Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2018年 10月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 46 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

すぐわかる中国の書 改訂版(2018年8月)


書 下記のTwitter AccountのStatusで知ったこと。

・東方書店 東京店(神田神保町) (toho_jimbocho) on Twitter
https://twitter.com/toho_jimbocho

・Twitter /toho_jimbocho: ‏【国内書新刊】 『すぐわかる中国の書 改訂版 古代~清時代の名筆』 可成屋 編/東京美術/2018年8月/税込2,160円 ...
https://twitter.com/toho_jimbocho/status/1033913010081869824

※関連記事 教養の中国史(2018年8月20日)

※新規関連記事 「関帝文献」の研究(2018年9月15日)

・国内書 すぐわかる中国の書 改訂版 古代-清時代の名筆
https://www.toho-shoten.co.jp/toho-web/search/detail?id=4808711221&bookType=jp

下記サイトの下記ページによると2018年8月に東京美術より可成屋/編『すぐわかる中国の書 改訂版 古代-清時代の名筆』(ISBN 978-4-8087-1122-1)が刊行されるという。2000円(税別)。どこが三国と関係するか、目次を見ると「第1章 古代文字の時代 殷--漢 (紀元前13--紀元3世紀)」に「曹全碑」「張遷碑」があり、「第2章 現行書体の完成期 三国時代-隋(220年-618年)」に「鍾繇「薦季直表」がある。

・東京美術
http://www.tokyo-bijutsu.co.jp/

・すぐわかる中国の書 改訂版 古代-清時代の名筆
http://www.tokyo-bijutsu.co.jp/?act=book&op=detail&bid=377

※関連記事
 中国の書跡 隋唐時代の書―拓本の世界―(東京国立博物館2017年4月25日-2017年6月25日)
 曹全碑(2017年9月30日)
 「魏晋南北朝史と石刻史料研究の新展開」ノート1(2008年9月14日)
 鍾繇 宣示表・薦季直表(2015年9月5日)

 前述の書籍ページから下記へ内容紹介文を引用する。

━引用開始━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

■これだけは知っておきたいという代表作が歴史の流れに沿って頭に入りやすい。中国三千年の書道史を一望でき、中国書道史を学ぶのに最適の入門書。
■甲骨文字(紀元前13世紀)から呉昌碩(1927没)まで、さまざまな表現を時代的な特性により5つの章に整理し、年代順に配列する。選りすぐりの作品とともに、偉大な書家の魅力は、生い立ちや逸話など見開きで一人ずつ紹介。人物とその書がみごとに一致することを実感することができ、しかもそれぞれの書風を通観して、書から中国史の一面が見えてくる。そして歴代の名筆がなぜ今も私たちの心を打つのかを理解することができる。
■巻頭に、書を味わうとはどういうことか、書の奥深い世界への入り口として、分かりやすい解説を付す。また王羲之と顔真卿はなぜ最も高く評価されるのか、その理由をポイントを絞って簡潔に説く。歴史的位置づけや名品の見どころ、日本への影響などもすぐわかるように解説している。

━引用終了━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/4694
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。