れになっていた。どうにかして追加料金なしに移動時間を短縮できないか、列車の中で考えていたが、どうも無理そうで、仕方ないので前日に半額で買っていた菓子パン3個を食べて腹ごしらえをする。  14時21分着のところ、横浜駅の乗換で時間を短くしたため、14時45分に石川町駅到着。ダッシュで、待ち合わせ場所の関帝廟に行くと哲舟さんが待っていてくださる。哲舟さんは次の用事があって15時までしかその場に居られないとのことで、挨拶程度の話しかできないでいた。哲舟さんに同行していた伏竜舎さんが登場し、そこで哲舟さんとはお別れになる。30分は話せる予定だったが残念だ。 ・横浜中華街 http://www.chinatown.or.jp/  よくよく思い出すと、お二人とはそれぞれ下記の2013年4月27日開催の「第35回 三国志街道の集い」と2012年10月13日開催の「Mini三国志フェス in レキシズルスペース」以来かな。 ※関連記事  メモ:第35回 三国志街道の集い(2013年4月27日)  ノート:Mini三国志フェス in レキシズルスペース(2012年10月13日)

30. 三国志下敷き(2005年JaGra作品展 開発・開拓部門佳作)
 メールアドレス変更のためあれこれメルマガの解除/登録を繰り返していたんだけど、そのときにたまたま見かけたのでメモ書き。  作り手側の話だから大々的に書いて良いかわからないんで、トラックバックも出さずにこっそり書いておこう。 (むしろ宣伝してくれって場合はトラックバックを三国志ピープルにとばします)  JaGra(日本グラフィックサービス工業会)というのがあるらしくそこで毎年作品展をやっているそうな(と全然、私は詳しくないんで下記サイト参照)  その2005年の開発・開拓部門の佳作のところを見ると「三国志下敷き」と書かれている。 ・JaGra(日本グラフィックサービス工業会) http://www.jagra.or.jp/index.html ・会員TOPページ(現在、2005年JaGra作品展の結果が書かれている) http://www.jagra.or.jp/member/main/main.html  それで早速、その会社の名前を検索してみるとどうやらサイトがあるようだ。 ・(株)ビジネス印刷センター http://business.hey.ne.jp/index.html  ここのサイトの「メルマガ印刷だより」のバックナンバー27号を見ると、やっぱり英傑群像さんで取り扱ってる「三国志下敷き」だったんだ。 ・英傑群像(三国志エンタメ三国志情報&グッズ) http://www.chugen.net/ ※ここの「英傑オリジナル品」をクリックして移ったページにあり。