Site Calendar

サイトカレンダをスキップ

2019年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

NAVI

ログイン

ログイン

新着情報

記事

新着記事 2件(24時間)

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません

QRコード

QR code

アンケート

三国志ニュースのレポート系記事

三国志ニュースで書いて欲しいレポート系記事はどれ?

  •  三国志フェス
  •  三国志学会大会
  •  関プチ5全国ツアー
  •  魏晋南北朝史研究会関連
  •  三國夜話
  •  六間道三国志祭
  •  三国志TERAKOYA4
  •  三国志 義兄弟の宴
  •  東アジアの『三国志演義』/ベトナムの『三国志演義』
  •  zip,torrent(トレント),rar,lha,mediafire,pdf,DL(ダウンロード),nyaa等を含む検索語句(違法なフリーライド・無料閲覧関連)、あるいはBD・DVD自作ラベル、カスタムレーベル等を含む検索語句(著作権・肖像権侵害関連)に関する調査・研究

結果
他のアンケートを見る | 50 投票 | 0 コメント

PR

清岡的見解:ねこまんまさんについて http://tinyurl.com/nekonomanma3
よくわかるねこまんまさんの問題行動 pdf
gif

三国志ツクール(2015年12月10日)


  • 2015年12月 5日(土) 07:45 JST
  • 投稿者:
    清岡美津夫
  • 閲覧数
    363
ゲーム ・コーエーテクモゲームス|GAMECITY
http://www.gamecity.ne.jp/

上記のコーエーテクモゲームスのポータルサイト「GAMECITY」の2015年12月3日のNewsによると「三国志ツクール 2016年12月10日発売 公式サイトオープン! プロモーションムービー公開」(※原文ママ。「2015年」の誤り)とのことで、下記サイトへリンクされていた。

・三国志ツクール
http://www.gamecity.ne.jp/san_tkool/

※関連記事
 12月10日は 歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日
 コーエー三國志シリーズ関連リンク集

つまり2015年12月10日(上記関連記事にあるように歴史シミュレーションゲーム『三國志』の日)に『三国志ツクール』がリリースされるという。対応機種は 「Windows Vista/7/8/8.1/10(Steamアカウント必須)」で、販売価格は900円(税別)でおそらくネット配信だろう。上記サイトから引用するに「名作『三國志II』のシステムでオリジナル歴史SLGをツクろう!」とのことでベースのシステムは『三國志II』だ。同時に『三国志ツクール』フリープレイ版が無料配信される。上記サイトから引用するに「みんながつくったオリジナル「三国志」を遊ぼう!」とのことで、そこから意図を汲み取るにフリープレイ版は『三國志II』システムにて他人が作ったのをネットを通じて遊べるのだけど「ツクる」ことができないといったところだろうか。

上記サイトにある動画を見てみると、「ツクる」一例が「和洋中グルメ三国志」とのことで、他の例も「ゲーム業界三国志」やらが出てきて、三国要素を抜いたプロモーションとなっていて、そこから三国志マニアだけじゃなく広く一般の層に遊んでほしいという意図が見て取れる。でもやっぱりネットでの反響をみると熱心に遊ぶ層はそういった三国志マニアによる「オレ的三國志」作りなんだと思うのだけど、お金にはつながらないか。いや、それがコアになってムーブメントが起こるかもしれないけどね。

個人的には上記サイトで「※「ツクール」はKADOKAWAの登録商標です。」と明記されているものの『三国志ツクール』がいつものようにコーエーテクモゲームスの商標を使っての『三國志ツクール』ではないところが、想像の余地があって興味深いね。販売経路の関係とか? ちなみに上記サイトのソースのメタ・タグでは「『三国志II』」表記だ。

※関連記事 メモ:三国志と株と商標と

商標で言うと、今、KADOKAWAが「ツクール」の商標を持っているの?と少し引っかかったので、ネットで軽く検索すると、元々、アスキーに『RPGツクール DANTE』というゲームがあって、アスキーの一部門からエンターブレインが独立し、そのエンターブレインが下記関連記事にあるように多くの会社と合併してKADOKAWAになったという流れなんで、商標もそれに伴い移行があったのだろう。

※関連記事 三国志 それからの系譜(2013年10月)

話を『三国志ツクール』に戻して、むしろプレイヤー側先行で、こういった発想は昔からあったような気がする。

・三國志えぢたの墓場
http://www.nightmare.to/soft.html

※nightmare.to関連記事 2006年2月末 www.nightmare.to(三國志サーチ等)停止

※新規関連記事 中国嫁日記 1巻(2011年8月12日)

トラックバック

このエントリのトラックバックURL:
http://cte.main.jp/newsch/trackback.php/3697
表示形式
コメント投稿

サイト管理者はコメントに関する責任を負いません。