Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2024年 01月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 79 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

リンク:中国オタク「Fateの新作に鄭成功が参戦するが…(2023年8月5日)


  • 2023年9月11日(月) 23:11 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,183
ネット ※前の記事 田中家、転生する。 4(2023年8月4日)

 2023年8月5日土曜日、下記のブログ「「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む」での2023年8月5日の下記記事「中国オタク「Fateの新作に鄭成功が参戦するがそのサーヴァントが周瑜だという予想が出ているけど皆はどう感じた?」」を読む。そのブログ自体が中国の掲示板等のコミュニティの翻訳をして記事にして公開するので、下記関連記事にて列挙するようにたまに三国ネタがある。

・「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む
http://blog.livedoor.jp/kashikou/

※関連記事 リンク:「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む(2005年11月9日-)

※前回記事 リンク:中国オタク「三国演義の兵数って実はかなり誇張されてるよね?」(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む2023年5月4日)

・中国オタク「Fateの新作に鄭成功が参戦するがそのサーヴァントが周瑜だという予想が出ているけど皆はどう感じた?」
http://blog.livedoor.jp/kashikou/archives/52153345.html
※2023年08月05日19:05

※関連記事 リンク:中国版FGOで大部分の中華系サーヴァントの名前やイラストなどに修正が入り大混乱中(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む2021年09月16日)

※新規関連記事 第47回 秋の古本まつり(京都2023年11月1日-5日)

※新規関連記事 安野光雅展(あべのハルカス美術館2023年9月16日-11月12日日曜日)

・Fate/Samurai Remnant - コーエーテクモゲームス
https://www.gamecity.ne.jp/fate-sr/

※関連記事 三國志 覇道 3周年の宴(神奈川県横浜市2023年9月17日)

※新規関連記事 コーエーテクモゲームス 東京ゲームショウ2023(配信2023年9月22日 千葉 一般公開9月23日24日)

 これを書くまでてっきりFGO内の話だと思っていたら、上記リンク先のようにまさかコーエーテクモゲームスも絡む新しいゲーム作品とは思いもよらなかった。クレジットは「TYPE-MOON/コーエーテクモゲームス All rights reserved. 制作協力 アニプレックス」。三国が絡むこと確定だったら改めて記事にしないとね。江戸時代が舞台でFateとなるとなかなか確定までは長そうだけど。
 話を戻し、Fateのことを知らなくても上記公式サイトのビジュアルを見ながら、上記のブログ記事を見ると、より把握できる。周瑜かもって予想される人物の種別がアーチャー=弓使いってことで、周瑜に弓矢に関係するの?って話題になっているのだけど、上のブログ記事から引用するに「矢傷が悪化して死んだという逸話があるよ!」って、ひどい(笑) にしてもそのアーチャーの紹介で「眉目秀麗、忠勇義烈」とあるんで、周瑜である期待は大きい。上のブログ記事から下記に引用するように「三國志14」などから予想するのも面白いね。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
アーチャーの服装がコーエーに出てくる周瑜っぽいし「三国志14」では鄭成功の親愛武将が周瑜だったしね。そして周瑜はゲーム能力的には火計に加えて矢の技能を持っていたりするのでアーチャーもいけるんじゃないかな
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

※関連記事 三國志14(2020年1月16日)


 日常の記述に戻って、21時11分、Netflix実写映画「ゾン100」を見る。原作未読ながらすでにアニメと違う展開を見せてるから多分、オリジナル展開だろうな、と思いながら楽しんだ。途中からいわゆるサメ映画だし。これから先、TVアニメとの違いで楽しめそう(※そしてこれを書いている時点でアニメも大分見たけど、実写映画は再構成した感じだね)。8月6日日曜日、マンガカフェyomigaeruへ。3時間。『ダーウィン事変』を見る。2巻 p.153 レッドピルってマトリックス? 4巻の途中まで。5巻まで出ているそうな。読む前は表紙の感じからもっとポップなバトルものかと思っていたら、中身は浦沢直樹の「モンスター」みたいなやつだった。「猿の惑星」は当然として「マッドマックス」も言及されたね。帰宅、三國志ニュースの記事「風起隴西-SPY of Three Kingdoms- パネル展(KOBE鉄人三国志ギャラリー2023年7月22日-9月17日)」を書く、19時20分アップ。21時11分、2019年の邦画「最高の人生の見つけ方」を見終える、2021年1月8日WOWOW。洋画の翻案作品らしい。元は男性コンビが吉永小百合さん&天海祐希さんになってた。そして後者の社長秘書のムロツヨシさん。8月7日月曜日、2021年1月8日読売テレビ放送、韓国映画「パラサイト」を見る。半地下の家族、おもろいなー。残り30分でどう崩壊するんだろ。→あーあ、そういうシナリオか。「万引き家族」との違いだな。8月8日火曜日、琵琶湖花火大会の混雑回避で、鉄道で19時半ぐらいに通過予定でまず瀬田駅で遠くの方で小さく2つ見えたんで、こんなもんか、って思っていたら、膳所駅の手前で車内アナウンスが入り、前方右に見えると。さらに混雑が予想される膳所駅で速度を落とすアナウンスがあって、そこから右にいっぱい見れた。車窓越しだと過剰なCGっぽいが堪能した。

※次の記事 Dreamer(2023年10月25日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/6535
  • リンク:中国オタク「Fateの新作に鄭成功が参戦するが…(2023年8月5日)
  • 0コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。