Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国志大戦と海皇紀とのコラボレーション(6月15日)


  • 2007年6月 7日(木) 12:57 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    1,798
マンガ ・月刊少年マガジンWEB
http://www.gekkanmagazine.com/

上記サイトにアクセスするとポップアップウィンドウで出てきたのは、川原正敏/著『海皇紀』32巻に三国志大戦とコラボレーションしたバージョンが通常版と同じく2007年6月15日に発売されるとのこと。

32EXと称して通常版420円に対し700円
(特典1)孫尚香の『三国志大戦2』EXカードがついてきて、表紙もその孫尚香なのかな?
(特典2)海皇紀ストーリーカード&三国志大戦遊び方入門があるそうな、
(特典3)あと川原先生描き下ろし三国志大戦4コマ漫画がついてくるとのこと。

しかし、思いっきり、ポップアップウィンドウに出ているのは「三国志対戦と夢のコラボレーション!」と画像でデカデカと誤字(6月7日現在)があるのは笑った。
つか、講談社は何冊も三国志大戦の攻略本を出しているのに、SEGAに失礼しちゃって大丈夫だろか?
(6月14日追記。「三国志大戦」に訂正されている)
※オチとしてこの記事で『海皇紀』を『海皇記』と間違える。訂正したものの、バッチリ、トラックバック送信先でその情報が残っている(笑)

・三国志大戦2公式サイト
http://www.sangokushi-taisen.com/
こちらにもコラボレーションのお知らせがある。

※追記 漢晋春秋司馬仲達伝三国志 しばちゅうさん 2巻(2012年5月23日)

※追記 『修羅の門 第弐門』に呂子明

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/620
  • 三国志大戦と海皇紀とのコラボレーション(6月15日)
  • 2コメント
  • アカウント登録
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。

  • 三国志大戦と海皇紀とのコラボレーション(6月15日)
  • 投稿者:曹徳  2007年6月10日(日) 21:34 JST
いつも情報ありがとうございます〜。
川原先生は大戦の公式HPで描き下ろしマンガを連載してたりして、自他ともに認める大戦ファンですからね、こういうのやりたかったんだと思います。それにしても、まあ色々すごいオチですね(笑)

ところで海皇紀は読まれているのですか?
今ようやく海王編が終わったところです。
僕はたまに立ち読みしてますが、適当に2〜3週あけて読んでもストーリーが充分分かります。基本的に「間」を楽しむマンガですからね〜。
  • 三国志大戦と海皇紀とのコラボレーション(6月15日)
  • 投稿者:清岡美津夫  2007年6月11日(月) 22:25 JST
こんばんわ。
そうそう、公式サイトの漫画をみる限り、三国志大戦が好きなんだな、ってのがひしひしと伝わってきますねー。

『海皇記』と素で間違った書き方をするぐらいなんで、全然、読んだことがないです(汗)
でも一旦、『海皇記』と間違えた記述をした所為で、被検索は多いですよ。この手の間違いはどうやら多いみたいですね。願わくば検索してこのページに訪れた人には気付いて欲しいところなんですが、そういう人はあまり読まずにすぐ別のページに行きそうなので(想像)、間違いに気付かぬままっぽいですね(汗)