Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 11月
«
»
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

華佗の舞(尾張西枇杷島まつり2019年6月8日9日)


  • 2019年3月14日(木) 07:20 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    9,049
場所
※前の記事 龍狼伝 王霸立国編 4巻(2019年2月15日)

 2019年3月12日火曜日3時30分起床、風呂に入る。2009/10 2節のミラン×インテル、デルビー・ディ・ミラノを見る、0-4でロッソが敗北。3月13日水曜日。3時に目が覚める。講談社の「現代新書」のサイトにて箱崎みどり「局アナが語る「三国志の日本史」」②「張飛が艶っぽい遊女に⁉江戸の人々が遊び倒した「三国志」のパロディ」が更新されていることに気づく。それ自体は下記関連記事にリンク追記したのだけど、それによって知りえたこと。そこから引用するに「文政10(1827)年制作、尾張西枇杷島の天王祭のからくり人形は、「華佗の舞」という趣向。」とのこと。

・現代新書 | 講談社
https://gendai.ismedia.jp/gendai-shinsho

※関連記事 リンク:局アナが語る「三国志の日本史」(2019年2月14日-)

※新規関連記事 三国志への道標(2019年2月)

・張飛が艶っぽい遊女に⁉江戸の人々が遊び倒した「三国志」のパロディ
https://gendai.ismedia.jp/articles/-/60056

 ネットで検索すると下記のページが出てくる。そこによると「尾張西枇杷島まつりは毎年6月の第1土・日曜日に開催される江戸時代から続く伝統のまつりです。」とのことだけど、今年は第2の、2019年6月8日土曜日9日日曜日に愛知県清須市の西枇杷島にて「尾張西枇杷島まつり」が開催されるそうな。その中で「5輌の山車が練り歩き勇壮な曳き廻し、からくり人形の演舞に見物人からの盛大な拍手と歓声が上がります。」とのことだけど、その中の山車、紅塵車(西六軒町)でからくり人形による「華陀の舞」が披露されるという。

・清須市観光協会
http://www.kiyosu-kanko.jp/

・尾張西枇杷島まつり
http://www.kiyosu-kanko.jp/nishibimatsuri.html

 どんなものなのかは上記ページの文を読んでもらえばてっとり早いので下記にそれを引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 紅塵車は享和2年(1802年)にできました。
初めは山車を神社に飾るだけでしたが、文化5年(1808年)にまず山車を曳くことが認められ、からくり人形が出車に飾られるようになったのは文化9年(1812年)、文化10年(1813年)から人形を動かすようになり、今の「尾張西枇杷島まつり」の基礎が出来ました。
 その後、文政10~11年(1827~1828年)にからくり人形が今の関羽(かんう)と唐子(からこ)に変わりました。
 今の人形のからくりは「華陀の舞(かだのまい」と言います。大将の関羽が戦で毒矢を受け華陀と言う医者が治療をしている時、どこからともなく鳥が飛んできて舞いを舞い、痛みを和らげたという「三国志演義(さんごくしえんぎ)」の故事によるものです。
 山車の名の「紅塵」とは、「太陽に反射して塵(ちり)があかね色に輝く様子、栄えた町に起こるチリ・ほこり」の意味で、町内がますます繁栄するようにと名付けられました。
━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 物書きとして「舞いを舞い」という素朴なフレーズにたじろんでしまうのだけど、それはさておき『三国志演義』にそういった関羽を治療する華佗のエピソードはあるけど、そこに鳥が出てくるエピソードはない。そこらへん、なんだから大津祭りの孔明祈水山を思い出すね。

※関連記事 大津祭 孔明祈水山(2012年10月6日7日)

 それで日記パートに戻るのだけど、せっかくの『はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~』第100回2時間スペシャルのライブ配信(21時開始)なのに、開始1時間半後から見ることに。うとましい日常。

・はざくみチャンネル
https://www.youtube.com/channel/UCQtN-3BakognEMltm7fLA4Q

※関連記事 メモ:臥龍梅(2019年3月2日清見寺参拝)

※新規関連記事 リンク:そもそも三国演義や水滸伝がパロディでは?(「日中文化交流」と書いてオタ活動と読む2015年6月23日)

※新規関連記事 三国志ミニカップパフェ(Cha-ngokushi2019年4月20日)

※リンク追記
・第100回その1「100回記念スペシャル」はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~
https://www.youtube.com/watch?v=Yw34CaqFS6I

※リンク追記
・第100回その2「100回記念スペシャル」はざくみ&もりかずの見切り発車でいこか~
https://www.youtube.com/watch?v=tg41t_jOKmI

※次の記事 ニュースな史点の三国志ネタ(2019年3月15日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4893
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。